メル・アン・エディール - まほろばの精霊 -

4章:夢の終わりと、始まりし恋の詩 - 1 -


 薔薇際も残り僅か。
 世界樹宮を見渡せば、いつの間にか、ロザリアの薔薇を身に着ける精霊が増えた。
 女王など興味ないといっていたロザリアだが、アガレットとの競争に闘志を燃やし、今では積極的に来訪者に薔薇を渡している。
 アガレットとロザリアの一騎討ちに、皆が注目していた。どちらが選ばれるのかと、世界樹宮で話題に上らない日はない。
 盛り上がる世界樹宮の最奥で、オフィーリアだけは憂鬱な顔でいた。
 情熱的な一夜の後、希望を打ち砕く決定的な朝を迎えてから、オフィーリアは心を閉ざしていた。
 誰にも会わずに、私室で一人、貝のように閉じこもっている。
 面会を拒むオフィーリアを、性的に征服したことへの怒りだとアシュレイは誤解をしている。
 日に何度も送られる、花や衣装、想いを綴った手紙を視界の端に見やり、オフィーリアは沈痛なため息をついた。
 魔法を解かねば……何度もそう思い、首を振るを繰り返す。
 いわなければ、ばれやしない。魔法を解かなくてもいい、そうアシュレイはいっていた。
 ならば、このままでもいいではないか――いいや、駄目だ。このままでいいはずがない。
 良心が悲鳴を上げる度に、理性と感情は熾烈な攻防を繰り返した。
 甘やかな夢から醒めることが、恐い。
 冷淡な瞳で見られることが、恐い。
 ロザリアと引き裂かれ、今度こそ一人きりで生きていかねばならぬことが、恐い。
 記憶の中で、アシュレイが微笑んでいる……
 神々しい笑みを見て、後ろめたく思いつつ……心の深いところでは喜びも感じていた。全身で愛される幸せ。

 瞳を開いた時、涙が鱗の散った頬を滑り落ちた。

 初めてのことではない。夢から醒める度にこうだ。
 いっそ、永遠の眠りにつけたらいいのに……夜明けを見る度に絶望している。
 やがて西陽が射しこみ、部屋は茜色に染め上げられた。空の裳裾は藍色が滲み、対岸の闇夜に並んだ月が浮かぶ。
 地上では見られない幻想的な空を見上げて、どうしようもないほど、深い虚しさに襲われた。
 あと何度、繰り返すのだろう。この虚しさを、あと何度味合わねばならいのだろう?

(もう疲れた……)

 夢から醒めて、この身が亡びたとしても。今とて、屍のように息をしているだけだ。
 寝ても覚めても、気持ちにゆとりがなく、息苦しい。
 魔法が解けても同じこと……
 絶望を想像することにも、偽りの愛にしがみつく誘惑に抗うことにも、疲れてしまった。
 魔法を、断ち切ろう――
 静かに立ち上ると、オフィーリアは久しぶりに部屋を出た。寡黙な召使が、心配そうにこちらを見ている。
 ここしばらくの態度を目礼で詫びると、彼女は深く額づいた。
 数歩も歩かぬうちに、隣にロザリアが並んだ。何もいわず、ただ、オフィーリアの手を握りしめる。

