DAWN FANTASY

2章:最後の黄金 - 5 -

 緑の監獄で迎えた朝。
 腕に触れる柔らかな感触に、七海の意識は浮上した。
「ん……武蔵?」
 柴犬の武蔵を思い浮かべながら目を開けると、腕に触れているのは、ランティスの銀髪だった。彼の大腿に頭を乗せて眠っていたのだ。いつの間に、これほど寄り添って眠っていたのだろう?
(う、恥ずかしい)
 七海は静かに身を起こすと、ランティスを観察した。相変わらず、眠っている姿も麗しい。
 特に意味はないが、なんとなく、長い白銀髪を一房手にとり、三編みを始めた。細く長く編みこんで、先の尖った耳に青い花を一輪挿してみる。
「あは、かわいい」
 さすがにくすぐったのか、ランティスが目を開けた。
「……七海?」
 彼は髪に手をやり、花に触れて不思議そうな顔をした。長く垂れた細い三編みを見て、目を瞬いている。その表情がいつになく無防備に見えて、七海は声をあげて笑った。
「ふふ、お早うございますエラ ソヴォワ、ランティスさん。似合っていますよ」
お早うございますエラ ソヴォワ……」
 ランティスは小首を傾げると、自分と七海にスプールをかけた。それから、七海の肩を掴んで後ろを向かせて、髪を触り始めた。
「なぁに、ランティスさん」
 振り向こうとすると、頭の位置を直される。どうやらお返しに編んでくれるようだ。お任せしていると、器用な指はあっという間に複雑な編みこみを後ろで束ね、青い繻子のリボンで結んだ。
 最後に、自分の耳に挿してある青い花をとり、七海の耳に挿すと、
「****……ココミア」
 どきっとするほど優しい目をして囁いた。
「ここみあ?」
 七海は照れ隠しに復唱しながら、そおっと髪に触れた。どんな風なのか見てみたいと思ったら、ランティスが魔法で銀の手鏡を取りだし、渡してくれた。
「わぁ、すごい! 上手」
 手鏡を覗きこんだ七海は、はしゃいだ声をあげた。それほど髪が長いわけではないのに、ほつれることなく上手に編みこまれている。七海よりよっぽど上手だ。
(美容師さんみたい。私より女子力あるわぁ……)
 手鏡を傾けて、色々な角度から眺めている七海の横で、ランティスは朝の支度を始めた。片側に細い三編みが残ったままだが、気にしていないらしい。
 間もなく朝食が用意されて、じゃがいもタプラジマを胃に入れて、食後に蜂蜜入りの霊芝茶れいしちゃを飲んでいると、ランティスに新たな立体パズルを渡された。
「ありがとうございます」
 七海は笑顔で礼をいうと、じっくり観察を始めた。
 穴のあいた箱のような塊で、白と黒の二つの部品が複雑に噛みあっている。引っ張ってみても、力技では外せそうにない。
(前回よりも難易度が高そうね)
 パズルは苦手だが、ここには娯楽がないので、暇つぶしにちょうど良い。
 しばらく無心にいじっているうちに、意外な方向に回転させればいいことに気がついた。面白い、立体迷路みたいだ。くるくると、方向を変えて回転させていき……白と黒の部品が、ぱちんと外れた。
「解けた!」
 七海が歓声をあげると、薬草を缶にしまったり、細々とした荷の準備をしていたランティスが振り向いた。
よくできましたラーチェ
 達成感を味わいながら、我ながらよく解けたなと七海は自分に感心していた。ここへきてから、パズルが少し得意になった気がする。
 どうやらランティスの準備も終わったようだ。
 彼は全ての荷を異次元空間にしまい終えると、杖を手に、七海を振り向いた。
「いきますか」
 七海も鞄を斜めがけにして、フードを被り、準備完了だ。
 さて、今日も亜熱帯の探検かと思いきや、ランティスは大樹のうろの前に七海を連れていった。大人が入れそうなほど、巨大なうろである。
「****」
 彼は七海を振り向いて、うろを指差した。
「?」
 七海も近づいて、うろの奥を覗きこんでみる。
「……光ってる?」
 黒洞々こくとうとうたるうろと思われたが、見つめるうちに、不思議な虹色の輝きが溢れだした。
 魅入られたように光を見つめる七海の肩を、ランティスは静かに掴んだ。
「はい?」
口づけをモア ティナ
 ランティスは、形の良い唇に、人差し指を押しあてた。
 思わず七海は紅くなる。情報共有のために、キスを求められている……必要な行為なのだろうが、恥ずかしいものは恥ずかしい。

“だめよ、唇を許さないで……”

