メル・アン・エディール - まほろばの精霊 -

3章:気まぐれな夜に、薔薇祭の調べ - 5 -


「何しにきたの。アガレット」

 警戒したように、ロザリアが呟いた。

「生意気な子ね。薔薇の女王に向かって、その口の利き方はないわ」

 小馬鹿にしたように鼻を鳴らすと、アガレットは針のような視線でオフィーリアを睨んだ。

「人間臭くて、嫌ねぇ。あいの子風情が、その顔でよく世界樹宮へくる気になれたものだわ。我が君に取り入ろうなんて、図々しいと思わないの?」

「……いこう、ロゼ」

「お聞きなさい。私が喋っているのだから」

「――ッ!」

 俯いて、横を通り過ぎようとしたら、仮面をはぎ取られた。呆気に取られて、オフィーリアは正面からアガレットを見つめた。

「うわ……」

 醜いものを見たというように、アガレットは嫌悪に顔を歪めた。何千回と見てきた反応だが、オフィーリアは傷つきながら顔を伏せた。

「アガレットッ!!」

 眦を吊り上げて、ロザリアが吠えた。

「酷い顔。美しい精霊の血を引いているはずなのに……返すわ。ごめんなさいね?」

 仮面を受け取ろうとしたら、高く掲げられた。怯え、唖然とするオフィーリアの顔を覗き込んで、アガレットは愉しそうに嗤った。

「ほほ、その顔で、戻ってご覧なさいな。黄昏の君は私よ、と名乗ってごらんなさい」

「……貴方みたいに綺麗な精霊には、私の気持ちなど到底判らないでしょう」

 か細い声で、オフィーリアは呟いた。
 唾棄だきされ、虐げられ、忌み嫌われた。視界に映るだけで、心無い言葉を投げられる。その痛みを知らぬから、そんなにも残酷なことがいえるのだ。

「判るわけないわ。私は美しい薔薇の精霊ですもの。どうしてお前のような娘を、我が君は世界樹宮へ招いたのかしら?」

 さも不満げにアガレットは呟いた。何もいわずに、横をすり抜けようとしたら、肩を小突かれた。

「そうやってすぐに俯く。暗くてやぼったくて、その惨めったらしらさが、お前を醜くしているのだわ」

 言葉の刃が心に突き刺さる。
 くじけそうになった時、ロザリアは凶暴な唸り声を上げた。しなる茨の鞭を操り、敢然かんぜんとアガレットに立ち向かう!

「うぁッ」

 しかし、声を上げたのはロザリアだった。アガレットは軽く躱すと、逆に蔓薔薇でロザリアの足首を戒めた。

「離せ!!」

「本当に生意気。お仕置きが必要ね」

 意地悪く笑うと、アガレットは言葉もなく、無数の棘を出現させた。針のように尖った、恐ろしく禍々しい鋭い棘だ。無数のそれらが、地面に縫い留められたロザリアを照準している。

「やめて!」

 背にロザリアを庇い、両手を広げるオフィーリアを見て、アガレットは高らかに哄笑した。

「愉快だこと。あいの子に庇われるなんて。次期女王候補と聞いていたけれど、大したことないわね」

「高慢な貴方より、ロザリアの方が遥かに女王に相応しいわ!」

 睨みつけるように吐き捨てると、アガレットは綺麗に片眉を上げてみせた。

「あらそう? みすぼらしいあいの子に、できそこないの薔薇の精霊。お似合いの二人ね」

 アガレットは手を高く振り上げた。咄嗟に眼を瞑ったオフィーリアは、体当たりされるように突き飛ばされた。
 尻餅をついて見上げると、腕を拡げたロザリアが、オフィーリアの前に立っいていた。何があっても、オフィーリアを守るのだと気迫が伝わってくる。

「フィー、逃げて!」

「ロゼッ」

 美しくも凄惨な笑みを、薔薇の女王は浮かべた。
 手加減などするつもりはないのだろう。力ある原初の薔薇の精霊だ。彼女が本気になれば、二人とも無事では済まされない。

「目障りなのよ。出ていかないのなら、私が追い出してやるわ」

 非常の手が振り下ろされる――オフィーリアは叫んだ。

「アガレット! メル・アン・エディールッ!!」




3章:気まぐれな夜に、薔薇祭の調べ - 5 -


prev index next