メル・アン・エディール - 無限海の海賊 -

12章:ブルーホール - 6 -


 きたる朔望潮さくぼうちょう
 ティカ、ヴィヴィアン、サディールの三人は甲板の上で潜水服を着用した。
 水に浮く設計らしいが、船の上ではどうにも身動きし辛い。特に螺子ねじのついた銅製の襟は窮屈だ。この恰好で戦えと言われたら、流石のヴィヴィアンでも、どうにもならないだろう。
 潜水装備に加えて、サディールとヴィヴィアンは銃身の長い水中銃を背負っている。どんな海洋生物にも致命傷を負わせる、つ空気中よりも遥かに密度の高い水中を穿うがつ空気高圧の凶悪銃だ。
 乗組員達は、潜水見学しようと甲板に集まり、ヴィヴィアン達の武装を興味深そうに見ている。
 身動きに苦しむティカを見かねて、兄弟達は背中を押して船に乗せてくれた。難儀しつつも、ヴィヴィアンとサディールは自ら船に乗っている。
 潜水班の三人がボートに落ち着くと、最後に船頭を務めるドゥーガルが乗った。そのままの状態で、滑車を使って船縁ふなべりから海面へ下ろされる。
 船を操るドゥーガルは、ブルーホールの潜水点まで巧みにボートを移動させた。
 海面に入る前に、潜水班はそれぞれ潜水の最終確認をし(ティカの確認はヴィヴィアンがした)いよいよ、海面に飛び込んだ。
 重たい装備は、不思議と水の中へ入った途端に軽くなった。
 驚くほど滑らかに動ける。潜水を始める前に、ティカは改めて水面を覗き込み、息を呑んだ。

「うっわぁ……すごい光景」

 海は鏡のように凪いでいて、日射しが燦々さんさんと降り注ぐ。噂に違わず、眼の眩むような光景が広がっていた。
 珊瑚に覆われた石灰岩質の絶壁が、穴の底まで垂直に切れ落ちている。海底に落ちゆく群青の大瀑布だいばくふだ。

「言った通り、幻想的な光景だろ? 海は本来、石清水いわしみずよりも透明度が高いんだ」

 ティカの驚嘆ぶりを見て、サファイアの防水メットの奥から、ヴィヴィアンは満足げに笑った。

「なんで、こんなに透明なんだろう……」

「海水中に浮遊する鉱物や有機物が、かえって透明度を上げているんだ。海底一五〇メートル程度なら、場所によっては海底の砂を驚くほどはっきり視認できるよ」

 それにしたって、異様な光景だ。これから潜るというのに、身が竦んでしまう。大小の魚影を彼方に見つけて、ティカは声を上げた。

「深いところを、魚が泳いでる!」

「水深一〇〇メートルあたりかな……数字で見るのと実際に潜るのでは、やはり違うね。直径僅か六百と言った同じ口で、なんと広漠こうばくかと思わず言ってしまう」

 しみじみと呟くヴィヴィアンの隣で、サディールは早くも潜水の姿勢を見せた。

「キャプテン、行きましょう」

 隻眼の水夫長は言うが早いか、飛沫一つ立てず、静かな潜水を開始した。ヴィヴィアンはすぐに潜ろうとせず、ティカを振り向いた。

「ティカ。人の身では、太陽光線を感じれるのはせいぜい三〇〇メートルだ。潜水したら太陽光を探そうとせず、俺かサディールの気泡、命綱、投光器を道標みちしるべにしな」

「アイ」

「味方を見失っても、慌てないこと。酸素は大切に吸いな」

「アイ」

「命綱で連結しているし、音響器で俺やサディール、船橋ブリッジでシルヴィーも聞いているから」

「アイ」

「暗闇と思っても、絶対に近くに俺がいる。一人じゃないよ」

「アイ!」

 一言も聞き漏らすまいと頷くと、ヴィヴィアンは微笑んだ。

「よし、行こうか」

 海水下にヴィヴィアンが姿を消すと、ティカも静かに潜水を開始した。四方よもを海に包みこまれ、耳に届く音は海の音楽に変わる。

『潜水を開始する』

 音声器から、海の雑音の入り混じったヴィヴィアンの声が聞こえた。

『了解』

 船橋ブリッジからシルヴィーが応えた。

「せ、潜水を開始しますッ」

 緊張気味にティカが続けると、忍び笑いが聞こえた。ヴィヴィアンやシルヴィー、サディールも笑っている。

『了解。気をつけて』

「アイ」

 青い、青い世界。
 澄んだ青色は、遠ざかるにつれて青みを増して、群青色へと変貌してゆく。その先は、暗がかりの中に何もかも消えてゆく――
 漠然と遠くを眺め、ティカはぞくりと背筋が震えた。慌てて、命綱の先にいるヴィヴィアンに意識を集中した。




12章:ブルーホール - 6 -


prev index next