「……解呪が判ったのよ」

 ぽつりと呟くと、ロザリアは澄んだ紅玉の瞳でオフィーリアの顔を覗き込んだ。

「大丈夫だからね」

 宝石のような紅玉の瞳に、力強い光を灯してオフィーリアを見た。握りしめる手に、力をこめる。

「……うん」

 視界が潤みかけ、オフィーリアは慌てて瞳を瞬いた。
 薔薇際の会場に辿りつくと、すぐにアガレットはこちらを見た。大勢の信奉者を袖にして、嬉しそうに駆け寄ってくる。

「オフィーリア! 会いたかったわ」

 美貌を喜びに輝かせて、アガレットは嬉しそうに笑った。ロザリアが唸るのも気に留めず、オフィーリアに手を差し伸べる。

「アガレット」

 名を呼んだだけで、この上なく嬉しそうにアガレットはほほえんだ。気位の高い薔薇の精霊とは思えぬ、無邪気な笑みだ。

「魔法を解く方法を、思い出しました」

「え?」

「フェリクスに会ったら、貴方のいう通りだったと伝えてください」

 硬い表情で、オフィーリアは素っ気なくいった。アガレットが反応する前に、言葉を続ける。

「アガレット、メル・サタナ」

 小声であったが、解呪は確かに働いた。
 古い霊気が散って、金色の燐光が霧散する。アガレットはみるみるうちに、表情を消して、戸惑いの浮かぶ瞳でオフィーリアを見た。

「……どう? 魔法は解けた?」

 フードを脱いで、真正面から見つめた。慄いたように、アガレットは後じさる。

「……ッ」

 青褪めた顔には、隠しようのない畏怖が浮かんでいた。

「気味が悪い? 恐いでしょう? 呪われたくなければ、二度と私に近付かないで」

 そのまま振り向きもせずに、踵を返す。ロザリアはアガレットをひと睨みすると、すぐにオフィーリアの後ろを追い駆けた。

「……ロゼは、一緒にいてくれる?」

「もちろん」

「世界樹宮を、追い出されてしまうかもしれないけど、いい?」

「フィーと一緒なら、どこだっていいよ」

 迷いのない即答に、オフィーリアは口端を緩めた。裏表のない言葉に勇気をもらい、顔を上げて前を向いた。

「魔法を解くわね」

 決意を秘めて、フードを脱いだまま回廊を進んだ。
 おぞましい姿。素顔を晒して歩くオフィーリアを、小さな妖精エルフ達は恐れるように遠巻きに見ている。
 あいの子に対する、正しい反応だ。
 全てを終わらせる前に、最後に世界樹を見にいった。美しい大樹を瞼の奥に焼きつける。間近に仰ぐことは、二度と許されないだろうから。
 両手を広げて、さんたる光を全身に浴びた。生ける全ての者に平等に降り注ぐ優しい光は、オフィーリアをも照らしてくれる。

「オフィーリア」

 振り向けば、アシュレイが立っていた。

「我が君……」

「さぁ、どうぞ。魔法を解いてください」

 小さく眼を瞠るオフィーリアを見て、彼は微笑んだ。

「あの日から、瞳も合わせてくださらない。痛みを堪えるような顔を見ていれば、嫌でも気付きます」

 一瞬、早くもアガレットから聞いたのかと思ったが、そうではなかった。絶句するオフィーリアを、アシュレイは静かな瞳で見た。

「避けられている間も、貴方のことばかり考えていました。解呪を手に入れたのでしょう?」

「……はい」

 項垂れるオフィーリアの、ロザリアに握られていない方の手を、アシュレイは両手で包み込んだ。
 ゆるゆると顔を上げると、慈しみの浮いた瞳に見下ろされた。

「オフィーリア。怖がる必要はありませんよ。さぁ、私にもかけてください」

「では……これで、お終いですね」

 寂しげに笑うオフィーリアを見て、アシュレイは青い双眸に確信めいた光を灯した。

「ここから、始まるのです。魔法を解いた暁には、貴方の心の聖域を、どうか明かしてくださいね」

「……瞳を閉じてください」

 はぐらかされたと思ったのか、彼は真摯な眼差しでオフィーリアを見つめた。

「どうか、閉じてくださいませ」

 繰り返すと、観念したようにアシュレイはゆっくりと眼を閉じた。
 そのまま、閉じていてくださいね……小さく囁くと、オフィーリアは懺悔するように、両手を胸の前で組んだ。

「私はきっと、最初から知っていたのです。あまりにも心地よくて、眼を背けていただけなのかもしれません」

 瞳を開こうとするアシュレイを見上げて、オフィーリアは首を左右に振った。

「いけません。閉じていて……」

 宝石のような青い瞳は、銀色の睫毛に隠れた。神々しい美貌に瞳を注ぎ、オフィーリアは歯を食いしばった。
 今になって、数多の記憶が胸を過る。
 こちらを見る、甘い眼差し……
 離れたところから、名を呼ぶ声。
 近くで囁くように、名を呼ぶ声。
 ふとした仕草。青髪をすく指。抱きしめてくれる腕。音楽に合わせて、手を取り合った夜。
 光の衣が揺れる空を、並んで仰いだ夜。
 悠久の精霊界を治める、尊い人。
 綺羅星のように眩い、美しい人。
 時には、甘えるように微笑み、ロザリアに嫉妬の視線を送る、かわいい人。
 些細なことで、嬉しそうに微笑む人。
 陽を避けるオフィーリアに、黄昏をくれた人。
 非情な言葉で、この胸を引き裂いた人。
 けれど、全てを受け入れ、愛してくれた人。
 醜いこの身体に触れ、貪るように抱いた、初めての人。
 遠ざけないで欲しい、と涙を流した人……
 記憶の中で、何度もほほえみが再生される。
 空が落ちたとしても。この身に天罰が下ったとしても。深く愛されて、幸せだった。幸せでした。

 この時が。一瞬が、永遠に変わればいいのにッ!

 膨れ上がる想いに蓋をして、血を流す心から眼を背け、金剛のような未練を断ち切るように、オフィーリアは覚悟の引き金をひいた。

「アシュレイ、メル・サタナ」

 短くも、絶大な威力を持つ解呪が、大気に浸透する。
 強力な言霊は、金色の粒子――古の霊気を呼び起こし、アシュレイの輪郭を覆った。全身を包みこみ、瞬く間に魔法の鎖を粉々に砕いた。




4章:夢の終わりと、始まりし恋の詩 - 1 -


prev index next