メル・アン・エディール - 無限海の海賊 -

2章:エステリ・ヴァラモン海賊団 - 8 -


 王都パージ・トゥランを出港してから二十五日。
 天候に恵まれたヘルジャッジ号は、順調に無限幻海に向けて突き進んでいた。もう二、三日もすれば、噂に名高い幻の海を拝める――航海の終着に、船員達は胸を躍らせていた。
 ところが、二十七日目。濃密な靄がたちこめ、一寸先も見えなくなった。ヘルジャッジ号は警戒態勢で減速して進んだ。
 翌々日、二十九日目にして煙霞えんかは晴れたが――

「船尾東! ジョー・スパーナだっ!!」

 檣楼トップから水夫が大声で叫んだ。甲板は騒然となり、水夫達は一斉に船縁ふなべりに張りついた。真剣な顔で海の彼方を見やる。
 シルヴィーとヴィヴィアンも既に甲板に姿を見せている。休憩していたティカも、オリバーと一緒に主甲板に飛び出した。

「五十、いや百はいるぞ!」

 ついに水平線の彼方に、ジョー・スパーナ率いる海賊団隊の船影を視認した。もはや、望遠鏡を使わずとも肉眼で確認できる。敵は総帆して、ヘルジャッジ号に迫る勢いだ。

「あいつら、砲門開いてますぜ!」

 甲板は殺気立ったが、暗雲立ち込める空を見上げて、ヴィヴィアンは戦闘準備に「待った」をかけた。信心深い船乗り達も、たった今晴れていたはずの不気味な空を見上げて、口々に祈りの言葉を囁いている。

「どう思う、シルヴィー?」

 航海長は携帯観測具の蓋を閉じると、厳しい顔で首を振った。

「呪われてるとしか思えないな……靄が局部的に晴れたせいで、照りつける太陽熱が海水に届いている。この辺り一面に、強烈な上昇気流が発生しているんだ」

「湿った空気だ。スコールになるね」

「急速に気圧が下がっていく。スコールがきたと思ったら、あっと言う間に嵐に変わるぞ。この間と同じだ。あいつらの相手をしている暇なんてない」

 シルヴィーの厳しい意見を聞くなり、ヴィヴィアンは甲板に向かって叫んだ。

「全速力で逃げ切るぞ! 総員配置につけ!」

「アイアイ、キャプテンッ!」

 甲板部員達は声を揃えて吠えた。

「機関を停止しろ! 風を生かせ!」

 ヴィヴィアンが続けて指示を飛ばすと、重ねるようにしてシルヴィーが声を張り上げる。

「風向きが変わる。時計と逆回りの強風に備えろ! 可航半円に突き進め、向かい風を受けて進むんだ!!」

「アイ、サーッ!!」

 秒単位で空は暗く濁っていく。シルヴィーの言う通り、やがて霧雨が降り注ぎ、瞬く間に牙を剥いた。つぶてのような雨粒が容赦なく斜めから叩きつけてくる。嵐の始まりだ。

「エーテル補給した傍からこれだ! ヴィー、後悔はないか!? “鍵”を渡すなら、今からでも遅くないぞ!」

 シルヴィーは主帆柱メイン・マストの下で索具を締めながら、腹立たしそうに叫んだ。ヴィヴィアンは、断る! と笑い飛ばした。自信たっぷりに空を指差して、甲板に向かって声を張りあげた。

「勇敢なる諸君! 神風だ! 天が俺達に味方しているぞ! ほら見ろ、向こうは足止めくらってる。引き離すチャンスだ!!」

 頼もしいキャプテンの言葉に、甲板部員達は笑いで応えた。

「神風ときたもんだ!」
「違いねぇ! 距離を稼いでやろうや!!」

 全員が忠実に自分の仕事に取り掛かった。帆柱マストを登る水夫達は足場綱あしばづなを頼りに、風を孕んで暴れる帆を帆桁ヤードに巻き付けて確実に留める。下で動索を握る水夫達も、エェイッ! オォッ! と声を合わせて、限られた帆だけを残し、次々と縮帆しゅくはんしていく。
 サディールやオリバー達は、いざという時のために船首から船尾まで命綱を張り渡している。ティカも手伝おうと飛び出したら、シルヴィーに見咎められた。

「邪魔だ! 中に入ってろ!!」

「でも!」

 オリバーだって嵐の中で作業をしている。ティカも何か手伝いたかった。そう思った傍から、足を滑らせて急斜面の甲板を転がった。
 次の瞬間、巨大な風浪ふうろうがヘルジャッジ号の脇に立ちはだかる。荒波は船縁を乗り越えて、ティカの真上から、甲板に向かって襲い掛かった。

