月狼聖杯記

2章:饗宴の涯て 20


 驚異的な回復力で、ラギスの外傷は早々に塞がったが、熱が引けても意識は戻らなかった。
 その間、シェスラは献身的に世話をした。
 静かに眠るつがいの隣に侍り、身体のどこかに触れて、ひたすら霊気を送り続けた。
 飢えと渇きでこと切れぬよう、日に何度も、温めた汁を口から流し込んだ。
 皮膚が痛まぬよう、一日おきに身体を清めて、向きを変えさせ、命を繋ぎとめるために、何度も声をかけて……
 今だかつて、これほど自分を無力と感じたことはない。
 神をもひし月狼の王アルファングとして、どんな戦局も乗り切ってきた。
 全能と感じるほどに、シェスラの前に敷かれた覇道はゆるぎなく、完璧だった。
 怖いものなどなかった。
 帝国を敵に回した時ですら、自信に満ち溢れ、笑みを浮かべていられた。
 それなのに――
 たった一人の番を目醒めさせられないことが、シェスラをかくも怯懦きょうだにさせている。
 心にまとわりつく哀しみ、無力感を拭えない。
 日が経つにつれて、不安は募っていく。
 このまま目を醒まさないのでは……己の考えに戦慄しては、恐ろしい考えを振り払っている。
 番の傍を離れようとしないシェスラを見かねて、臣下達は寝台で休むよう何度も勧めてきたが、シェスラは動けなかった。
 彼の手を離して、癒しの霊気の供給を断つことが恐ろしかった。
 一日、一日が過ぎてゆく。
 七日が過ぎても、ラギスは目を醒まさない。
 黄昏が濃くなり、二月の夜の淡いしっとりとした陰影かげが部屋の中に忍び入っている。
 シェスラはラギスの手の上に、己の手を重ねたまま、静かな時を過ごしていた。
 無限の静寂が流れて、やがて、アミラダが部屋に入ってきた。美貌の少年達の手を借りて、煎じ薬の準備を始める。
 いにしえの英知を秘めた呪い師であるアミラダは、シェスラが物心ついた頃から同じ姿でいる。二人の美しい少年も然り。
 彼女の全てを見透す神秘の瞳、助言には、これまで幾度も助けられてきた。
 あの日、気が進まぬ闘技場へ足を運んだのも、焔と運命が待っている――そう予見したアミラダの言葉があったからだ。

「……ラギスは目を醒ますか?」

 眠っている男の容体を見るアミラダに、シェスラは今日も同じことを訊ねた。

「強い精神と身体を持った男です。眠りのあとに、意識は戻ってくるでしょう」

 彼女の答えは変わらない。その言葉に、シェスラは安堵すると同時に、それはいつになるのだろう、と不安を覚えもした。

「これを、ラギスに飲ませてください」

 アミラダの差し出す小鉢を、シェスラは黙って受け取った。

「……お辛いですか?」

 静かな問いに、シェスラは沈黙で答えた。

「彼の生い立ちは複雑です。お傍に置けば、我が大王きみの気苦労は増すでしょう」
「……判っている」
「それでも、お傍に置きたいのですか?」
「置きたい」

 重々しく、だがはっきりとした口調でシェスラは答えた。

「この男は、我が大王きみの宿命です。二人の運命は、複雑に絡みあっている」
「……」
「彼はまだ、聖杯であることを受け入れられていません。復讐の念に囚われて、苦しんでいます」
「ヤクソンか……」
「急かさず、見守っておあげなさい。肉体だけでなく、魂も癒してさしあげるのです」

 賢者の言葉に、シェスラは視線を落とした。

「……奴隷剣闘士から召し上げて、ラギスには感謝されると思っていた」
「いかがでしたか?」

 静かな問いかけに、シェスラの透明度の高い美貌に、陰惨な影が射した。

「……酷く苦しんでいた。聖杯の身を憂いて……十七年経った今も、復讐の灯を消していなかった」
「彼は十五歳で奴隷剣闘士になりました。どのような境遇であったか、想像できますか?」

