月狼聖杯記

1章:王と剣闘士 10


 熱を孕んだ青い瞳が、ラギスを映している。
 なめらかな銀糸の髪が彼の肩から零れて、ラギスの胸の上に落ちた。

「ッ……」

 髪の一筋が肌に触れただけなのに、跳ねそうになる身体を、必死に押さえつけねばならなかった。
 シェスラの視線が、ラギスの胸に落ちる。見つめられているだけで、乳首が、刺激を期待するように勃ちあがってゆく。
 乳輪の周りを舌で舐められて、ラギスは堪えきれぬ嬌声を上げた。

「あぁッ」

 シェスラは艶めいた吐息を零すと、片方の乳首を甘噛みし、もう一方を指でつまんだ。絶えず甘い刺激に苛まれて、奥から熱い滴が滲みだしてくる感触に襲われた。

「やめろッ! 俺は雌じゃない」
「……ン……そなたは、聖杯だ」
「違うッ!」
「なら、どうしてこのように乳首を濡らすのだ?」
「――ッ」

 強烈な怒りに支配され、獣化をきざした。首回りが太くなるが、首輪に締めつけられて額に脂汗が滲んだ。

「やめろ、痕がつく」

 乳首の根本から絞りとるように吸われて、漲っていた力は霧散した。寝台に沈みこんだ途端に、烈しく吸引される。

「うぁッ、やめろッ!」
「昨夜で吸いつくしたかと懸念していたが……ちゃんと生成されているな」

 烈しい屈辱に襲われて、ラギスは重低音の唸り声を上げた。シェスラは乳首から唇を離すと、水晶のような笑い声を上げた。

「怒るな。優秀な聖杯だと褒めているのだ。この雄々しい身体は、私が触れると甘く蕩ける……」

 陶然と呟くと、再び顔を下げた。

「よせっ……ああぁッ」

 突き出した腕は、鎖ごと頭上で縫い留められた。

「ぐぅ、うぅ……」

 迸りそうになる嬌声を必死に堪えて、ラギスはくぐもった声を上げる。たっぷり吸ったあとでシェスラは顔を上げると、蠱惑的にほほえんだ。

「片方だけ腫れてしまったな……ほら」

 顔を背けるラギスの頬を、シェスラは優しく、だが強引に掌を添えて正面を向かせた。目と目が合う。

「見てみろ」

 嫌だと思ったが、指で先端を弾かれた拍子に、つい視線を胸に落としてしまった。

「ッ」

 左の乳首だけ、濡れて、尖り、ぽってりと膨らんでいた。乳輪の周囲に、琥珀に輝く霊液サクリアがうっすら滲んでいる。
 あまりにも淫靡な光景に、ラギスは言葉が出てこなかった。

「……こちらも吸ってやろう」

 半ば予想していたが、シェスラは顔を伏せると、右の乳首に吸いついた。
 ラギスは意地でも反応すまいと四肢に力を込めたが、シェスラはいたぶるように乳首を愛撫してくる。わざと音を立てて、ラギスの羞恥と官能を煽りたてる。

「……吸うなら、早くしろッ」

 じれったい愛撫にラギスが文句をつけると、シェスラは微笑した。次の瞬間、烈しく乳首に吸いつかれた。

「ッ! あぁ――ッ」

 どくどく、乳首から熱の奔流が迸る。全てシェスラの口内に吸い込まれていった。飲み干したあとも、餓えたように吸ったりしゃぶったりを繰り返す。
 柔らかな先端に軽く歯を立てられた瞬間、強烈な悦楽に支配されて下も達した。

