月狼聖杯記

1章:王と剣闘士 5


 ラギスは、いつになく丁寧に治療を受けた。
 普段なら共用の水場で適当に汚れを落として終わりだが、この日は傷口を消毒し、高価な膏薬こうやくまで塗られた。
 そのあと、奴隷宿舎には戻らず、王家の紋章の入った馬車に乗せられた。
 降りた先は、巨大な不沈城グラン・ディオで、その威容に暫し茫然となった。
 驚きを隠せないラギスを見て、つき添っている近衛騎士のアレクセイは、穏やかな笑みを浮かべていた。彼はラギスに対しても紳士的な人柄を崩さず、城内について説明しながら、石柱の廊下をラギスと並んで歩いた。
 だが、壮麗な大浴場の前で彼と別れたあと、状況は一変した。
 とんでもない屈辱が待っていた。
 ずらりと並んだ召使達に、よってたかって血濡れの衣服を剥ぎ取られ、首から下げた小袋までも弊履へいりのごとく奪われた。
 暴れるラギスの首と手首と足首に、鉄の枷がつけられた。

「離しやがれッ」

 空気が震えるような大音量で怒鳴りちらしたが、召使達も必死の顔つきでラギスを押さえつける。
 瀝青れきせいを含んだ炭酸水の下剤を飲まされ、腸を強制的に空にされ、家畜のように後孔こうこうを洗浄された。
 召使達は、牛皮を表面に張った男根の型に、香油に胡椒こしょう蕁麻いらくさなどの媚薬を塗りたくってから、ラギスの硬く閉じた後蕾こうらいに沈めた。

「やめろォッ!!」

 こめかみに青筋を浮かべて嚇怒かくどしたが、四肢を戒められ、獣化はおろか、まともに動くことすらできなかった。
 しかも、口と尻から飲まされた媚薬のせいで、思考は朦朧としている。
 碌に抵抗もできず、召使にかしずかれ、いい香りのする糠袋ぬかぶくろで全身を磨き上げられた。
 背中を垢すりで擦られると、ぼろぼろと長年蓄積された汚れが剥がれ落ちた。
 何年もまともにはさみを入れてなかった髪も整えられ、髭も綺麗に剃られた。陰毛まで整えられ、爪もやすりで磨かれた。
 お目にかかったこともない、上等な絹の薄い衣装を着せられ、ラギスはようやく浴室を出ることができた。
 媚薬でふらつく身体を、左右に立つ召使に支えられて、強制的に歩かされる。
 腸内洗浄と媚薬に見舞われ、全身大改造という一大事業を経ているラギスには、暴れる気力が残っていなかった。おまけに、尻には異物がめり込んでいる。
 連れていかれたのは、まじない部屋だった。
 真鍮の燭台に灯された焔が、呪い部屋を妖しくも神秘的に照らしている。
 水晶球の置かれた丸い卓の前に、黒装束の老女が座っていた。彼女の左右には、双子と思わしき同じ顔をした美しい二人の少年がいる。
 女は、老いてなお美しい顔をしていた。
 婀娜あだっぽく煙管きせるの煙草をくゆらせながら、殆ど白に近い瞳でラギスの顔じっと見つめる。煙管を煙草皿に置くと、けだるげに唇を開いた。

「……私は王に仕える占い師、アミラダという」
「占い師?」

 散々喚き散らしたあとなので、ラギスの声は少ししゃがれていた。
 いわれてみると、壁面には幾何学模様の絨毯や、鏡板、蛇腹じゃばらが飾られており、見慣れぬ呪具が処狭しと並べられていた。

(……ちきしょう、頭が朦朧としやがる)

 平常時でも異次元空間のように感じたろうが、今は特に妖しく見える。座っているはずなのに、部屋が動いているように感じるのだ。

「ようやく視えたよ、聖杯。強い光だ。魂の穢れが落ちれば、更に輝くだろう」

 アミラダの声に、不快感を堪えていたラギスはそっと目を開けた。

「……聖、杯?」
しかり。お主はアルファの為のオメガ、特別な聖杯だよ」
「は」

 訳が判らなかった。

「王は、聖杯を望んでおられる」
「聖杯、俺のことか?」
「そうだ。お主もまた、王を選んだ」
「何だと?」
「王と対峙した時、たえなる香気を感じなかったか?」
「!」

 驚きに目を瞠るラギスを見て、アミラダは確信しているかのような口ぶりで続ける。

「お主の抱えている復讐の焔は、毒のように魂を蝕み、長く聖杯の覚醒を妨げてきた。だが、つがいに出会い、僅かながら綻んだようだ」
「番?」
「そうだ」
「ありえないだろ」
「事実だ」
「ふざけるなッ!」

