メル・アン・エディール - 無限海の海賊 -

2章:エステリ・ヴァラモン海賊団 - 9 -


 試練の時は乗り越えたが、ヘルジャッジ号は未だ嵐の中を進んでいた。
 穏やかな夜とは程遠い、嵐の夜。
 叩きつけるような雨音を聞きながら、ティカは眼を閉じた。部屋が明るいうちに眠ってしまいたかったけれど、ヴィヴィアンも流石に疲れているらしく、すぐに部屋の明かりを落としてしまった。
 こんな嵐の夜は、どうしても思い出してしまう。
 サーシャ……
 悪夢のような七日間だった。
 薔薇色の頬をしていた、誰よりも大好きな少女は、見る見るうちに精気を失い、力なく病床からティカを見上げていた。
 あまりにも、あっけない、早過ぎる別れ。
 いつの日か大人になったら、幸福とはほど遠い灰色の幸福館を飛び出して、サーシャを連れて王都へ降りてみたかった。
 お金を稼いで、ささやかでもいいから自分の家を持ち、そこにはサーシャがいてほしかった。
 ほんの一ヵ月前まで胸に抱いていた夢。今はもう、過ぎし日の、叶わぬ夢――

「サーシャ……」

 今でも幸せを感じた途端、奈落の底に突き落とされたように、眼の前が真っ暗になることがある。
 サーシャは言った、

 ”ねぇ、ティカ。私ずっと一緒にいるわ。ティカが瞳に映すものを、私も風になって見る。そよ風が吹いたら、私を探して。きっと傍にいるから”

 だけど、そよ風が流れても、サーシャが傍にいてくれるなんて思えない。むしろサーシャはもういないのだと、思い知らされる。

「……っ」

 今でも胸が痛い。彼女を想う度に泣いてしまう。ティカは賢くないけれど、胸を締めつける、この感情の正体を知っている。本当に好きだったのだ……サーシャのことを。

「ティカ……」

「……っ」

 いつの間にか、傍にヴィヴィアンがいた。涙で頬に張りついた黒髪を、長い指で耳にかけてくれる。

「そんなに悲痛な声で泣かないでよ……気になって眠れない」

「すみませ……」

「嵐が怖い?」

 男が簡単に泣くんじゃないと、以前、ヴィヴィアンに叱られたことがある。涙を乱暴に拭っていると、宥めるように髪を撫でられた。

「海の男だって、嵐は怖いものさ」

 ティカが何も言えずにいると、ヴィヴィアンは腕を伸ばして、ティカをハンモックから抱き上げた。柔らかいベッドの上に下ろすと、上からシーツをかけて、あやすようにティカの胸を叩いた。

「眠れそう?」

「……」

「いつもは無邪気に笑ってるのに、随分と……切ない泣き方をするね。どうしたの?」

「サーシャを思い出し……っ、ふ、すみませ……」

 優しく頭を撫でられたら、堪えていたものが一遍に溢れ出した。

「サーシャが恋しい、会いたい……」

「ティカ……」

「あの七日をやり直したいッ」

「……」

「サーシャの為なら何だってできたのに、なんで、僕は何もせず、傍で見てたんだろうっ」

 思い知らされる。今も少しも立ち直れていないのだと。胸に巣食う、深い後悔が消えない。オリバー達と愉快に笑っていても、たった一度の嵐で、世界は再び闇の中。たちまち無力で弱い人間に戻されてしまう。

「サーシャは、ティカが最後まで傍にいてくれて……きっと救われたと思うよ」

 ティカは首を振った。自分は見ているだけで、サーシャを救えなかったのだ。

「やり直せるなら、幸福館を飛び出して、街に降りて大声で叫ぶんだ。街一番の医者が応えてくれるまで、何度でも!」

「そうだね……」

「それから、プラムをもらって……盗んでもいい、たくさん持ち返って、サーシャに食べさせる」

 ヴィヴィアンは優しく笑った。

「プラムはティカが好きなだけだろ?」

「僕もだけど、サーシャも好きだから……」

「よく判ったよ。ティカに愛を教えたのは、サーシャなんだね」

 また涙が溢れてきた。その通りだ。ティカにこの気持ちを教えてくれたのは、サーシャだ。あらゆることを、愛することを教えてくれた……
 瞬きもせずに涙を零すティカを見て、ヴィヴィアンは頬を包み込んで額と額と合わせた。

「サーシャは聖者だ……ティカの愛は、少女の死を癒したはずだよ。あらゆる苦しみから解放されて、アンフルラージュの御許に召されたんだ」

「ふ……、ぅ……っ」

 ティカはヴィヴィアンの両腕に縋るようにしがみついた。
 そうであって欲しい。誰よりも幸せになってほしかった少女だ。この世で得られなかったものを、天上の世界で全て満たして欲しい。

「……素晴らしい恋をしたんだね。年は関係ないな」

 羨望の滲んだ声を聞いて、ティカは不思議に思った。ちっぽけな自分とは比ぶべくもなく、輝くように美しいキャプテンは、強くて、賢くて、嵐の海だって乗り越える力を持っているのに――

「出港の時、傍にいたあの綺麗なひとは……? 彼女、キャプテンのことが大好きだと思う……」

「俺は魅力的な男だからね。周りが放っておかないのさ」

 自信たっぷりの言葉に、ティカは思わず頬を緩めた。傲慢な言い方だけれど、ヴィヴィアンが言うと不思議と嫌味に聞こえない。その通りだと思うから。

「――でも、そんな簡単に差し出される心を、欲しいとは思わないんだ。一口齧ってお終い。俺は捻くれ者でね」

「僕がサーシャに会えたように……キャプテンも絶対、そういう……出会えると思う」

「そうだといいな」

「あの嵐の七日間、僕は女神様に見捨てられたと思ったけれど……貴方に出会えて、女神様が戻ってきた」

「ティカ……」

「僕を船に乗せてくれて、ありがとうございます。ここは僕の家。ずっといたい。いつまでも……」

 ヴィヴィアンは思わず、といった風にティカの額にキスを落とした。

「いなよ」

 大きな手が、何度も優しく髪を撫でてくれる。ティカは暖かいヴィヴィアンの腕に寄り添いながら、静かに瞳を閉じた。
 どうしようもなかった悲しみが、ヴィヴィアンの傍でほんの少し、溶けていくのを感じながら……




2章:エステリ・ヴァラモン海賊団 - 9 -


prev index next