メル・アン・エディール - 無限海の海賊 -

1章:出会いと出航 - 5 -


 甲板かんぱんには肌の白い人、茶色い人、黒い人、耳と尻尾を持つ珍しい獣人……いろいろな人がいる。まるで世界の人種見本一だ。
 眼を丸くして彼等を見ていると、三角の耳と長い尻尾を持つ、小柄な少年が前に出てきた。肌が黒い分、柔らかそうな白銀の髪がいっそう眩しく見える。顔に擦り傷はあるけれど、とても端正な顔立ちをしだ獣人の子供だ。海のように青い瞳で、じっとティカを見つめると、ニッと白い歯を見せて笑った。

「オリバー、一緒に主帆柱メイン・マストに登ってやれ」

「アイ、サー!」

 オリバーというらしい。サディールの命令に元気よく返事すると、ティカの手を掴んで引っ張る。主帆柱が何かも判らないティカは、引っ張られるがまま甲板の上を走った。

「あれに登るんだ」

 はるか頭上にそびえる帆柱を見上げて、ティカはぽかんとした。本気で言っているのだろうか。今までに登った、どんな木よりも高いのだが……

「靴、脱いで。その靴じゃ滑る。裸足の方がマシだ」

「え?」

「嵐のせいで、どこもかしこも濡れてるんだ。そんなボロボロの平たい靴じゃ、あっけなく滑り落ちるよ」

「判った……」

 そういうオリバーも裸足だ。言われた通りに靴も靴下も脱ぐと、見よう見まねで主帆柱に向かって伸びる縄はしごに手をかけた。

「うちでは採用する時、必ずやらせるんだ。クロスツリーまで自力で辿り着けるか、お手並み拝見ってわけだ。俺の後ろをついてくれば、そう難しいことじゃないさ。横静索シュラウドを使って一気に主帆柱に登るよ。檣楼トップの天辺にあるクロスツリーに掴まることができたら、下で見ている奴らが喝采をくれる」

 半分も理解できなかったが、とにかく、縄はしご……横静索を使って、主帆柱の一番上まで行けばいいということだけは判った。
 覚悟を決めると、オリバーの後に続いて、足裏にロープをしっかり踏みしめながら登り始めた。

「そうそう、初めてにしちゃ上手い……おっと、下は見ない方がいい」

 オリバーはティカと同じくらい小柄なのに、ひょいひょい登っていく。とにかく忠告に従って、懸命に上だけを見続けた。猫のように優雅で長い尻尾が、ゆらゆらと揺れている。ズボンはどういう構造になっているのだろう……
 ようやく檣楼に辿り着いた。肩を上下させるティカを、オリバーは余裕の表情で見つめている。

「やるじゃん」

「ハァハァ……ありがとう。オリバー、君って猿みたいだ」

「ありがとよ」

「褒めてるんだ」

「判ってるよ。お前も見込みあるよ。身軽だし、俺と同じ花形檣楼員トップマンになれるぜ。一番高い帆を担当する男は、勇気もテクニックもピカ一なんだ」

「花形檣楼員かぁ……」

 オリバーは檣楼の更に上へと登った。丸太のような水平の帆桁ヤードに足をかけると、クロスツリーにタッチする。ティカもどうにかクロスツリーに辿り着いて下を見ると、気が遠くなるほど甲板が遠い。おまけに、辺りには白い靄が流れている。

「オリバー! ここってまさか雲の上!?」

「あはっ、何言ってんの。そりゃ甲板から五十メートルは離れてるけどさ」

 オリバーはクロスツリーを掴みながら、愉快そうに笑っている。その時、突風が吹いて、ティカの黒髪をぐしゃぐしゃにかき乱した。
 まるで、サーシャがいつもティカにそうするように――

「サーシャッ!」

「――馬鹿っ! 手ぇ放すんじゃねぇ!」

 ぐらりとかしいだティカの身体を、オリバーは慌てて支えた。びっくりするくらい強い力だ。
 遠くから歓声が聞こえてきた。甲板を見下ろすと、さっきよりも人が集まっていた。