 激昂するラギスの鎖を、二人の少年は引っ張った。華奢な外見を裏切る凄まじい力だ。

「ぐっ」
「これ、手荒にするでない。加減に気をつけよ。大切な、王の聖杯なのだから」

 はい、アミラダ様。二人の少年は、寸分違わずに唱和で答えた。

「冗談だろう? 俺が聖杯のわけがあるか!」

 強い雄、或いは雌の番は器と呼ばれる。中でも群れの頂点、王の選ぶ器を聖杯と呼び、その数は王に匹敵するほどまれだ。

「いいや、間違いない。お主は、王の寝所に呼ばれておる」
「!?」

 アミラダはじっとラギスの瞳を覗き込んだ。

「発情をきざしているな。王に抱かれれば、覚醒するだろう」
「抱かれる? ……俺が??」
「然り。今夜から七日間、そなたの身体は王を求めて烈しく疼くだろう」
「王が、俺を抱くというのか?」
「そうだ」
「……冗談だろう?」
「いいや」
「信じられるかッ」

 掴みかかろうとするラギスを、少年は再び引っ張った。巨躯のラギスを御する力は、生身の少年が出せるものではない。
 訝しげに、己の手の震えを見つめるラギスに、案ずるな、とアミラダは声をかけた。

「毒の類ではない」

 香炉から漂う甘い香り……諸悪の原因を睨みつけるが、四肢から力が失われていく。

「くそ、睡眠香か?」
「閨で使われる媚香だよ。お主のように気性の荒い聖杯には、これが役に立つ」
「媚香!? 俺は奴隷剣闘士だぞ」
「過去は重要ではない。それに王に召し上げられたのだから、もう奴隷剣闘士でもない」

 唸り声をあげるラギスを、少年たちが上から押さえつける。それでもなお、床を這って逃げようとするするラギスの鎖を、アミラダは見えぬ力で引っ張った。

「ぐぁ」
「覚醒はいつの代も混乱を伴うが、そなたは重症だな。心身が解れるよう、もう少しここに留まるが良い」
「番なんて冗談じゃない。俺は、あいつにッ……」

 怒りで目が眩みそうだった。
 故郷を焼き、家族を殺し、奴隷剣闘士に貶めた諸悪たる王族に、この身をも捧げろというのか。
 怨嗟を撒き散らすラギスを見て、アミラダは淡々といった。

「……お主のように逞しい男はどうかと思うたが、王は気に入るかもしれん。強い子を期待できそうだ」
「ッ!?」

 ラギスは絶句した。
 この世に慈悲はないのか――奈落に堕ちていくような負の連鎖は、もはや奇跡としかいいようがない。

「これはお主のものか?」

 アミラダの取り出した小袋を見て、ラギスは目を瞠った。

「取り返そうと必死だった、よほど大切なものなのだろうと召使が届けたのだ」
「返せ! 俺のだ」
「少し待て。紐も袋も破れているから、直しておいてやろう。中身が無事なら構わないだろう?」

 確かに、紐は今にも千切れそうで、袋もぼろぼろになっている。以前から、どうにかしたいとは思っていた。
 黙考するラギスを見て、アミラダは了解と受け取り、祈祷を諳んじ始めた。
 滔々と流れる韻律を耳にしていると、催眠にかけられたように頭が朦朧としてくる。

「……聖杯を畏れるな、深淵に触れて、魂を開け」

 ラギスは口を開くのも億劫で、瞼を開けているのがやっとの状態だった。

「王のもとへ連れておいき」

 アミラダが命じると、魔性の少年達は恭しく頭を下げた。ラギスの身体を左右から支えて部屋の外へ連れ出す。

(逃げないと)

 頭に警鐘が鳴り響くが、身体がいうことを聞かない。
 朦朧としているうちに、絵巻物に登場するような、豪奢な寝室に連れていかれた。
 最高級の調度をしつらえた部屋の奥には、月狼が二、三体横になれるほど大きな寝台が鎮座している。
 天蓋のついた寝台の縁は、金、銀、紅玉、碧玉が象嵌ぞうがんされ、やわらかな毛織の敷布と深紅の豪華な上掛けが、革と黄金の留具で固定されている。
 まさしく王の為の寝台だ。
 そこへ近づくのは心底嫌だったが、魔性の少年達は容赦なくラギスを引きずっていく。
 逃げなければいけないのに、強烈な睡魔が襲ってくる。
 意識が沈む。
 はっと瞼をこじ開けた時には、ラギスはしとねに寝転がっており、両手首に枷をつけられ、首輪の鎖は天蓋に固定されていた。




1章:王と剣闘士 5


prev index next