メル・アン・エディール - 無限海の海賊 -

7章:ニーレンベルギア邸襲撃 - 2 -


 身支度を終えて食堂に行く前に、念の為、第二甲板の船室デッキを覗いてみた。判っていたことだが、誰もいない。
 昨夜はかなり盛り上がっていたし、皆まだアルバナにいるのだろう。オリバーと一緒に出掛けたかったけれど、仕方ない。明日は一緒に遊びに行きたいものだ。  船室を出て今度こそ食堂へ向かうと、奥のテーブルにシルヴィーやアマディウス達の姿を見つけた。
 二人は何やら紙面を眺めている。先日拡げていた、ロアノス海洋研究局の最新の調査報告について話しているようだ。
 それから、揃いの青い制服に身を包んだ美女二人――プリシラ、ジゼルと、彼女達の上司、ユヴェール・オーストームが寛いでいる。
 ティカに気付いて、それぞれ「お早うティカ君」「おはよ」「お早うございます」と声をかけてくれる。
 三人共、容姿にとても恵まれている。白い肌に艶やかな灰金髪、金緑の瞳をしており、聞けば同郷だという。とても海賊に見えない洗練された容姿をしているが、事務仕事から戦闘までこなす有能な乗組員だ。
 シルヴィーもティカに気付いて手を上げた。先ほど船長室キャプテンズデッキで味わった気まずさはどこにもない。
 密かに胸を撫で下ろしながら隣に座ると、彼もまた、どこかほっとしたような顔をしていた。

「ヴィーは?」

「すぐにくると思います。僕、先に出て船室に寄ってたから」

「そういえば、オリバーは?」

「たぶん、まだアルバナ……」

 告げ口をしているような、若干の後ろめたさを味わいながら応えると、シルヴィーは呆れたような眼をした。

「どうしようもないな。陸にいる間は、酒浸りになる奴ばかりだ」

「シルヴィーは遊びに行かないんですか?」

「商談が終われば、俺も好きにさせてもらうさ」

 雑談していると、ヴィヴィアンがやってきた。ティカ達を見渡して、いつも通りの少し気取った、優雅な笑みを浮かべる。

「お待たせ、諸君」

「ヴィー、ナプトラ諸島の調査報告は読んだ?」

 咥えていたパイプを手に持ち、アマディウスは紙面を指差してヴィヴィアンに見せた。

「読んだよ。水深一万メートルのブルーホールだろ。面白そうだよね。ダリヤで工業用の鋼玉コランダムが手に入れば、潜水服を作って挑んでみる?」

 気安い口調でヴィヴィアンが提案すると、アマディウスは判り易く眼を輝かせた。

「ぜひ。メテオライト級のエメラルドを手に入れるチャンスだよ」

「あまり余裕はありませんよ。十月にはアプリティカに戻らないといけないのですから」

 拍車のかかりそうな冒険話に、片眼鏡モノクルの似合う知的な青年紳士、ユヴェールは水を差した。
 彼はアマディウスと同い年らしいが、落ち着いた雰囲気のせいか、彼の方が年上に見える。
 どうして海賊船に乗っているのかはなはだ疑問であったが、ヘルジャッジ号が別名カーヴァンクル号と知って謎は氷塊した。彼は目利きの海上商人――宝石商人なのだ。

「どうせ通り道だよ。それに競売品が増えるのはいいことだろう?」

 もう既に乗り気になっているらしいヴィヴィアンは、乗組員の忠告を、好奇心の透けた笑顔で跳ね除けた。

「何の話ですか?」

 気になって口を挟むと、ヴィヴィアンは微笑んだ。

「次の航海について検討中なんだ。決まったら教えてあげる」

 四ヶ月ぶりの上陸なのに、もう次の航海の話をしている。カルタ・コラッロでものんびりするつもりはないらしい。

「よし。さぁ、行こうか」

「アイ、キャプテン」

 ヴィヴィアンが呼びかけると、全員が異口同音に唱和して席を立った。

 +

 カルタ・コラッロは、街の中央を広大なシャナル河が横断しており、これから行くエルメス市場は、ヘルジャッジ号の止まっている波止場の対岸にある。
 ティカ達はゴンドラに乗って対岸へ渡った。
 離れていてもエルメス市場の場所はすぐに判る。市場の奥に、黄金色に輝く寺院の尖塔が見えるからだ。
 桟橋から尖塔を目印に歩いて行くと、間もなく市場に辿り着いた。
 開け放たれた巨大な鉄扉てっぴの左右には、大口径の重火器を背負った警備兵がおり、戦神のように睨みを利かせている。
 思わず出入りを躊躇う物々しさだが、頭巾で頭を覆った伝統装束姿の人々は、気にした風もなく市場に出入りをしている。
 ヴィヴィアンは門前で立ち止まり、商談に向かうシルヴィー達を見やった。

「それじゃ、ここで別れよう」

「判った。そっちも気をつけろよ」

「……商談の様子を見てみたいな」

 ふと呟くと、シルヴィーに苦笑された。

「止めた方がいい、こっちは一日掛かりになる」

「ティカ君はヴィーと遊んでらっしゃい」

 紳士然としたユヴェールもシルヴィーに同意するように、穏やかに微笑んだ。

「そんなにかかるんですか? アマディウス大丈夫?」

 思わず、陽の下でも青白い顔の青年を見上げた。彼は仕方ないと言わんばかりに、首をすくめてみせる。気だるげな仕草は相変わらずだが、アメシストの瞳には爛と闘志が燃えている。まれなる宝石の為か。

「仕事は彼等に任せておけばいいさ。さぁ、行こう」

 身勝手、つ鷹揚に笑うと、ヴィヴィアンはティカの肩を抱いて、見送ってくれるシルヴィー達に手を振った。




7章:ニーレンベルギア邸襲撃 - 2 -


prev index next