「おー、早い早い」
「やるじゃねぇか」

 耳のいいティカは、甲板で見物している男達の、感心したような声を聞いてにんまりした。

「よぉし! ハリヤードを降りろ!」

 甲板からサディールが叫んだ。ハリヤードとは何のことだろう。ぽかんとするティカの隣で、アイ、サー! とオリバーは威勢よく叫んだ。

「帆を上げるのに使うロープのことだよ。俺がやって見せるから、ビビらずに後に続けよ!」

 そう言ってオリバーは、躊躇ためらいもなくロープに飛び移った。命綱もはしごもなしに、曲芸みたいな身のこなしでロープに掴まり、するすると下りていく。

「えぇーッ!? うっそぉ!?」

 思わず頓狂な声で叫んだ。しかし……やるしかない。船に乗せてもらう為だ。
 深呼吸を一つ。心胆しんたんを整えると、勢いよく踏み切ってロープに飛び移った!
 ドキドキし過ぎて、口から心臓が飛び出しそうだ。
 万が一にも落ちないように、ロープの感触をしっかり確かめながら、どうにか甲板へ滑り下りた。全身、汗でびっしょりだ。
 硬い甲板に足がつくと、ティカはへなへなと尻餅をついてしまった。あんなに高い所を登って、また降りてきたなんて、とても信じられない……

「そんなに嬉しかった? まぁ確かに、なかなかいい登りっぷりだったよ」

「え?」

「坊主、何をご機嫌に叫んでいたんだ?」

 ヴィヴィアンとサディールに、代わる代わる尋ねられた。

「サーシャ……」

「サーシャ? さっきも言ってたね。その子の勧めで、この船に声をかけたの?」

「いいえ……サーシャは、小舟で荷運びをしている、なるべく立派な大人に声をかけろって……」

 しどろもどろで答えると、周囲の男達は笑った。

「小舟ねぇ」
「海賊船だって判ってんのか?」
「海に出たら、何か月も陸を拝めねぇんだぞ」
「嵐だっつってんのに、総帆そうはん命令が出るんだぜ」
「おい坊主、船を間違えてねぇか?」

 好き勝手に喋る男達に向かって、ティカはきりっと顔を上げると声を張りあげた。

「この船がいい! 絶対にこの船じゃないと駄目なんです! どうか僕を、この船に乗せてください!」

 サディールは、探るようにティカを見つめた。

「もう一遍、一人で登れるか?」

「はい!」

「よし、登ってみろ」

「はい!」

 ティカはやる気を見せようと、勢いよく横静索に走り手をかけた。心配そうに見ているオリバーに、大丈夫と瞳で合図すると、空を見上げて一目散に登った。
 クロスツリーにタッチすると、下から歓声が聞こえてきた。
 今度もハリヤードに飛び移って、甲板に滑り下りると、サディールは満足そうに頷いた。ティカとしても、さっきよりもずっと素早くできた自信がある。
 ヴィヴィアンはティカの前に立つと、美しい笑みを浮かべた。

「今日からヘルジャッジ号の一員だ。彼は水夫長のサディール。ティカの上司ね。あっちで機嫌悪そうに腕組んでるのが、航海士のシルヴィー。見習い水夫、先ずはオリバーから仕事を覚えな」

「はいッ!」

 肩をパンッと叩かれて、ティカは元気よく返事をした。

「はい、じゃない。船乗りらしく、アイアイ、キャプテンと返事しな」

「アイアイ、キャプテン!」

 ヴィヴィアンは満足そうに微笑んだ。

「しょうがない……様子を見るか」

 シルヴィーは諦めたように頷き、ティカは満面の笑みを浮かべて瞳を輝かせた。
 真っ黒い雨雲が左右に割れて、合間から陽が射しこんだ。
 まるで小さな船乗りの誕生を祝福するように、ずぶ濡れのティカを優しく照らした。




1章:出会いと出航 - 5 -


prev index next