メル・アン・エディール - 無限海の海賊 -

12章:ブルーホール - 9 -


 彼は貪欲で飢えていた。
 とても冷酷なのだと、一目見てティカは悟った。アリーの言う通りだ。昏い漆黒の眼に、慈悲は宿っていない。彼こそは、容赦ない海の殺戮者クラーケンだ。

「ティカッ」

 椰子やしの木より遥かに太い腕が、ティカに向かって伸ばされる。無数の吸盤のついた恐ろしい、死の誘いに海がざわついた。

“止せっ”

 岩壁や海底に張り付く貝達は怒り、小さな蝦達も抗議を喚いた。
 淡い赤色の蟹達は、群舞のように壁から飛び上がり、深海イカの視界を塞がんとする。しかし、ものともせずに腕は伸ばされる!
 心臓が恐ろしいほど動悸して、破裂してしまいそうだ。あらゆる声を耳にしながら、ティカの心に最も響いたのは、ヴィヴィアンの発する光と言葉であった。

“あの子を守れ”

 死の腕に引きずり込まれるティカに向かって、金色の光に覆われたヴィヴィアンが真っ直ぐ飛び込んでくる。
 彼は、いつでも迷わずにティカを追い駆けてくれる。

「ティカッ!」

 古い古い、精霊界ハーレイスフィアに眠るエーテルの力を以てして、彼は深海イカの屈強な腕を引き千切った。
 焦燥と恐怖のさなか、ティカは妙に冷静な心の片隅に思う――彼は本当に、何者なのだろう?
 軟体の肉片を散らして、深海イカは悲鳴を上げる。腕に締めたティカを手放した。すかさずに、気泡と共に銃弾が水を貫く。サディールの援護射撃だ。

「ヴィーッ」

 もがき、腕を掻いて、ティカは必死にヴィヴィアンに手を伸ばした。彼はその手を掴み、力強く引き上げる。
 重たい深海が、二度、三度とうねった。
 刹那、大きな歯鯨が三頭、弾丸のように深海を直進して、巨大な深海イカに敢然かんぜんと噛みついた!
 なんという光景だろう。我が眼を疑う。
 深海の王者対決だッ!!
 不倶戴天ふぐたいてんの天敵同士――針の如し丸い吸盤が、滑らかな鯨の肌に傷をつければ、今度は鯨が強力な顎で、絡みつく椰子のような腕に歯を立てる!
 両者、驚くほど敏捷びんしょうな動きで渦巻く海流を引き起こし、深海に雷鳴を轟かせた。壮絶な攻防を繰り広げ、肉片を散らし、赤い血を流す。
 深海の闘いの凄まじいことよ。とても近付けぬ!
 三十メートルを優に超える巨体同士の戦闘に巻き込まれぬよう、ティカ達は壁の亀裂に身を潜め、固唾を呑んで戦況を見守った。
 長い戦いの後に、引いたのは深海イカだ。
 軍配は鯨に上がり、深海イカは巨大な水流を巻き上げ、暗闇へと消え去った。
 海流が凪ぎ、ティカがそっと顔を覗かせると、とりわけ大きな歯鯨の、思慮深い眼差しと眼が合った。
 彼の巨岩のような頭には、古いのから新しいのまで、幾つも傷痕がついていた。往年の戦士の証だ。

“ちぃせぇの……ティカ? ここは危険な軟体の怪物の棲家だ。危ねぇぞ”

「アイ……」

 間近に見ると、ど迫力だ。今さっきの壮絶な死闘を見た後では、おいそれと近付けない。ティカがおどおどしていると、彼は小さく笑った。

“怖がらなくて、えぇよ。アルルシオは友達なんだ。俺は、カフリヤ……”

「アルルシオの」

 ティカはほっと肩から力を抜いた。

『言葉が判るの?』

 隣でヴィヴィアンは驚いたように、眼を瞠っている。ティカはメットの奥で頷いてみせた。

「彼はカフリヤ、友達の友達です」

“この海域には、仲間の滋養にきたんだ。向こうで休んでるから、困ったら呼ぶとええよ……”

「ありがとう!」

 親切なカフリヤ達は、深海の奥へ消えてゆく。
 彼等は、敵との戦いで傷ついた身体を、海底の亀裂から立ち昇る蒸気の泡で癒しにきたらしい。
 海を伝い、遠い遠いアルルシオの声を聞いた。ティカを案じる声だ。優しい友達は、ティカの窮状を救うべく、歯鯨の友達に知らせてくれたのだ。
 間一髪、ティカは彼等の音響探知能力の優秀さに救われたらしい。

「ありがとう、アルルシオ……」

 感謝の気持ちを込めて、深海に囁く。様子を窺っているヴィヴィアンを振り返り、今さっき調べていた壁を指差した。

「キャプテン、彼等が見ていてくれる。今のうちに」

『そうしよう。さっきは、ティカに助けられたな』

 壁面に沿って昇る前に、ヴィヴィアンはティカに笑みかけた。
 予期せず褒められ、ティカは満面の笑みを浮かべた。彼に認められることが、何よりも嬉しい。
 潜水の代償か、深海を泳ぎながら、ティカは抗いがたい眠気に襲われた。朦朧と垂れてくる瞼を、さっきから必死にこじ開けている。
 微睡み、水中遊泳し始めるティカを見かねて、ヴィヴィアンは命綱を手繰り寄せ、近くの岩に引っかけた。
 ふよふよ海月くらげのように漂うティカは、もはや何の役にも立っていない。優秀なサディールが手際よく採掘しているので、まぁ問題はなかった。

『……誰か、寝てないか?』

 小さな寝息を拾い、音響機の奥からシルヴィーは訝しげに尋ねた。ティカは気付いていない。ヴィヴィアンとサディールは呆れつつ、忍び笑いを漏らした。

 +

 間もなく、潜水制限時間に達する。
 無事にエメラルドの採掘を終えたヴィヴィアン達は、陽に照らされた海面を目指して浮上を始めた。
 殆ど夢の中のいるティカの身体は、ヴィヴィアンが引っ張ってくれる。
 ようやくヘルジャッジ号へ戻ってくると、ティカは安堵のあまり、潜水服を着たまま倒れそうになった。
 兄弟達が手際よく脱ぐのを手伝ってくれる。身軽になったものの、手足のなんと重いことか。
 疲労困憊。半睡状態で呆然自失していると、疲れているはずのヴィヴィアンはティカを横抱きにして船長室キャプテンズデッキへ運んでくれた。

「ヴィ……もう寝てもいい……?」

 まともに喋れているか、自信がない。ヴィヴィアンはティカの頭を撫でると、額にキスを落とした。

「シャワーだけでも浴びよう」

「……」

 面倒臭さを隠せずに無言になると、ヴィヴィアンは穏やかに微笑んだ。

「入れてあげるから」

 不承不承に頷き、どうにか服を脱いで浴室へ入った。面倒だと思っていたが、熱い湯は疲れ切った身体を優しく癒してくれる。
 殆ど半睡状態のティカを、ヴィヴィアンは優しく丁寧に洗い、湯船にも入れてくれた。
 朦朧とした意識が戻った時には、凪いだ海のように心地いいベッドの上であった。

「お休み、ティカ……」

 優しいキスが瞼の上に降る。
 返事をする気力はなかった。今夜はもう、苦もなく眠りを貪らせてほしい。
 重い瞼を閉じると、たちまち深海へ潜水するように、深い眠りへと誘われていった……




12章:ブルーホール - 9 -


prev index next