「ティカッ!!」

 ヴィヴィアンは本気で叫んだ。波が引いて、索具に掴まるティカが姿を現すと、傾く甲板の上を巧みに走った。攫うようにティカを抱き上げ、そのまま船長室キャプテンズデッキに駆け込んだ。

「ティカ」

「キャプテン、僕も……っ」

 ヴィヴィアンは真剣な眼差しでティカを見つめた後、眼元を和ませた。木屑にまみれたティカの頭をくしゃっと撫でる。

「いい子だから、じっとしてな」

「キャプテンッ!」

 ティカが立ち上った時にはもう、ヴィヴィアンは扉の外へ飛び出していた。慌てて追い駆けたが、扉の前で思い止まった。
 悔しいが、シルヴィーに指摘された通りだ。今ティカが出て行っても、足手まといになってしまう……ここでじっとしているしかない。
 嵐は酷くなる一方だった。
 船長室の窓硝子を雨粒が激しく叩いている。空が割れるような雷鳴。あの日と同じ、鳴りやまないドラムロールと、叩きつけるようなシンバルの音――
 甲板にいる皆が心配だ。ティカは少し足を滑らせただけで、玩具みたいに甲板の上を転がった。ヴィヴィアン達はあんな危険地帯を動き回って、本当に大丈夫なのだろうか。

「海を治める女神アトラス様、どうか、ヘルジャッジ号をお守りください、どうか……皆を無事に帰してください。皆をお守りください、どうか……」

 殆ど自分に言い聞かせるように、ティカは床にうずくまり、両手を組んで天に祈り続けた。

 +

 一刻も経つと、外の様子は不思議な変化を見せた。
 海は大荒れだが、船の揺れは格段に緩やかになったのだ。やがてヴィヴィアンが船長室に戻ってくると、ティカは転がるようにして駆け寄った。

「キャプテンッ!」

 びしょ濡れのヴィヴィアンにしがみつくと、宥めるように頭を撫でられた。

「ただいま、ティカ」

「良かったぁ……っ」

「着替えなかったの?」

 同じくびしょ濡れのティカを見て、ヴィヴィアンは顔をしかめた。恐怖が去ると、途端に身体は寒さを思い出して震え始めた。身体のあちこちが強張っている。
 ヴィヴィアンはティカの頭をタオルで拭きながら、風呂に入ろう、と呟いた。どうぞ、というつもりで道を空けたら、ティカも腕を掴まれてバスルームに引っ張りこまれた。

「面倒臭いから一緒に入ろう。広いから大丈夫だよ」

 でも、と言い掛けたら問答無用で服を脱がされた。ヴィヴィアンは時々とても強引だ。自分も手際よく脱ぐと、涼しげなタイルの浴室にティカを押し込んだ。
 巨躯の水夫達に交じっていると細身に見えるヴィヴィアンだが、こうして傍で裸を見ると、肩も腕も逞しい。割れた腹筋もティカとはまるで違う……

「髪を洗ってあげる」

 ヴィヴァンはシャワーヘッドを持って、砂っぽいティカの髪を洗い流した。陶器のボトルから香しい液体を出して、頭をマッサージするようにかき回す。生まれて初めて味わう心地良さだった。

「わぁー……」

 爽やかな檸檬と海の香り。ティカは恍惚の表情を浮かべて眼を閉じた。身体から力が抜けていくようだ。逞しい胸に倒れ込むと、ヴィヴィアンは笑いながら肩を支えてくれた。

「ほら、しっかり立て。眼と口は閉じていろよ」

 ヴィヴィアンは仕上げに、髪にクリームを擦りこんでから洗い流した。更に温まった背中を、柔らかな麻布まふでこする。
 生まれ変わったようだ。髪も肌もいい香りがする。ティカは陶然としていたが、キャプテンに世話を焼かせていることに気がついて、慌てて姿勢を正した。

「キャプテン! 僕も洗います!」

 ティカが威勢よく申し出ると、ヴィヴィアンは口端を上げた。

「今度ね」

 そう言って、手際よく自分で洗う。ふと、腕に走る朱い筋に眼が留まった。

「キャプテン、血が……」

「大したことない。擦っただけだ」

 しなやかな筋肉のついたヴィヴィアンの裸体を見て、ティカは何となく、腕を曲げて力こぶを作ってみた。次いでファイティング・ポーズを取る。

「……何?」

「僕もキャプテンみたいになりたい」

 ヴィヴィアンは笑った。

「痩せっぽちめ。鍛える前に、食べて太りな。よし、上がっていいよ」

 ティカは自分の細い腕を見下ろし……拳を握りしめると、必ず太ってみせる、と固く心に誓った。




2章:エステリ・ヴァラモン海賊団 - 8 -


prev index next