メル・アン・エディール - 無限海の海賊 -

2章:エステリ・ヴァラモン海賊団 - 4 -


 身体を思いきり動かした後は、二人して甲板に転がって昼寝した。
 気持ちよく眠っていたら、通りがかった兄弟に、顔に水をかけられた。汗水流して働いている人の傍で、呑気に寛いではいけない……
 夕暮れが濃くなると、水夫が舳先へさきに青いランプを灯す。
 海上の夜空には驚くほどの星が瞬いていた。凪いだ海に三つ並んだ月が映り、ゆらゆらとたゆたう。帆柱マストの上で一杯やりながら、バイオリンを奏でる水夫もいる。
 夕飯を済ませて甲板に上がったティカは、しばし風情のある夜の海に見惚れた。

「当直だよ」

 ぼうっとしていたら、オリバーに背中を叩かれた。これから四時間の、初めての当直任務である。

「そういえば、キャプテンから、ティカに帆柱昇降を徹底的に教えこめって言われてるんだよね。一五〇メートルの高所からも、平気で飛び降りれるように鍛えろって言われたんだけど……なんで?」

「さぁ……」

「どんな高い所に登るわけ? それとも突き落とされんの?」

 意地悪く笑うオリバーに、ティカは苦笑いで応えた。しかし、心当たりならある。
 無限海に浮かぶ幻の海――無限幻海。
 ジョー・スパーナから奪った……いや、取り返した“無限幻海の鍵”があれば、海は割れて真の滝が顕れる。ヴィヴィアンはそう話していた。そして、滝の落ちる先には“星明かりの島”が見えるとも……
 ヴィヴィアンは、滝上から島へ降りることを想定して、高所の昇降にティカを慣れさせようとしているのかもしれない。

「僕、頑張るよ」

 張り切って告げると、オリバーは感心したように頷いた。

「やっぱり、ティカには素質があるよ」

「何の?」

「ヘルジャッジ号の船乗りとしてさ! キャプテン命令は、船の上じゃ神の一言にも等しいからね。どんな無茶を言われても、実行する忠誠心と度胸が必要なんだよ」

「キャプテンは神様だと思う」

 即答すると、オリバーは三角の耳をぴんと立て、にやりと笑った。

「おーぉ、もう信奉者だ」

「オリバーは違うの?」

「もちろん尊敬しているよ。金払いもいいし、清潔で頑丈な船、文句ない。こないだのユーマリー海では死ぬかと思ったけど……」

「僕もジョー・スパーナを見てみたい」

「俺は二度と見たくない……ユーマリー海でやり合ったら、連中、真っ赤な顔で追いかけてきてさ。おまけに進行方向にはスコールときたもんだ。進退窮まってキャプテンを仰いだら、総帆命令だぜ」

「……それって、まずいの?」

「あったりまえだよ、風が吹き荒れる中、展帆して突っ込んでみろよ、いいように弄ばれちまう。なのにうちのキャプテンときたら、ジョー・スパーナは撒けるし、嵐で船は綺麗に洗えるし一石二鳥とか言ってさ、意味不明だよ」