「……はぁ、はぁ」

 シェスラは最後に水音を立ててから乳首を離すと、肩で息を整えているラギスを見て、嫣然とほほえんだ。

「そなたに会うまでは、聖杯など半信半疑でいたが……身をもって知った今は、否定の余地はないな」

 下肢をまさぐられて、ラギスは身体を強張らせた。布が濡れて皮膚に貼りつく感触がする。

「……昨夜は烈しくしたから、後孔が痛むだろう?」
「判ってるならどけよ」
「断る。薬を持ってきた。塗ってやろう」
「は」
「尻を出せ」
「殺すぞ。おぃッ!?」

 シェスラはラギスの服に手をかけると、あっという間に脱がせて、寝台の下に放った。下着にも手をかけられ、ラギスは焦って上から布を押さえつけた。

「いらねぇよ! 手を離せ」
「心配するな、挿れはせぬ」
「くそがッ、死ね!」
「ふふ、初めていわれたな。そなたは本当に、愉しませてくれる」

 下着をめぐる攻防で、びりっと布が裂けた。狼狽えるラギスに構わず、シェスラはびりびりと下着を破っていく。最後は端切れと化した布を、寝台の下に放った。

「……ラギス」

 膝を立てて下肢を隠しているが、匂いで吐精したことはばれているだろう。シェスラの熱い視線が、膝で隠されたラギスの股間を透視するように突き刺さる。

「隠すな」
「うるせェ、薬を置いて出ていけ」
「断る。隠してはならぬ」

 シェスラは強引にラギスの膝を割る。蹴ろうとする足を抱えて、寝台に組み敷くと、魔性の瞳でラギスを縫い留めた。

「ッ」

 王の覇気にあてられて、身体の自由を極端に奪われる。
 かすかにしか動けぬラギスをいいことに、シェスラは悠々と顔を、濡れたラギスの股間にうずめた。

「……ああぁぁッ」

 濡れた屹立を、熱い舌でねぶられる。
 大腿に流れた残滓までも、舌で追いかけるようにして舐めとられた。
 舌で清め終えても、名残惜しそうに陰嚢を揉んだり、しゃぶったりして、霊液をせがむ。

「よせ、もぅ……ッ」

 絶望に胸が潰れそうだ。
 混沌とした感情に見舞われ、視界は闇に堕ち、自分がどこにいるのかすら判らなくなる。漠とした意識の中、己の絶望の声だけが耳に反響こだましていた。
 永く苛まれて、ラギスが喘ぐことしかできなくなる頃、シェスラはようやく顔をげた。

「――ほら、尻を出せ」

 反発心がもたげて、ラギスは全身に力を込めたが、ちゅ、と頬に口づけられるだけで、力が抜け落ちた。あっけなく横向きにさせられる。

「手が邪魔だ」

 あらぬところに視線を感じて、両手で尻を隠そうとするが、容赦なく剥された。

「……は、冗談だろ? 偉大なる月狼の王ドミナス・アルファングが、奴隷剣闘士の尻に膏薬を塗るってのか?」

 侮蔑をこめて吐き捨てたが、シェスラは鷹揚に頷いた。

「奴隷剣闘士ではない。私の聖杯だ……やはり、少し腫れたな。痛むか?」
「ッ、誰が……くそッ、試合をしている方がマシだ」

 どうにか気力をたぐりよせて悪態をつくが、ラギスは精神的にぼろぼろだった。

「優しく塗ってほしいか?」

 両の親指で尻を割り広げられ、孔を見られている。屈辱で死ねる。

「いらねェよ!」

 ラギスは唸り声をあげると、身を捩って尻を掴む手から逃げようとした。

「暴れるな」
「離せよ……うッ!」

 端正な顔を尻にうずめて、シェスラは舌で孔を舐めてきた。慌てて身じろぐが、腰をしっかりと掴まれていて、振りほどけない。

「ッ、おい! 薬塗るんじゃないのかよっ!?」
「は……塗る前に、慰めてやろう」
「頼んでねェ……っておい! 聞けッ」
「ン、我慢をするな……疼くのだろう? 私に発情しているはずだ」

 嬌声が迸りそうになり、ラギスは歯を食いしばって耐えた。

「ッ!?」
「発情はしばらく続くぞ。だが、心配しなくていい。責任をとって、慰めてやろう」

 熱い肌が、ラギスに覆い被さる。耳殻に唇で触れられ、吐息を吹き込むように、ラギス……と囁かれた。
 心臓が今にも破裂しそうだった。
 逃げようとする腰を掴まれて、引き戻される。
 シェスラは琺瑯ほうろうのように白い手で、飽くことなくラギスを甘く淫らに苛んだ。




1章:王と剣闘士 10


prev index next