月狼聖杯記

ドナロ大陸史

十進数、1日24時間、1月が30日、1年13ヵ月の世界。

闘いは終結した日付を記しています。(闘いによっては、およその日付もあります)

星暦486年

  • 486-12-10

    関連1章:王と剣闘士 第1話

星暦502年

  • 502-10-23

    関連1章:王と剣闘士 第0話
    アルトニア帝国は、アレッツィアを首都に認めることを餌に、北のチャヴァル連邦国家の最大都市、アレッツィアを買収し、他の連邦都市から離反させる

  • 502-10-27

    関連1章:王と剣闘士 第0話
    アルトニア帝国は、混乱に乗じて3万の兵を送りこみ、月狼族の聖地、ラピニシアの占領に成功する

星暦503年

  • 503-01-05

    関連1章:王と剣闘士 第0話
    ペルシニアにて密談。シェスラは現時点でラピニシア奪還を諦め、セルト国へ帰還する

  • 503-01-29

    関連1章:王と剣闘士 第3話
    ラギスとロキの共闘、ラギスとシェスラの決闘、聖杯覚醒

  • 503-02-04

    関連2章:饗宴の涯て 第14話
    ラギスは兇手に襲われ、シェスラはその首謀者たちを裁判に処す

  • 503-04-29

    関連3章:魂の彷徨い 第27話
    月狼の発情期は3ヶ月周期

  • 503-06-10

    関連4章:月光の微笑 第37話
    表向きはシェスラ自ら赴く親善交流だが、真の狙いはラピニシア遠征を視野にいれた、ネヴァール山岳部族への講和申し入れ。同年9月、再びネロアを訪れる際、会談を約する

  • 503-07-29

    関連6章:眠れぬ夜に 第52話

  • 503-08-30

    関連7章:過ちの代償 第61話
    南下するアレッツィア軍がネロア領に侵入。シェスラは盟友国ネロアからの援軍要請に応じ、軍を発す

  • 503-09-11

    関連7章:過ちの代償 第66話
    イヴァンの凶行、ラギスも奸計に陥る

  • 503-09-12

    関連8章:夜明けの鬨 第71話
    ラギスとロキ、グレイブ、アレクセイにて要塞防衛。シェスラとインディゴは奇襲部隊の指揮を執る
    シェスラは父王の仇、アルセウスを討つ

  • 503-09-23

    関連8章:夜明けの鬨 第79話
    ラギスは論功により百人隊長に任命される

  • 503-09-30

    関連8章:夜明けの鬨 第80話
    ネロア防衛戦後の勢力図が更新される。四都市――エヴィト、リスム、ジュナ、ブルテリアはアレッツィアに従っている。
    一方、ノア、ルクィーセに加えて、北方のチェル・カタが新にセルト国と同盟を結んだ。
    シェスラは聖地ラピニシア奪還を掲げ、二万五千の軍勢を率いてセルト国首都ドミナス・アロを出兵す