月狼聖杯記

2章:饗宴の涯て 18


 夜が更ける頃、饗宴は終わりを告げた。
 始めは凛々しい騎士服を着用していた近衛達は、次第に乱れて、最後は上半身は裸になりラギスに絡みついてきた。
 彼等の昂りが大腿だいたいや腰に押しつけられる度に、ラギスは怒りと屈辱で怒鳴り散らした。
 シェスラは、忠実な騎士達にラギスに触れることは赦しても、後ろへの挿入は赦さなかった。
 そうして自ら突き上げ、吹きあがるラギスの霊液サクリアを、乳兄弟達に分け与えた。
 今宵の饗宴は、淫らで執拗だった。
 王を怒らせると、どのような目に合うのか――嫌というほど思い知らされた。
 情け容赦なく相手の弱点を突いてくる。あの男は、ラギスの矜持を穢し、気概を挫くことに僅かな躊躇いもなかった。
 一晩のうちに何度も射精を強制され、琥珀の霊液に塗れたラギスの重たい身体を、召使達は苦心して浴場に連れていき、粛々と清めた。
 部屋に戻ると、しとねでシェスラが待っていた。
 つと白い手が伸ばされる。
 避けよう、という思考は働かなかった。
 ぼんやりとした意識の中で、膿のように流れ出す、哀しみと絶望だけを漠然と感じている。
 触れる瞬間を黙って受け入れながら、ラギスはシェスラの腰帯に目を留めた。
 宝石を象嵌ぞうがんされた、装飾短剣が挟んである。
 身体が勝手に動いた。一瞬の隙をついて短剣を奪うと、それをシェスラに向ける。

「何の真似だ」
「……」
「私を殺したいか?」

 シェスラは薄笑いを浮かべると、煽るように両手を広げてみせた。

「……殺す」

 金色の瞳に、煉獄の炎めいた昏い輝きが灯る。
 しかし、短剣を持つ手はぶるぶると震えている。
 殺してやりたいのに、身体に流れる血が、本能が、王への服従を囁いてくるのだ。

「ッ、くそッ」
「ほら、どうした?」

 一秒ごとに神経をすり減らしているラギスと違い、シェスラは泰然と寛いでいる。

「殺す」
「やってみろ」
「殺してやる」
「手が震えているぞ?」
「う、ぐ……ッ」

 ラギスは、数秒の間に手の中の短剣を、幾度も王の胸に突き立てる妄想をした。だが、現実には手は微塵も動いていない。次第に短剣を握る手がべたべたとしてきた。

「くそッたれ」

 なぜ刺せない――相手は無防備に手を広げている。心臓に突き立てることは造作もない。なのに、手が動かない。

(なぜだ。なぜ!?)

 嘲弄を浮かべるシェスラの顔が、歪んで見える。
 目を見開いたまま、幻視に囚われた。王の美貌はかくと燃える焔に包まれてゆく。
 十七年前――燃え盛るヤクソンの森。
 ビョーグ。
 燃えていく、果樹園の小路。
 祖母の家。月の満ち欠けを記した、樫の古時計。
 幼い妹を抱く母の姿。
 冷たく凍ったビョーグの亡骸。
 怒り。
 苦悩。
 絶望。
 幾千もの情景を思い浮かべながら、ラギスは瞼を伏せた。勢いよく短剣を振りかざす。

「何ッ!?」

 シェスラは目を見開いた――己の下腹に短剣を深々と突き刺した聖杯を見て。王の驚愕を見て、ラギスは昏い満足感を味わう。

(ざまぁみろッ!!)

 王は短剣から手を離させようとするが、ラギスは渾身の力を振り絞り、更に短剣を己の腹に突き立てた。

「ぐ、ぐ……ぁッ!!」

 腹から、ぼたぼたと血が零れ落ちる。鮮血の熱さを腕に感じながら、刃を横にいだ。

「あぐッ」
「ラギスッ!!」

 王の必死な声に、ラギスは顔を上げた。余裕の剥がれ落ちた美しい顔を見て、口角を上げる。

「は、はは……ぐっ」

 嗤おうとしたら、咳がでた。
 凄まじい痛みは意識の遠くにあり、破裂しそうな鼓動の音だけが大音量で聞こえる。
 唇の端から血が零れて、ぱたぱたと落ちる。寝台は鮮血に染まり、血の池と化していた。身体中の血が流れていく。
 嗅ぎなれた酸鼻に、ラギスは安らぎを覚えた。
 これだけ血の匂いが充満していれば、王の香気に惑うこともない。
 大量の血が身体から失われて、急速に視界はぼやけていく。シェスラの青褪めた顔も……

(せいぜい、惜しむがいい)

 嘲笑ってやりたいのに、意識が遠のく。
 残念に思いながら、心は空へ浮き上がるように軽くなっていった。
 もう、何も見えない。
 王の声も遠ざかり、視界は暗闇に包まれた。
 ようやく、現世のしがらみから解放される。
 死。
 甘やかな死。
 やっと、死ねる。
 待ち望んだ光明の世界、甘美な瞬間が訪れようとしている。
 信仰心の潰えた心に、清らかな聖歌が届く。
 神秘なる天に向かって、魂が昇華しようとしている。

 闇の涯てに光が見える……

 ビョーグ。
 いつか見た、あの懐かしい笑顔にようやく会える。母さん、父さん、かわいいアモネ……
 同胞の待つ、ヤクソンの森に還ろう。
 鎖から解き放たれて、月狼になって、金色に輝く果樹園の小路を駆けていく。

 どこまでも、自由に、どこまでも……




2章:饗宴の涯て 18


prev index next