月狼聖杯記

2章:饗宴の涯て 15


 発情から七日。
 薄闇の中でラギスは目を醒ました。いつものように、背中越しに体温を感じる。しなやかな腕が、ラギスに腰に回されていた。
 うんざりしたが、妙に頭が冴えていることに気がついた。
 発情が治まろうとしている。
 意識した途端に、あれほど身体を炙っていた熱が、嘘のように引けていくのを感じた。
 忘我の境地から帰還し、曖昧模糊あいまいもことした意識が晴れていく。思考が鮮明になるにつれて、身体は緊張に強張っていった。

「起きたのか?」

 かすかだが、明瞭なシェスラの声に、ラギスは弾かれたように身体を起こした。
 瞬時に殺意が膨れ上がる。
 腕を伸ばし、シェスラの首が寝台にめり込むほど強く締めつけた。ラギスの逞しい腕は太い血管が脈打ち、指先から鉤爪が飛び出していた。

「ぐっ」

 苦しげに呻き、シェスラは首を絞めつける指を引きはがそうとしている。
 殺す――強い意思をもってラギスは腕と指に力を込めた。
 水晶の瞳に、魔性の光が灯る。
 冷気がたちこめ、シェスラの身体から仄青い燐光が溢れ出た。
 白い息を吐きながら、ラギスは渾身の力で押さえつけたが、霊力を開放したシェスラに弾かれた。

「ラギスッ!」

 怒りを瞳に灯したシェスラは、一瞬でラギスを寝台に組み敷いた。負けじとラギスも応戦する。
 寝台は悲鳴を上げて、大きな音を響かせた。四柱が揺れて、卓上の水差しが床に落ちて砕け散る。

「我が大王きみ! ご無事ですか!?」

 部屋の外から、近衛が叫んだ。

「くるなッ!!」

 シェスラはラギスを見据えたまま、声を張り上げた。

「殺してやるッ」

 血走った目で、ラギスは死にもの狂いで暴れた。偶然、シェスラの麗しい顔に一発入り、形の良い唇から血が一筋流れた。冴え冴えとした麗貌が怒りを孕む。

「……全く、発情が治まった途端にこれか」

 手の甲で血を拭うと、シェスラは外見に反する剛腕で、ラギスの首を押さえつけた。

「ぐるぁッ」

 ラギスは獣のような咆哮を上げた。獣化を試みるが、首を絞められ、思うようにいかない。憤怒に歪んだ表情を見下ろして、シェスラは酷薄な笑みを口元に刻んだ。

「無駄だ。そなたは私の聖杯なのだ。逆らおうとしても、月狼としての本能が堰き止める」
「ッ!?」

 ラギスは目を瞠った。シェスラのいう通りだった。これほど殺してやりたいと思っているのに、王の覇気に怯んで、身体がいうことをきかない。

(くそっ、動けッ、コイツを殺るんだッ!!)

 焔のような怒りが、服従の声を凌駕した。己の身の内に眠る獣性を開放し、一瞬で四足の月狼に転じる。

「グガァッ」

 一遍の躊躇なく飛びかかると、シェスラも白銀の月狼になって応戦してきた。
 体格は明らかにラギスの方が一回り以上大きいが、月狼の王アルファングの牙と鉤爪は強力だった。
 巨躯の獣が烈しく暴れ回るせいで、部屋が壊れてゆく。
 護衛が慌てて飛び込んでくるが、月狼の凄まじい闘いに、手を出しあぐねている。

『私に歯向かうなッ!』

 月狼の操る声なき念で、シェスラが怒りを叫ぶ。負けじとラギスも念を練った。

『るせェ、死ねッ!!』

 霊力解放した月狼同士の争いは、純粋な殺し合いだ。
 焔のような闘志に支配されて、二頭の月狼は壮絶に争った。ラギスの黒毛は千切れ、鼻頭に走る爪痕からは血が滲んでいる。シェスラの白銀の毛並みも無傷とはいかなかった。

「ぐるるる……ッ」

 激戦の末に、咽を血が滲むほど噛みつかれて、ついにラギスは床に伏した。
 獣化がほどけた途端に、近衛に手と足首に枷をつけられた。

「ぐ、ごほッ、離せッ!」

 床に押さえつけられ、怒りの咆哮を上げるラギスを、シェスラは冷たい水晶の瞳で睥睨した。

「よく頭が冷えるまで、この阿呆を部屋に閉じ込めておけ」

 薄絹を羽織ったシェスラは、部屋の片づけを兵士に指示すると、億劫そうに髪を払いながら部屋を出ていった。
 ラギスは別の部屋に閉じ込められた。
 扉の外から鍵をかけられている。格子窓の外は絶壁で、仮に窓を破れたとしても降りることはできそうにない。
 むしゃくしゃして、腹が立って仕方なかった。殺意で人を殺せるのなら、シェスラはとっくに死んでいる。

(……ふざけんなよ、こんなところ出ていってやる)

 霊力を部分的に開放して、身体を作り変えていく。鎖を引きちぎり、左肩から腕にかけて月狼の剛腕に変えると、扉を睨みつけた。

「グルル……」

 扉に向かって体当たりをした。強烈な衝撃に、壁や天井は烈しく振動で震えた。
 廊下を駆けてくる複数の足音が聞こえる。ラギスはあえて身体を離すと、扉の死角に立ち、開くのを待った。

「何事だッ!?」

 雪崩込む兵士の頭上を飛び越え、ラギスは最初に目があった兵士の武器を奪い、廊下を走りながら、追いかけてくる兵士に斬りかかった。

「ぎゃぁッ」

 血を噴き上げ、兵士がくずおれる。追撃を蹴散らしながら、出口を探す。
 あと少しで、外に通じる渡り廊下に出る。
 しかし、踊り場に着地したラギスを、槍を構えた大勢の兵士が取り囲んだ。奥にはシェスラの姿もある。

「ラギスッ!」

 シェスラは、絶対的な支配を一喝した。身体の自由を奪われる。ラギスは金縛りにあったように動けなくなった。
 王の悋気に、本能が怯えたのだ。
 否応なしに完全な人形ひとがたに戻り、ラギスはがくりと膝をついた。

「……くそッ!」

 暴れたせいで、霊力を一気に消耗してしまった。悠然と近づいてくるシェスラに応戦しようとするが、足がふらついて、壁に烈しく肩をぶつけてしまう。
 しなやかな腕に抱きとめられ、うなじを噛まれた瞬間、足から力が抜け落ちた。

「ぐっ……」

 どうにか両脚に力をこめようとするが、立ち上がれない。兵士に包囲されて、四肢と首にも鎖をつけられた。

「離しやがれッ!」

 鬼の形相で叫んだが、兵士達も必死の形相でラギスを抑え込む。引きずられていくラギスの背を、シェスラは冷たい眼差しで見送った。




2章:饗宴の涯て 15


prev index next