メル・アン・エディール - 無限海の海賊 -

5章:カルタ・コラッロ - 15(5章完) -


 恋煩いに、悄然とため息をつくと、マリアンヌは慈母のような笑みを浮かべた。

「ティカもとても素敵よ。上手くいくといいわね……」

 無言で頷くと、彼女は優しい手つきでティカの頬を撫でた。

「……そうだわ、宝石の魔術を一つ教えてあげましょうか?」

「宝石の魔術?」

 興味を引かれて顔を上げると、照明を映して煌めく、はしばみの瞳と視線がぶつかった。

「そうよ、月とダイヤモンドの魔術」

「どんなもの?」

 前のめりでティカが食いつくと、マリアンヌは少し気取った仕草で人差し指を立てた。崇高な学問を説くように、しかし、微笑みながら口を開く。

「いいこと? ダイヤモンドを身につけて、意中の相手を想い浮かべながら、夜の街を一刻歩き回るの。その間、決して、知り合いに会ってはいけないし、一言も口を利いてはいけないわ。そして家に戻ったら、宝石を身に着けて“彼は私のもの”……って念じながら眠りにつくのよ。恋敵に打ち勝ち、意中の相手の心を手に入れられる魔術よ」

 ティカは、その道にかけて最強の魔法を手にしていることも忘れて、真剣な顔で頷いた。

「――見つけた!」

 突然、しわがれた声が会話に割って入った。
 眼を丸くして振り向くと、こちらを指差す、水夫仲間のボーラと眼が合った。彼は機械義足とは思えぬ素早さで、一直線に近付いてくる。

「おい、ティカッ! キャプテンがえらい剣幕で怒ってたぜ。とっとと帰ってこいだとよ!」

 彼は胴間声どうまごえを響かせるや、突き立てた親指をくいっと店の扉に向けた。

「えっ!?」

「やっべ! キャプテン、もう帰ってんのかよッ」

 頓狂とんきょうな声を上げるティカの横で、ブラッドレイはぺちんと額を叩いた。かくなる上は、とティカを振り返る。両肩をガシッと掴まれて、ティカはたじろいだ。

「な、何っ」

「全力でキャプテンの機嫌を取ってこい」

「ど、どうやって」

「馬鹿め、ここで何を学んだんだ? アルバナの淑女のようにキャプテンに接すりゃいいんだよッ!!」

「え、えぇ――っ?」

 驚愕に悲哀を乗せて、ティカは叫んだ。無茶苦茶だ。

「うぅ……頭痛い……」

 話し声が頭痛に響いたのか、オリバーはいかにも死にそうな声で呻いた。力尽きたかのように、突っ伏す。撃沈。自慢の耳も尻尾も、力なく垂れているではないか。

「オリバー、大丈夫?」

 ぴくりとも動かない親友の肩を揺らすと、マクシムが軽々と抱え上げた。

「お前ら、抜け出すならもっと上手くやれよなぁ。檣楼トップで見てた奴がいたんだよ」

 呆れたようにボーラが言うと、ちくしょう、とブラッドレイは悔しがった。次いでティカの肩をぽんっと気軽に叩く。

「まぁ、上手くやってくれ。俺らは泊ってくわ」

「健闘を祈る」

 ブラッドレイとオリバーを抱えたマクシムは、蒼白になるティカを置いて舞台部屋を出て行こうとする。

「み、皆は一緒にきてくれないのっ!?」

 遠ざかる背中に必死に声をかけるが、兄弟は振り向きもせず、手を閃かせるだけであった。

「そんなぁ……」

 世にも情けない声で訴えたが、彼等の足取りは、非情なまでに淀みがない。
 優しいマリアンヌだけは、心配そうにティカを見つめていたが、ボーラは彼女の細腰を抱いて、容赦なくティカから引き離した。

「ほらほら、諦めて早く帰んな!」

 味方は一人もいない……

「うぅ……」

 ボーラに乱暴に頭を撫でられ、ティカはがっくり項垂れた。




5章:カルタ・コラッロ - 15(5章完) -


prev index next