月狼聖杯記

3章:魂の彷徨い 29


 誰が従うものか。
 そう思っているのに、有無をいわさぬ覇気を纏った眼差しで睨まれると、ラギスは慄えながらも足をゆっくり開いた。シェスラの視線が股間に落ちる。
「……もっとだ」
 誰が聞くものか――怒りをこめて睨みつけるが、青い眼差しに気圧される。反発し、また困惑しながら、ラギスは更に足を大きく開いた。
「足を持ち上げて、尻に指を入れてみろ……私のものを挿れるように」
「ッ、ふざけるな」
「やるんだ」
「この……」
「できないのなら、私がしてやろうか?」
 その声は本気だった。悪態をつきながら、ラギスは足をあげて、窄まった後蕾を指で掻いた。
「んッ」
 ラギスの痴態を凝視しながら、シェスラは渇望を堪えるように喉を鳴らした。今にも襲いかかってきそうな顔をしている。
「動くんじゃ……ン……ねェぞ……」
 熱視線に身体を炙られながら、ラギスは何度も後孔を指でなぞりあげる。
 シェスラは頬を上気させ、形の良い唇から艶めいた吐息を漏らした。
「あぁ、なんて匂いだ……堪らない……そなたに触れたい」
「駄目だ。いいか、黙って見てろ……くッ」
 指を一本、慎重に蕾の奥へ入れていく。全力疾走したあとのように、心臓は力強く脈打ち、血液が身体中を駆け巡っている。
「そんなに、指を食いしめて……ッ、そなたに触れたいッ」
 王の切羽詰まった声に、ラギスは意地の悪い笑みを浮かべた。
「駄目だといっただろ。てめェはそこで見ているんだ。見ているだけだ!」
 指は、一本ならすんなり出入りするようになった。前後に動かして、緩やかな抽送を繰り返す。
 淫らに揺らめく腰を、シェスラは唸り声をあげて見つめている。あまりに強い眼差しに、ラギスは視線で犯されている錯覚に襲われた。
 指が内壁の気持ち良いところを掠めて、ラギスは思わず低く喘いだ。
「あぁッ」
 シェスラは情欲に濡れた瞳で、ラギスを射抜いた。
「挿れなくてもいい、せめて舐めたい。そなたの蕾を舌で味わいたい」
「駄目だッ、そこで見ているんだ」
 ラギスは腰を揺らしながら、二本目の指を孔に入れた。
「う、んぅ……」
 鼻にかかった声が、だらしなく漏れた。二本目も難なく入り、さすがに無理かと思った三本目までも、孔は苦もなく呑み込んだ。
 そこは、情欲の眼差しと指によって押し広げられ、指を挿し入れる度にひくついた。
「ッ、あぁッ」
 淫らに腰を振りたくって、ラギスは自らの指で尻を犯している。
 頭が沸騰しそうな事態なのに、発情の熱は、ラギスの理性を濁流の如く攫っていった。
(あぁ……まだ足りない……)
 もっと強烈な刺激が欲しい。
 指より硬くて、長くて、熱く脈打つ……充溢じゅいつした楔に穿たれたい。
 あの夜のように。
 淫らな交合が眼裏まなうらに蘇り、ラギスは咆哮を上げた。
「うぁ……ぐッ、あぁ――ッ」
 強烈な絶頂が訪れて、思考は真っ白に焼き切れた。腹につくほど反り返った屹立から、勢いよく霊液サクリアが噴きあがり、胸に点々と飛び散った。
 強張った身体が二度、三度と震えて、絨毯の上に前かがみに倒れこむ。
 荒い息遣いが、静謐な部屋に響いている。
 ラギスだけではない、シェスラの息も同じくらい荒くなっている。まるで獰猛な獣のようだ。
「……ラギス」
 シェスラは、餓えた雄の瞳でラギスを凝視した。彼の股間には、淫らな染みができている。
「はは、いいザマだな……」
 嘲笑うラギスに、シェスラは苛立ったように氷の一瞥を投げたが、すぐに艶めいた微笑に変えた。
「ラギス……もういいだろう? 私はよく耐えたと思わないか? さぁ、触れさせてくれ……」
 王の肌から、魅惑的な香りが立ち昇る。相手は男で、復讐の対象だと判っているのに、強烈な眩暈を覚えてしまう。
「……まだ触りたいのかよ? 汚れてるぜ」
 体液に塗れた自分の身体を見下ろして、ラギスは薄笑いを浮かべた。
「汚れてなどいない。琥珀の霊液に濡れて、淫らで、美味しそうだ……いい匂いがする……」
 熱を帯びた視線が交わり、ラギスはそっと視線を伏せた。
「……好きにしろよ」