 またしても、幻聴が囁いた。
 飲食ばかりか、キスにも口を挟んでくるとは。本当にお邪魔虫だ。
 幻聴はまだ何かいっているが、七海は無視して顔をあげた。大きな掌が肩に乗り、見つめあうと、どうしても心臓が高鳴ってしまう。
 視線をあちこち彷徨わせていると、微笑する気配がした。おずおずと視線を戻すと、綺麗な顔がゆっくりおりてきて……瞼を閉じた。唇がそっと重ねられる。
「ん……」
 舌が触れあった瞬間、ぱちっと電流が全身に走り抜けて、見たことのない記憶が瞼の奥に閃いた。
 砂……一面の砂漠が見える。
 これは塔の外の光景だろうか?
 疑問に思っていると、巨大な地下遺跡が見えた。ひんやりとした空気まで伝わってきそうなほど、水滴の浮かぶ巖の様子などが鮮明に視える。
 薄暗いが、亜熱帯のうだる暑さより、よっぽどいい。黙って映像を受け留めていたが、禍々しい景が視えた。
 深く、冥府まで抉れたような地獄の裂け目……赤茶けた幹が風に揺れている。
 ――違う、糜爛びらんした人の手だ。
 おびただしい数の亡者たちが、生者を誘うように手を伸ばしている!
 理解した瞬間、七海は唇をほどいた。ぱっと思考の受信も断ち切られた。
「……嘘といって」
 重度の蜘蛛恐怖症になったばかりだというのに、今度は地獄ツアー? 勘弁してほしい。
 あの不気味な景、前にも視た気がする。
 とても此の世のものとは思えなかったが、心象で共有された緑の監獄も実際に在った。あの地獄の裂け目も、きっと存在しているのだ。
「七海」
 腰をぐっと引き寄せられそうになり、七海は胸に手をついて抵抗した。
「厭! 無理だから! あれは無理、あれだけは……っ」
 彼の唇は蠱毒こどくだ。蜂蜜のように甘いけれど、恐怖をもたらす。だから幻聴も、やめておけと囁くのだろうか?
「イヤ?」
 顎に指がかけられ、くいっと上向かされる。おりてくる美貌に焦り、彼の唇を手で押さえた。
「厭です。お願いだから、もう視せないで」
 哀願するように、首を左右に振る。ランティスはじっと目を見つめたまま、七海の掌にキスをした。
「っ」
 不意を衝かれて、七海は紅くなる。盛大に狼狽えて、思わず手を離してしまった。
 ランティスは七海の腰を持ちあげるようにして引き寄せ、素早く唇を奪った。
「んんっ!!」
 腕を突っ張って逃げようとするが、圧倒的な膂力りょりょくに太刀打ちできない。嵐に襲われるみたいに、なすすべもなく貪られてしまう。
 やがて抵抗がなくなると、ランティスも腕の力を弱めた。編みこんだ髪を無で、頬をすべり、肩へおりていき……優しく背中を撫でながら、味わうような深いキスに変えてきた。
「ん、ん……っ」
 舌を搦め捕られながら、心象が伝わってこないことに、七海は戸惑った。
(あれっ? 映像は??)
 困惑しながら身を任せていたが、背中におかれた手がおりていくのを感じて、慌てて躰を離した。
 お互いに無言で見つめあう。奇妙に熱を帯びた沈黙だった。
(今のは、何?)
 情報伝達を伴わないのなら……信じられないが、男女間の純粋な動機による、ただのキス?
(……ランティスさんは、私にキスしたいと思ったの?)
 七海は即時にその考えを打ち消した。ふっと冷たく自分をわらう。彼のように美しいひとが、七海に欲情するわけがない。
 けれども、向けられる視線が熱い。いつでも冷静沈着、余裕綽々よゆうしゃくしゃくな麗人の眸に、男の欲望が射している気がした。
「ランティスさん……?」
 正体不明の戦慄に駆られながら、七海は本能的に離れようとした。だがそれは叶わなかった。いきなり手を引っ張られ、胸のなかに抱きしめられたからだ。
 胸に手を押しあて距離を取ろうとするが、ぐっと腰を引き寄せられ、美貌を近づけられた。顔をそむけようとしたが、顎を掴まれ、唇を奪われた。
「んぅっ」
 腕を突っ張ろうとするが、びくともしない。夢中になって七海の唇を貪っている。
(何で? どうして??)
 眼裏まなうらに映像が閃かない。
 伝わってくるのは、熱い呼吸と血潮、官能的な唇と舌、焔のような激情と、掌に感じる鼓動の速さばかりだ。
「ん、ふ……っ」
 呼吸が辛くなって、七海はランティスの胸を叩いた。
 少し離れたランティスは、汗の流れる七海の首筋に目を注いだ。視線の強さに、ちりっと肌が焦げついてしまいそうだった。
「ランティスさん……?」
 自分でも頼りげないと思う声が、唇からこぼれた。ランティスは黙ったまま、美貌をさげて、首筋に唇を押しあてた。
「ぁっ」
 思いがけない刺激に、七海の腰が撥ねた。首筋を舐めあげられ、ちゅうっと吸いつかれると背筋がぞくぞくと震えた。ぱっと欲望に火が点きかけたが、どうにか理性を呼び醒ました。
「だめ!」
 強い口調で拒むと、ランティスは少し身を引いて、じっと見つめてきた。瞳のなかに、情熱と理性が混在している。葛藤しているのだ。
すみませんカヒーム、******……」
 謝罪の言葉を囁いて、激情を抑えこむように、そっと銀色の睫毛が伏せられた。
 壮絶に艶めいた美貌から、七海は視線をそらした。目をあわせたら、魂を奪われそうな気がした。
「私こそ、すみませんカヒーム……」
 これで良かったのよ――そう自分にいい聞かせながら、魅惑的な時間が終わってしまったことを、ひどく残念に感じていた。