メル・アン・エディール - 無限海の海賊 -

6章:告げる想い、秘する想い - 1 -


 とぼとぼ桟橋に向かう道すがら、薄汚れた外套をまとった麗人とすれ違った。
 白皙はくせきの麗貌もさながら、いかにも柄の悪そうな悪漢達に追われている事態に、自然と視線を奪われた。
 悪漢共の下卑た笑い声を聞いて、ティカは考えるよりも先に身体が動いた。
 疾風のように駆けて、男達の背後を捉えるや、弧を描いて飛び蹴りをお見舞いする!

「ぐぁ……っ」
「誰だ!?」
「何しやがるッ!!」

 怒号と共に男達はティカに襲いかかるが、少しも怖くない。
 航海の間、格闘剣技や体術の稽古をかかしたことはない。ごろつきの重たい動きなど、止まっているかのように感じる。

「すばしっこいガキめ!」

 一人が腰から短剣を抜いた。月明かりを弾いて、剣尖けんせんは銀色に光る。
 それでも、恐怖は微塵も感じない。“刃には武器で相手を”……ロザリオの教えだが、戦闘能力にこうも開きがあれば別だ。
 大振りで下ろされる刃の軌道を難なくかわし、空いた脇腹に遠慮なく蹴りを放った。
 分厚い節くれだった手から、ナイフが零れ落ちる。宙に浮いたナイフを右手で掴み直し、背後に回った男に突きたてようかと思い――止めた。
 一瞬、怯んでしまった。
 聞きかじった技術を実戦でやるものじゃない。
 それに、血を流さずとも撃退可能だ。後ろへ回った男には、そのまま回し蹴りを入れる。

「ぐっ!!」

 ティカはあっという間に、三人もの大の男達を片付けた。勝利による高揚感が湧き起こる。けれど油断は禁物だ。

「こっち!」

 様子を窺っていた麗人の手を取るや、一目散に駆け出した。アルバナの大通りまで戻れば、人通りも盛んであろう。

「ありがとうございます」

 綺麗なアルトの声を聞いて、ティカは少し目を瞠った。中性めいた美貌とは思ったが、少女ではなく少年だったらしい。

「お家は?」

「大丈夫です。通りに戻れば、知り合いがいます」

「アイ」

「お名前は?」

「ティカ」

 応えた途端、隣で小さく息を呑む気配がする。不思議に思い隣を見ると、眼が合うなり少年は微笑んだ。

「――素敵なお名前ですね。私はユリアンと申します」

 月灯りを浴びて、編み込まれた白金の頭髪は煌めいて見える。解けば腰まで届くであろう。
 宝石のような翠瞳すいとうが印象的な、いかにも儚げな美貌の少年だ。

「独りであんな暗い道を歩いては危ないよ」

「すみません、道に迷ってしまって……気をつけます」

 少年は印象通りの儚げな笑みを浮かべた。
 彼を助けることができて良かった。放っておけば、あの悪漢共はきっと、この美しい少年によからぬことを働いたに違いない。

「それじゃ、気をつけて」

「はい。ご親切に、ありがとうございました」

 大通りまで送り届けた後、手を振って気持ちよく別れた。
 ヘルジャッジ号に戻ることが憂鬱で仕方なかったけれど、ユリアンのおかげで少々気が紛れた。
 しかし――
 黒塗りの大型帆船が視界に映ると、ティカの心は再び沈んだ。ヴィヴィアンの顔を見るのが怖くて堪らない。
 びくびくしながら甲板に上がると、早速、乗組員に見つかった。

「ティカ! どこへ行ってたんだよ!」

「えっと……」

「キャプテンが探してたぞ!」

「お、怒ってた……?」

 恐る恐る尋ねると、兄弟はにやにやと、人の悪い笑みを浮かべた。

「そりゃぁ、もう! お前、本当にキャプテンとどんな関係なんだ?」

「どんなって……」

「店に乗りこんで行きそうな勢いだったぜ。班行動してるって聞いて、一応落ち着いたけどよ。一人で戻ってきたのかよ、危ねぇなぁ! 女の匂いがプンプンするぜぇ」

 ティカは慌てて自分の腕や服の匂いを嗅いだ。
 水夫は他人事とばかりに、おろおろするティカの肩を叩いて、笑いながらどこかへ消えてゆく。
 ぽつんと甲板に取り残されると、またも別の船員に声をかけられた。

「お、ティカ。キャプテンが探してたぜ」
「早く船長室キャプテンズデッキに行った方がいいぞ」
「気ぃつけろよ。すげぇ、機嫌悪かったぜ」

 言われれば言われるほど、恐ろしくなってくる……
 上甲板の扉の前で立ち尽くしていると、船橋ブリッジから出てきたシルヴィーに見つかった。

「ティカッ!!」

「ごめんなさいっ」

 脊髄反射で謝罪と共に頭を下げた。

「なんで黙って船を下りたんだ」

「ごめんなさい」

 悄然と呟くと、シルヴィーは険しい表情を幾らか和らげ、呆れ気味にため息をついた。

「ふん。大人しく怒られてこい」

「うぅ……」

 ティカが死にそうな顔で呻くと、シルヴィーは意地の悪い笑みを浮かべた。

「自業自得」

「アイ……」

 ご尤も……
 上甲板の扉を開けて中へ入ったものの、船長室の前で、またしても足は止まった。
 ヴィヴィアンの叱責を思うと怖くて仕方がない。
 叱責が怖いだなんて、本当に子供みたいだ。この数ヶ月の間に、幾度も荒波を体験したのではなかったか。十五歳にもなった。もう一人前の船乗りだ。なのに、足が動かぬ……




6章:告げる想い、秘する想い - 1 -


prev index next