 叡智えいちの瞳を見て、シェスラは答えを躊躇った。シェスラにも過酷な幼少時代はあるが、比較はできない。

「……想像もつかぬ。傍に置いておきながら、私は一度もラギスに訊こうとしなかった」
「山村で育った少年には、想像を絶する暴力が待ち受けていたことでしょう。殺し合いを強要され、生き延びても尚、地獄が続く」
「……十七年か」
「そうです。彼は十七年もの間、奴隷剣闘士として過ごしてきました」

 アミラダは幻惑の呪いを唱えると、水晶球にラギスの過去――不衛生で薄暗い石の牢の中で、暗がりを睨むようにして座っている子供の姿を映し出した。悲惨な光景を覗いて、シェスラの表情は翳る。

「……よく無事だったものだ」
「新人は悲惨な思いをします。一番酷い部屋を与えられ、害虫と寝起きを共にし、カビの生えたパンと、少しの汁しか与えられません」

 水晶球に、蟲のたかる僅かな食料を口に入れるラギスが映る。

「……」
「稽古では他の剣闘士に嬲られ、気に食わないことがあれば、監視役にも殴られます。彼の気性を考えると、その頻度はとても高かったことでしょう」

 複数の見張り人達から、一方的に嬲られるラギスを見て、シェスラは内なる獣性が昂るのを感じた。

「……ッ」

 叶うことなら今すぐその場に割って入り、全員を引き裂いてやりたい。
 ラギスを救い出し、彼に必要な全てのものを与えてやりたかった。安心して眠れる場所を。清潔な褥を。十分な食事を。
 激情を堪えるシェスラを、アミラダは銀眼でじっと見つめている。

「一杯の水に餓えて、壁にしみ出る水を舐め、傷を負った身体で、硬い石床に横になる苦痛を想像できますか?」

 飢えを癒そうと、壁を舐めるラギスを見て、シェスラは言葉が出てこなかった。

「我が大王きみの番は、そのようにして、地獄から這い上がってきた男です」

 永い、永い沈黙のあとに、シェスラは絞りだすような声でいった。

「……私は、間違っていた」

 アミラダは思慮深い眼差しでシェスラを一瞥してから、静かに部屋を出た。
 静寂のあとに、シェスラは動いた。
 眠るラギスの上体を少し起こし、背中にクッションを幾つも挟みこむ。閉じた唇を指で開くと、小鉢の中身を自ら口に含み、ラギスの唇に押し当てる。

「ん……」

 無意識に零れるラギスの吐息に安堵しながら、少しずつ、小鉢の中身を口移して与えていく。
 暖かい汁も与えて口の周りを綺麗にすると、身体と髪を湯に浸した麻布で拭いてやり、寝室着も変えてやった。全て終えると、姿勢を横向きにして、褥に寝かせる。
 一通りの世話を終えたあとも、シェスラは昏睡するラギスの枕元に侍っていた。
 今なら判る。過酷な日々を耐える為にも、彼は復讐の焔を絶やさなかったのだろう。そうでもしないと、正気を保てなかったに違いない。
 ラギスは、眠り続けている。
 目を醒まさない。
 精気の失せた蒼白い顔を見ていると、胸が痛む。弱々しさとは対極にある男が、今はなすすべもなく横臥おうがしている。
 初めて交わした視線の力強さが思い出される。
 勇敢にシェスラに挑んでみせた。
 闘志に燃える金色の瞳。憎悪の眼差し。服従を跳ねつけ、己の腹に刃を突き立てた。
 ラギス。
 流血。蒼白い唇。
 苦悩。
 ラギス。
 つがいだ。
 彼は唯一無二の番、魂の伴侶だ。
 力なく身体に添う乾いた手を、シェスラは両手で包み、己の額に押し当てた。
 守るべき番に対して、十分な力と立場を手にしていながら、正しく使おうとしてこなかった。
 高潔な精神を辱め、苛み、血を流させ、絶望と死の淵に追いやった……

 眠るラギスを見つめながら、シェスラは深い悔悟かいごを噛みしめた。




2章:饗宴の涯て 20


prev index next