 刹那、シェスラはいきなりラギスを横抱きに持ち上げると、クッションがたくさん置かれた、絨毯の中心に少々乱暴に下ろした。
「おいっ」
「好きにしていいのだろう?」
 顔の両端に手をついて、強い眼差しで見下ろしてくる。熱っぽい視線が唇に落ちて、ラギスは背筋がぞくぞくと震えた。
「んぁッ」
 噛みつくように唇を奪われた。
 荒々しく貪られて、唇が戦慄わななく。緩く開いた隙間から、熱い舌が忍び込んでくる。
「しぇす……ッ、んぅ」
 抗議は唇に呑み込まれた。口内を荒されて、何度も舌を搦め捕られる。放熱を遂げた身体に、あっという間に火を点けられていく。
 ようやく顔が離れた時、二人とも息があがっていた。ラギスは烈しく肩を上下させ、息も絶え絶えに喘いでいる有様だった。
「ラギス……」
 上体を起こしたシェスラは、舐めるようにラギスの全身を眺めた。
 琥珀に濡れた身体が恥ずかしくなり、ラギスは無意識に身をよじって胸を隠そうとした。
「ならぬ」
「っ!」
 両手首を掴まれて、絨毯の上に押しつけられた。
 王は繊細な顔立ちをしているが、身体はしなやかな筋肉に覆われており、鋼のように強靭だ。
「隠してはならぬ……あぁ、やっと触れられる……」
 シェスラはうわ言のように呟いた。
 端正な顔が、ゆっくり降りてくる。ラギスは目を逸らすことができなかった。
「んッ」
 熱い舌が、胸に散った琥珀を舐めとっていく。丁寧に、火を灯すように。
「うぁ……ッ」
 小刻みに肌を啄まれる度に、ラギスの腰はびくびくと跳ねた。
 さっきまで自分で弄っていた胸の突起は、ぷっくりと勃ちあがり、シェスラは当然のようにそこに触れてきた。
「くッ」
 指で弾かれて、ラギスは弓なりになった。
「ふ、いい声だな……蕩けた目をして、乳首が良いのか?」
 敏感になった耳に、甘やかすように囁かれる。恍惚の表情で、ラギスはぼんやりと頷いた。
「あぁ、なんて……そなたは私のものだ」
 淡い色をした突起に、シェスラは舌を伸ばした。
「ッ、ん」
 ちろちろと舌先で舐めて、赤く勃ちあがった粒を口に含んだ。ちゅ、ちゅぱっ、と粘着な水音が立ち、鼓膜を犯される。唇を噛みしめて、ラギスは強烈な快感をどうにか逃がそうとした。
「気持ち良さそうだな?」
「ふ、ふざけんなッ、そんな、あぁッ」
 じっとりと乳首を吸引されて、声は蕩けた。昂った股間をシェスラに擦りつけてしまう。
 身体が燃えているように熱い。灼熱に焼かれて、このままどうにかなってしまいそうだ。
「しぇすらっ」
 切羽詰まった声でラギスが叫ぶと、シェスラはいっそう、淫らに乳首を吸引した。強烈な悦楽が全身を走り抜けて、思考は真っ白になった。
「――ッ!」
 ラギスは、声にならない声で叫んだ。
「ラギス?」
 意識を呼び戻されると、シェスラは青い瞳を三日月のように細めた。蕩けそうに甘い美貌で、ラギスに笑みかけた。
ったのか? 乳首だけで……」
「……」
 混乱の極致で、言葉もなく涙を滲ませるラギスのまなじりに、シェスラは優しく口づけた。
「ラギス……」
 シェスラは再び顔を下げると、ラギスの肌を啄みながら、へその窪みを舌で突いた。そこに溜まっていた蜜を吸いあげられ、ラギスは真っ赤になった。
「吸うんじゃねェ!」
「ふ、威勢がいいな。蕩けていたくせに……」
「うるせェよ」
 秒刻みで飛来する文句を無視して、或いは宥めすかし、シェスラは時間をかけてラギスを愛撫した。
 手と舌で、雄々しい身体の隅々にまで触れる。
 盛り上がった胸板に顔を伏せると、硬く尖った乳首を幾度も吸い上げ、吹きあがる蜜を堪能しつくした。
 震えながら天を向く屹立も、形の良い唇で挟み、精管がすっかり空になるまで吸い上げた。
「あ、あ、あぁ……ッ」
 熱に炙られて、目を見つめ合ったまま、どちらからともなく腰を絡ませた。
 屹立を後孔にあてがわれても、ラギスには拒否する理性が残されていなかった。
 あれほど釘を刺しておいたのに、狂気と悦楽の海に自ら溺れている……
 熱塊に身体を貫かれて、何度も、何度も絶頂を極めた。



3章:魂の彷徨い 29


prev index next