「そういえば他の水夫も、嵐の中、総帆命令が出たって言ってた……」

 思い出しながら口を開くと、オリバーは長い尾を忙しなく左右に揺し、何度も頷いた。

「あれは忘れられないよ……呪われた秘宝に手を出したから、おぉー、女神アトラス様の鉄槌だーって皆びびりまくってた」

「あの嵐、すごかったもんねぇ……僕、あんな酷い嵐、生まれて初めて見たよ」

「ティカはその時陸の上にいたんだろ? こっちは海のど真ん中だぜ!! 風があんまりにも激しく吹き荒れるから、甲板部員が二人、洗濯物みたいに吹き飛ばされかけたんだ」

「えーっ、大丈夫だったの!?」

「エーテル防壁のおかげでね。衝撃をかなり減らしてくれるから、悪魔みたいな嵐も、小悪魔くらになってくれる」

「そっかぁ……」

「といっても、甲板は急斜面だし、大波は船縁を越えて甲板で砕け散ってたけどね。防壁がなけりゃ、あっという間に木端微塵、俺達全員、海の藻屑もくずになってたよ」

 遠い眼差しで虚空を見るオリバーに、ティカも苦笑いで応えた。

「よく無事にパージ・トゥランに辿り着けたね……」

「全くだぜ」

「オリバーも、この間の嵐は“無限幻海の鍵”のせいだって思う?」

わざわいの類は信じちゃいないけど、あの羅針盤に限っては、否定はできないね。今でも、あの嵐の夜を夢に見るんだ。自分がこんなに繊細だとは知らなかったよ」

「判るよ……僕も嵐の夜は怖いから」

 顔を曇らせるティカを見て、オリバーは空気を変えるように、さて、と明るい口調で続けた。

「帆柱に登ってみて。慣れないうちは、風上側から上るといいよ。風が吹いても索に身体を押しつけられるから、落ちる心配がちょっと減るんだ」

「なるほど」

 言われた通り、風上側の横静索シュラウドを伝って一気に船尾側の帆柱を登った。甲板でオリバーが感心したように、早くなったなぁ、と褒めてくれる。
 檣楼トップから甲板を見下ろすと今度は降りろと言われ、ハリヤードに飛び移ってするすると下りた。オリバーは腕を組んで、小さなキャプテンのように満足そうに頷いている。

「よし、もっかい登ろう」

 二人して檣楼に上がると、オリバーは備え付けられた望遠鏡をティカに渡した。

「ヘルジャッジ号を襲うような海賊はあんまりいないけど、今は無限幻海を目指してるから、強い海賊がいっぱい集まってきてる。油断するな。敵船を最初に発見した者には、五万ルーヴの報奨金も出るんだぜ。しっかり見張れよ」

「うん」

「あ、そうだ……昨日言ってた航海契約について、説明しておくよ」

 それはありがたい。ティカはオリバーの方に身体ごと向いて、姿勢を正した。

「大切なのは、班行動を共にすること。飯も当直も甲板作業も、何もかも班行動。あと大切なのは、報酬と保障金についてだ。航海回数や役割に応じて乗船もしくは下船時に金をもらえる。戦闘に参加すると、臨時収入もあるよ」

「この船は、あんまり戦わないんでしょ?」

「こっちから襲撃はしないけど、向こうが襲ってきたら応戦するよ。で、金品分配は幹部乗員に特別の割増考慮があって、戦闘に立たない裏方、大工とかは〇・七五、取り分は少し下がる。その他乗組員の配給は平等。功労が認められれば特別報酬も出るよ」

「オリバーも闘うの?」

「うん。接近戦になったら襲撃部隊にも加わるよ。戦闘でもし怪我したら、特別保障金が出る。例えば片手、もしくは片腕を失くしたら百万ルーヴもらえる」

「そういえば義足をつけた人がいた……」

「うん。大抵の奴は保障金で機械義手を作ってもらうんだ。うちは船に腕のいい機工士と医者が乗ってるから安心していいよ」

 励ますように肩を叩かれたが、どちらかと言えば不安を覚えた。金はもらえるし、技術者もいるから手足を失くしても一安心……なんて思えない。

「帆柱の上での仕事は重労働だからね。水が飲みたけりゃ、いつでも降りて水甕みずがめから飲んでいいよ。当直で檣楼に登る時は、夜食と水瓶を持って行っていいことになってる」

「うん」

 今夜も当直に就く前に、ティカはオリバーと一緒に食堂に寄り、夜食を持ってきていた。

「ボートにラム酒隠してる奴もいるけど、見つかったら没収されるから。あと当直で酒飲んでるのバレると、処罰される。まぁティカは心配いらないか……」

「お酒は飲まないよ」

「だよね……航海契約は航海毎に更新するんだ。ティカは知らなかったみたいだけど、別に不当な規約はないから安心していいよ。ヘルジャッジ号に生涯忠誠を誓う、航海誓願ってのもあるんだけど、それはとりあえず気にしなくていいと思う。先ずはこの航海を無事に終えることに専念した方がいい」

「うん」

 滔々とうとうと淀みない説明を切り上げ、オリバーは少し不安そうにティカを見つめた。

「次の航海も、ティカがいたら嬉しいな」

「いるよ。ヘルジャッジ号は、もう僕の家も同然だもの」

 オリバーは顔には出さなかったが、嬉しそうにしっぽを揺らした。

「航海誓願を立てると、二人一組のバディを組むんだ。遺言書とか、あれこれ面倒な手続きも増えるけど、配給は一・二倍に上がるよ。俺はまだ立ててないけど、立てる時はティカとバディを組みたいな」

 オリバーの言葉が嬉しくて、ティカは満面の笑みを浮かべた。




2章:エステリ・ヴァラモン海賊団 - 4 -


prev index next