月狼聖杯記

1章:王と剣闘士 8


 拷問のような快楽は続く。
 熱い舌は陰嚢いんのうの筋を辿り、会陰えいんへとおりていき……後蕾こうらいに到達した。

「おい! 何……ぐ……ッ」

 つん、と舌が蕾を突いた。両の親指で尻肉を割拡げられ、張型を埋められた孔に息を吹きかけられる。

「……こちらは初めてのようだな」
「触るんじゃねェッ」

 暴れるラギスを、シェスラは解放した王気で縛りつける。血走った目で睨みつける巨躯を見下ろし、口角を上げた。ゆっくり、焦れったいほど慎重に、張型を引き抜いていく。

「ぐッ……あ、ぁッ」

 肉胴を刺激されて、ラギスは腰を揺らした。ぐぽっと淫靡な音を立てて、張型は抜けた。

「……奥まで見えるぞ。具合はよさそうだな」

 シェスラは親指を孔に潜らせた。
 絹のような髪が尻にかかり、ラギスは慌てた。端正な顔が、尻のあわいにうずまろうとしている。尾ではらおうとすると、シェスラは小さく笑った。つけ根を舐められて、ラギスは呼吸が止まりかけた。

「――ッ!?」

 硬直している間にも、両の親指で尻孔を拡げられる。吐息が触れた。濡れた舌が、挿入はいってくる。

(舐められて――?)

 己の想像にラギスは戦慄した。
 戦慄わななく肉襞は、奥を探る舌を悦び、もっと奥へと誘いこむ。
 淫らな身体が疎ましい。
 四肢に力を込めて快感に抗うラギスを、シェスラは容赦なく篭絡しようとする。

「ぬかるんできた……硬く閉じているかと思ったが、問題なさそうだな」
「い、嫌だ……俺は、お前にだけはッ」

 屹立をあやすようにしゃぶられて、ラギスは呻いた。快楽の海に攫われて、身も心も蕩けそうになる。奥が疼く……あらぬ言葉を吐いてしまいそうで、きつく唇を噛みしめた。

「ふ、私に触れられて、顔を苦悶に歪めたのはそなたが初めてだ」

 シェスラは身体を起こすと、優しいとすら思える手つきでラギスの頬を撫でながら、開いた後孔こうこうを指で突いた。

「よせッ!」
「断る」

 シェスラは即答し、そっと指を潜らせた。

「この野郎ッ、触るんじゃえねェ!」

 悪態をつくラギスを、シェスラは鼻で嗤った。

「このように蕩けているのに?」

 尻孔に指が潜りこみ、中でくっと折り曲げられた。
 強烈な快感が走り、喉から迸りそうになる悲鳴を、ラギスはどうにか耐えた。

「離しやがれ――」

 両脚を高く持ち上げられ、ラギスはひゅっと息を呑んだ。尻のあわいに熱塊をあてがわれる。

「暴れると怪我をするぞ。痛い思いをしたくなければ、大人しくしていろ」

 挿入から逃れようと身を捩るが、鋼の鎖に阻まれる。硬質な音が煩く泣き喚くが、シェスラは強引に腰を進めてきた。

「あ、ぁ」

 初めての挿入でも、蕩けきった尻は難なく呑み込んでいく。
 対の鞘に剣を収めるように、中へ、中へと――充溢じゅいつで中を満たされて、ラギスは恍惚の表情を浮かべた。

「ラギス……気持ちいいか?」
「は、あぅ……ンっ」

 腰を揺すられて、視界に星が散った。
 身体が燃えるように熱い。理性をたぐり寄せようとしても、ずぷっ、水音が弾ける度に快楽に呑まれる。

「う、くそッ……ぐっ……ぅッ」

 優しく奥を突かれて、ラギスの背は弓なりにしなった。力強い腕が、腰をしっかりと支えている。

「いい、締まる……ッ……ラギス、お前の身体はたまらない」

 極限まで抜いた楔を、剣を突き刺すように、打ちつけられる。重たい衝撃と、引き抜かれる瞬間に、内壁のいいところをくすぐられる快感の連続に、ラギスの思考は軟体生物のように溶けていった。

「く、くそッ」

 どんな悪夢だ。信じられない――憎んでいる相手に、雌のように組み敷かれ、身体を貫かれるとは。

「腰が揺れているぞ、ラギスッ」
「あぁ……ッ」
「このまま、一晩中でもこうしていたい……深く繋がって、は、ラギス……」

 腰が尻にぶつかる音がする。ラギスの感じやすい、内壁の浅いところを断続的に突かれながら、乳首をこねるように摘まれた。

「んッ!!」

 ラギスが腰を振っても、シェスラの鋼のような身体からは逃げられない。

「あァッ」

 腹に反り返るほど勃ちあがった屹立から、飛沫が散った。中を突かれて、乳首を弄られて、痙攣するように達した。

ったな?」

 笑いを含んだ問いに、ラギスはきつく目を瞑った。
 引き締まったラギスの腹や胸に散った琥珀色の飛沫を、シェスラは艶めかしく舌で舐めとっていく。
 執拗といってもいい舌遣いに、ラギスは戦慄した。
 全て舐め終えると、シェスラはラギスを獣のように四つん這いにし、荒々しく腰を遣い始めた。長大なものが、子宮に届くまで、深く、深く突き刺さる。

「は、そなたなら、壊す心配がないから、思い切り抱けるッ!」

 シェスラの水晶の瞳は欲情に濡れていた。快楽を永く貪ろうと、幾度も絶頂を堪えて、ラギスを深く穿うがつ。破城槌で突かれているみたいに、ラギスの巨躯は前後に揺さぶられた。
 いまだかつてない快楽の荒波に翻弄されて、ラギスは何度も失神しかけた。

「あ、あッ、ぐぁッ!」

 身体が燃えているように熱い。灼熱に焼かれて、このままどうにかなってしまいそうだ。

「あぁ――ッ」

 絶頂を叫ぶラギスに覆い被さり、シェスラは汗ばんだうなじを噛んだ。強烈な悦楽に沈むラギスの上で、シェスラも腰を小刻みに揺すって、艶めいた吐息と共に達した。
 最奥を熱い飛沫で濡らされてゆく――眼裏まなうらが赤く燃える。

「は、はぁ、はっ……」

 聖杯として満たされながら、屈辱と怒りを感じていた。尻の奥に精を放たれた。この身が聖杯なら、孕む危険があるというのに。
 復讐を誓った相手に。殺したいほど、憎い相手に。
 心が、二つに裂けてしまいそうだ。
 褥に突っ伏し、心臓を押さえて喘ぐラギスの頬を、シェスラは労わりに満ちた仕草で撫でた。

「ラギス……」

 ラギスの横向けた顔に、シェスラは美しい顔を寄せて、柔らかく唇を塞いだ。
 怒り狂っていたのに、舌を搦め捕られて陶然となる。
 たえなる味わいの酒を、口移しで与えられているかのように……
 抗い難い眠気に襲われる。疲労困憊の次元を通り越して、瞼が勝手に降りてくる――ラギスは意識を手放した。




1章:王と剣闘士 8


prev index next