メル・アン・エディール - 無限海の海賊 -

3章:古代神器の魔法 - 5 -


 ホバーバイクで翔け続け、ようやく海の彼方にヘルジャッジ号の船影を見つけると、ティカは喝采を叫んだ。

「やったー!」

「ようやく追いついたか。流石、シルヴィー。安定、迅速、正確な航行だ」

 ヴィヴィアンも嬉しそうだ。ティカを背負っている分、余計に疲れているだろう。
 ヘルジャッジ号の皆も気付いたようで、甲板に人が集まってきた。帽振りで歓迎してくれている。近付くにつれて、歓声も聞こえてきた。

「キャプテンッ!!」

「ティカ――ッ」

 オリバーの姿も見える。ティカも腕をいっぱいに振った。
 舷側の手前で止まると、甲板にいた仲間が引き上げてくれた。

「良かった! 心配したよ!」

 オリバーはティカの首に飛びついた。相変わらず強い力だ。首が締まって苦しかったけれど、ティカは嬉しかった。無事に帰ってこれて、本当に良かった。

「お帰り、ティカ」
「おう、坊主。無事だったか」
「無事か?」

 船室の仲間達も傍にきて、ティカの無事を喜んでくれる。ヴィヴィアンもたちまち皆に囲まれた。
 しかし、シルヴィーだけは険しい顔つきで声を荒げた。

「いい加減にしろよっ!!」

 鋭い怒声が甲板に響き渡る。まぁまぁ、と取り成す声が続いたが、シルヴィーは怒りを解かなかった。

「シルヴィー、ただいま」

 ヴィヴィアンは少しも悪びれずに微笑んだ。彼のこうした悠然とした態度が、時にシルヴィーを激怒させるのだろう。

「あんな別れ方があるか! 死んだら、どうするつもりだったんだ!!」

「ちゃんと戻ってきたろ?」

「只の結果論だ。浅慮にも程がある! アンタは、宝に眼が眩んで、俺達全員を見捨てたんだよッ!!」

 シルヴィーが吐き捨てるように怒鳴ると、シン……と甲板の上は静まり返った。
 たった今、無事に生還したばかりなのに、これから敵と一戦やり合うみたいだ。重々しい、緊迫した空気が甲板に流れている。

「そうじゃない。怒るな、シルヴィー。俺は、絶対に帰ってくる自信があったよ。勝機がなけりゃ、いくら俺だって、好き好んで海の崖に飛び込んだりしないさ」

「勝機だぁ? 言ってみろよ」

 全員が固唾を呑んで、二人のやり取りを見守っている。

「一つ、襲ってきた敵は海底に沈み、残りは無限幻海から逃げ去った。二つ、この魔導ホバーバイクは最大速三十ノット、走りながらエーテル吸収する優れものだ。無限幻海からリダ島までの海里を通しで飛んでも問題ない。三つ、俺は絶壁を駆け下りれる――なぜなら、シルヴィーはよく知っているだろ?」

「……ふん。そんなものは全部、後付だ」

 シルヴィーは文句を垂れたが、怒髪天をつく怒りは治まったらしい。和らいだ表情を見て、全員が安堵の息をついた。どうやら、局地的嵐は過ぎ去ったようだ……

「いいや、前提だとも」

「それで、無限幻海はどうだったんだ?」

 シルヴィーが核心をつくと、周囲に集まっていた兄弟達も、耳を澄ませた。

「残念ながら宝の山はなかったが、素晴らしい景色は拝めたよ」

 ヴィヴィアンが鷹揚に笑うと、全員がっかりした表情を浮かべた。最大の成果である、古代神器の魔法に触れないので、ティカは不思議に思ったが、ヴィヴィアンに視線で“静かに”と合図された。

「――でも約束通り、全員に特別報酬を出そう! 危険な航海に付き合ってくれてありがとう、諸君! 感謝しているよ」

 ヴィヴィアンが気前よく叫ぶと、割れるような喝采が湧き起こった。

「ヒャッホーッ」
「さっすが、キャプテン!!」
「報酬――っ!!」

 上手い酒に報酬さえあれば、兄弟達は概ね文句はないのである。

 +

 その後、ヴィヴィアンは甲板を去り、応接室にシルヴィー、ロザリオ、サディール、その他何名かの乗組員、そしてティカを呼んだ。

「詳しくはこれから調べるけど……実は、古代精霊の魔法を見つけた。ティカが持ってる」

 全員の視線が集中し、ティカは引きつった笑みを浮かべた。

「ほう。どんな魔法なんだ?」

 シルヴィーは素っ気ない口調で尋ねた。

「聞いて驚け、一つはバビロン帝国の扉を開く魔法で、もう一つは、人の心を盗む魔法らしい」

「ほう。驚いたな」

 微塵も驚いていない。ティカを見つめる冷然とした眼差しは“冗談はよせ”と雄弁に語っている。

「あの、本当なんです……ただ、僕、ちゃんと使えないんだけど」

 しどろもどろで応えると、隣にやってきたヴィヴィアンに肩を抱き寄せられた。

「魔法を手に入れたのは本当だよ。この眼で見たからね。発動の仕組みは、調べる必要がありそうだ」

「魔法ね……つまり、アンタの道楽で骨折り損だったわけか」

 シルヴィーは鼻でわらった。ティカは凍りつき、ヴィヴィアンは軽く肩を竦める。

「シルヴィーも言ってたじゃない。下心のある人間は、触れることも叶わないって。あれ、本当だったよ。俺は触れようとしたら火傷したんだけど、ティカは難なく触れることができたんだ」

 ヴィヴィアンは「ほら」と指先を見せたが、シルヴィーの冷たい眼差しは変わらなかった。

「お大事に。あんたと比べたら、俺だって聖人君主だ。まさか、それだけの理由でティカを連れて行ったのか?」

「それもあるけど、勘だよ」

「俺はなんで、こんな奴の船に乗ってるんだろう……」

「寛容こそ、友情の証だよ。シルヴィー」

 ヴィヴィアンは微笑んだが、シルヴィーは憂鬱そうに瞑眼した。

「魔法は本当にあったんです!」

 ティカが訴えると、ならやってみせろ、とシルヴィーは切り返した。怯むティカを見て、ヴィヴィアンは頭を撫でる。

「まぁ、なんだ……よく無事に帰ってきたな」

 サディールは、同情するようにティカを見た。

「魔法だか何だか知らないが、報酬をもらえるなら同じことだ」

 ロザリオはにやりと笑う。
 誰も信じてくれないのかと思うと、悲しみが込み上げてきた。確かに魔法を手に入れたのに、証明することができないなんて。

「シルヴィー、メル・アン・エディール……」

 ティカは、ぽつりと呟いた。どうして魔法を使えないのだろうと思いながら。




3章:古代神器の魔法 - 5 -


prev index next