メル・アン・エディール - まほろばの精霊 -

2章:まほろばの楽園と、泡沫の寵愛 - 12 -


 午睡の微睡から醒めると、陽はとうに沈んでいた。
 目深にフードを被ると、オフィーリアは密かに私室を抜け出した。
 中庭の隅を渡る途中、気配を感じて木陰に身を隠すと、蔦の絡まる回廊を美しい古代精霊ティタニア達とアシュレイが並んで歩いていた。
 気品と自信に満ちた、美しい薔薇の精霊達……
 素顔を晒して、アシュレイの隣に並べる彼女達を、ほんの少し羨ましく感じてしまう。
 静かな森へ帰りたい……
 何も知らなければ、誰かを羨むこともなかった。我が身の醜さに、再び傷つくこともなかったのに。
 天空に向けて小さな溜息をつくと、音も立てぬよう、その場を去った。
 青苔青花せいたいせいかに覆われた、美しい草木の海原。
 人気のない泉までやってくると、水面に足をひたして、岸部にかけた。いつもしていたように、背中を倒して寝転がってみる。

「はぁ……帰りたい」

「相変わらず、陰気くさいなぁ」

「アスティー!」

 慌てて起き上がると、朱色の髪に金瞳のかわいらしい少年、ハニーサックルの妖精が傍に立っていた。あいの子のオフィーリアにも、気兼ねなく声をかけてくる、変わり者である。

「もう、びっくりした……」

「僕は、気まぐれな放浪者なのさ」

 悪戯っぽい笑みを浮かべて、少年は陽が咲いたような笑顔を浮かべた。
 以前、ここで歌声を聞きつけたアスティーに声をかけられて以来、二人は友達になったのだ。
 悪戯が大好きで、時に迷惑を振り撒く困り者ではあるが、愛すべきお調子者である。

「フィーも薔薇祭に出るんだろ?」

 当然といわんばかりに訊ねられて、うっとオフィーリアは返事に詰まった。

「……出たくない」

「えぇ? 黄昏の君を一目見たい連中が聞いたら、がっかりするぞ」

「やめて」

「なんで、死にそうな顔をしているのさ? 我が君の寵愛を頂いているのに」

「そうじゃないのよ……」

「どう見ても、我が君はフィーにぞっこんラブだ」

「やめてったら」

 その変テコな言葉は、精霊界で流行っているのだろうか? 不服気に腕を組むオフィーリアを見て、アスティーは不思議そうに首を傾げた。

「変なの。誰もが、我が君の心を射止めたいと願っているのに」

「私は望んでいない」

「相当変わっているよね。フィーって」

「……アスティーにいわれたくない」

 ふて腐れたように告げると、ぽんぽん、と気安く肩を叩かれた。

「なんで暗いのか意味不明だけど、まぁ、いっておいでよ」

 ぷいと顔を背けるオフィーリアを見て、アスティーは愉快そうに笑った。

「楽しみが一つ増えたなぁ。我が君と並んで歩く姿を、見物してやろう」

「やめてちょうだい。アスティーも薔薇祭にいくの?」

「もちろん! 賑やかな音楽、それに天上の珍味が味わえるんだぜ? 僕、果実酒を全種類制覇するんだー」

 陽気に笑うアスティーを見て、オフィーリアは眼を和ませた。

「……私も一緒にいていい?」

「えぇ?」

「いけない?」

「君の隣に立つのは、恐れ多くも、我が君なんだぜ! 僕が近付けるわけないだろ」

「アスティーと一緒にいた方が、気が楽なんだけど……」

「罰当たりだなぁ」

「視線が怖いの。誰にも見られたくないのに、我が君の隣に立てば、きっと皆が見るわ」

 表情を曇らせるオフィーリアを見て、アスティーは溜息をついた。

「君は悲嘆し過ぎなんだよ。いうほど酷くないぜ。斑の肌も個性的で、僕はイケてると思うけど」

「そういってくれるのは、アスティーだけよ。自分でも気味が悪いと思うもの。こんな姿、大嫌い」

「いいかい、君は羨望の的なんだぜ? 天上の貴婦人だって、君のことが羨ましくて仕方ないのさ」

「嬉しくないわ。この状況を、喜んでいるわけじゃないのよ……今すぐにでも、ロゼと一緒に帰りたいくらい」

「まぁまぁ、薔薇祭に出ないわけにはいかないんだから、もっと楽しもうぜ!」

「他人事だと思って」

「綺麗な衣装を着て、美しい精霊に傅かれて、美貌の精霊王の隣で、お妃気分を味わえると思えばいいじゃないか!」

 恐怖に悶えそうになり、オフィーリアは両腕を摩った。軽く応えるアスティーを睨みつける。

「いっそ、アスティーが私の代わりに、我が君の隣に立てばいいんだわ」

「馬鹿いえって! できっこないだろぉー」

 馬鹿笑いをしたと思ったら、アスティーはぎょっとしたように眼を瞠った。次の瞬間、唐突に姿を消してしまう。呆気に取られていると、

「随分と楽しそうですね」

 冷ややかな声に、ぎくりと肩が撥ねた。
 この清廉な冷気は……ぎこちなく振り向くと、思った通り、美貌の精霊王がいた。冬の湖水を思わせる瞳で、こちらを見つめている。




2章:まほろばの楽園と、泡沫の寵愛 - 12 -


prev index next