メル・アン・エディール - 無限海の海賊 -

13章:十五歳の恋人 - 5 -


 船長室キャプテンズデッキに戻るなり、唇を熱烈に塞がれた。
 甘く貪られ、ティカは息も絶え絶えに肩で呼吸を整えている。震える身体を、ヴィヴィアンは青い双眸で見下ろした。
 柔らかいベッドにティカを運び、自分も乗り上げると、再び唇を塞ぐ。繰り返されるキスは、やがて顎の先へ下り、鎖骨から胸まで下がっていく。
 襟をはだけられ、合間から潜り込んだ手が、いやらしい手つきで胸をまさぐる。指で刺激されるうちに、小さな乳首はち上がり始めた。
 色づき、尖った乳首を口に含まれて、ティカはたまらずに背中をしならせた。

「……っ……んっ」

 もう片方の乳首も指に挟まれ、扱かれる。身体が、快感に目覚めていく。腰に熱が集まり、中心は勃ち上がり始めた。
 恥じ入るように腰を引くと、ヴィヴィアンは手を伸ばして、角度を持った中心に触れた。

「ヴィー」

「……ん?」

「す、するの?」

「夜直まで、まだ時間あるでしょ?」

「だって、明るい……」

 窓から射しこむ茜色の斜光は、滑らかなティカの肌を黄金色に染め上げ、ヴィヴィアンの眼を楽しませていた。
 彼の事情など、ティカは知るよしもない。秘めやかな情交は、夜にするのだと思っていたティカは、恥じ入るように顔をシーツに押しつけた。
 初々しい仕草を見て、ヴィヴィアンは甘く微笑むと、空いた背中に唇を落とした。優しいキスはどこまでも降りていき……尻を撫でられると、ティカの身体に緊張が走った。

「い、挿れるの……?」

 恐る恐る問いかけると、彼は余裕のある笑みを浮かべた。

「挿れていいの?」

 これまでにも、彼が何度かそこに触れて、情熱を抑え込むように指を放すことをティカは知っていた。
 我慢をさせていると心苦しく思いながら、恐くて、決定的な言葉を口にできない。
 後ろめたそうに、ティカが視線を伏せると、ヴィヴィアンは微苦笑を浮かべた。恐る恐る視線を合わせるティカを見て、口元を優しげに綻ばせる。

「無理しなくていいよ」

「でも……」

「ちゃんと俺も楽しんでるよ。俺のすることなすこと、いちいちかわいい反応を見せてくれるんだから」

「でも、僕ばっかり……」

 毎回、彼の手や口でかされることを、ティカなりに気にしていた。彼自身は、自分で済ませてしまうのだ。実は物足りなく思っていやしないか、微かな不安もあった。

「じゃあ、一緒に気持ちよくなってみる?」

「……どうやって?」

 恐々と尋ねると、ヴィヴィアンは美しくも妖しい笑みを浮かべた。

「……壁に手をついて」

 指示された通り、ティカは背中を向けて膝立ちの姿勢をとった。腕を壁につくと、ふっと影が落ちる。後ろからヴィヴィアンが覆いかぶさってきた。
 何をされるのか判らず、身構えるティカの肩や背中に、慈しむようなキスが無数に降る。
 優しい唇に慰められながら緊張をやり過ごしていると、熱をもった塊が、太腿に触れた。

「や……」

 思わず否定の言葉が口をつきかけ、慌てて唇を噛みしめた。

「挿れないから。恐がらないで、足を閉じていて」

 ぴたりと閉じた腿の合間に、ヴィヴィアンの雄々しい昂りが潜り込んでくる。
 熱い切っ先が、ティカの震える下肢の合間を押し開きながら、濡らしてゆく。猛った屹立は、彼自身の雫と、香油に濡らされていた。心をも蕩かすような、甘い芳香が辺りに漂う。

「……ッ」

 腰を緩やかに前後させて、ヴィヴィアンは彼自身でティカの下肢をすりあげた。
 未知の感覚だ。
 陰嚢や裏筋を刺激されて、予期せぬ快感がティカの身体に走る。たまらず、喉から悲鳴がこぼれかけた。
 快感をやり過ごすティカを抱きしめ、ヴィヴィアンは香油に濡れた手で、ティカ自身も愛撫した。一方の手は腹から胸を撫で上げ、刺激を受けて尖った乳首を、弾くようにして指にいらう。

「ふぅ……んッ……んぅ!」

 堪え切れない嬌声が、喉の奥からほとばしった。
 感じ入る媚態を、熱の灯った青い瞳で眺めている。小柄な体に覆い被さり、ヴィヴィアンは艶を含んだ吐息を零した。

「……っ、かわいいティカ。ん、気持ちいいな……」

 跳ねる身体を抱きしめながら、ゆったりした腰遣いでティカの合間を貫く。

「だ、だめ」

 濡れた、淫らな音が部屋に満ちて、ティカは激しく動揺した。

「嫌?」

「だって……あぅっ!」

 思わぬ刺激に、言葉が飛んだ。
 腿の合間をすりあげられながら、性器の先端を丸く撫でられたのだ。
 放熱が近付いていることに焦り、ティカは押しのけようとしたが、彼は動くことをやめなかった。

「汚しちゃうからっ」

「いいよ。出して」

 耳朶に囁かれ、熱い舌を挿れられた。淫靡な水音が、鼓膜に直に響く。羞恥を覚えたのも束の間、食むように甘噛みされ、しゃぶられた途端に思考は弾けた。

「あ! んッ」

 乳首を抓まれながら、中心を撫でられる。
 腿の合間から聞こえる濡れた音は、尻を穿うがつ抽挿音のようだ。閉じた腿の合間を、熱い塊が何度もすりあげる。
 そちこちを刺激されて、ティカはあっという間に絶頂を駆け上がった。

「……っ、ん――ッ」

 絶頂に震えるティカの身体に、彼もまた放熱を遂げる。熱い飛沫が尻のあわいにかけられた。
 塗り込めるように後孔を弄られ、ティカは眼を見開いた。逃げようとする身体をからめ捕られ、そこを強く押された。




13章:十五歳の恋人 - 5 -


prev index next