メル・アン・エディール - 無限海の海賊 -

13章:十五歳の恋人 - 3 -


 潜水から数日後。茜射す夕暮。
 有能な細工師であるアマディウスは、原石を正確にカットし、いくつかを宝石として仕上げた。
 この世ならざる煌めきを放つエメラルドを格納する為に、朝の当直を終えたティカは、ヴィヴィアンに呼ばれて共に宝物庫へ足を踏み入れた。
 装甲鉄板に守られた厳つい扉の向こうは、煌びやかな博物館そのものだ。
 エメラルド・カットのように、四方を切り落とした天井は、床から高さ五メートルはあろう。
 繊細な幾何学模様で飾られた天井、壁面に取り付けられた硝子製の照明が、所狭しと並べられた、貴重な宝物の数々を照らしている。
 大理石や真鍮の素晴らしい石像。歴史を思わせる骨董。壁面に立てかけられた、油性の絵画。
 特に硝子箱に商品札と共に、整然と並べられた宝石達は息を呑むほど素晴らしい。
 研磨されて、至上の光芒を放つ石たちの美しいこと。
 この部屋に一人で立ち入ることのできないティカは、誰かの後ろについて足を踏み入れる機会に恵まれる度に、しばしば時間も忘れて呆けたように見入ってしまう。
 言葉も忘れて夢中になるティカを見て、ヴィヴィアンは可笑しそうに微笑した。

「そうしていると、アマディウスみたいだ」

「え?」

「宝石に夢中って顔をしている」

「だって、すごく綺麗だから……」

「ティカはどんな宝石が好き? ダイヤモンドかな?」

 耳に揺れる涙滴るいてき型の石を見つめて、彼は微笑んだ。ティカもつられたように微笑む。

「ダイヤモンドはもちろん好きだけど、ブルーホールに潜ったから、エメラルドもすごく好きになりました。それから……」

「うん?」

青金石色ラピスラズリ

「へぇ、よく知っているね」

 感心したような口ぶりのヴィヴィアンを見上げて、ティカは微笑んだ。

「工房でアマディウスに見せてもらったから。青い石の中に、金色の星が無数に散らばっていて……ヴィーの瞳みたいだなって、思ったんです」

「そう?」

 美しい顔で微笑む、年上の恋人を見上げて、ティカは頷いた。穏やかな眼差しに映りながら、彼は本当に宝石のようだと密かに思う。

「ティカに言われると、嬉しいものだな……」

 含みのある言い方に首を傾けると、彼は微苦笑を浮かべた。何でもないというように、軽く首を振る。
 目線を手元に戻し、宝石に札をつけて棚に並べる姿を見ながら、閃いた。
 ティカに思いつく賛辞や告白など、彼はこれまでの生において、それこそ流星雨のように浴びてきたことだろう。
 たった今の言葉も、他の誰かが、とうの昔に彼に捧げているに違いない……

「――ティカ?」

 不意に流れた沈黙が気になったのか、ヴィヴィアンは作業の合間に、ティカを振り向いた。
 我に返るなり、ティカは意味もなく姿勢を正した。思いのほか、沈んでいたらしい。

「どうしたの?」

「いえ、なんでも……」

 自然に呟いたつもりであったが、彼はいよいよ手を休めると、ティカの前にやってきた。優しい手つきで黒髪を撫でる。

「元気がない。どうしたの?」

「ううん」

 ぎこちなく首を左右に降ると、いつもするように額に口づけられた。優しい、あやすような触れ方だ。

「まだ浮かない顔してる」

「……」

 誤魔化したくても、器用に笑みを作れないティカは、視線を伏せた。しかし、おとがいを手に掬われて、ヴィヴィアンの青い瞳に見下ろされる。

「俺のせい?」

「違います。僕……」

 言葉が続かない。こういう時、己の口下手を呪いたくなる。上手に伝えられない。どう言葉にすればいいか判らない。せめて彼の半分でも頭が良ければ、もう少し気の利いたことを言えるのに。

「焦らないで、言ってごらん?」

 穏やかな眼差しと口調に励まされて、ティカの焦燥は幾らか落ちついた。ゆっくり口を開く。

「ヴィーの瞳は青金石色って……」

「うん?」

「そう思ったのは、僕だけじゃなくて……僕なんかより、もっとずっと素敵な言葉を、他の誰かは思いつくことができて……」

 宝石のような瞳を瞠った後、ヴィヴィアンは嬉しそうに微笑んだ。美しい微笑に、ティカは少々狼狽える。
 頭の良い彼なら、ティカのたどたどしい説明で、言わんとすることを理解できたろう。しかし、彼は促すように口を開く。

「それで?」

「きっと……ヴィーは、いっぱい言われたことがあって……えっと、つまり……?」

 次第に、何を言いたいのか判らなくなってきた。




13章:十五歳の恋人 - 3 -


prev index next