メル・アン・エディール - 無限海の海賊 -

12章:ブルーホール - 3 -


 探し人は、船長室キャプテンズデッキにはいなかった。

「ん?」

 今さっき通り過ぎた応接間の扉に、何やら見慣れぬものを見た気がして、ティカは後ろ向きに歩みを巻き戻した。

「んん……?」

 黒檀こくたん象嵌ぞうがん細工が施された応接室の扉に、走り書きのような字面で“深海戦術作戦本部”という貼り紙がある。何のことだろう?
 不思議に思い見つめていると、後ろからやってきたシルヴィーが容赦なく紙を剥がした。

「馬鹿馬鹿しい」

 彼はどうでもよさ気に言い捨てると、扉を開けつつ、ティカの肩を押した。
 一緒に中へ入ると、詰め物をした革製の長椅子に寛ぐヴィヴィアンと眼が合った。ティカを見て、おや? と青い瞳を愉しげに細める。

「ようこそ、作戦本部へ」

「変なものを貼るな」

「深海三〇〇〇メートル、未知への挑戦だよ。しっかり作戦を立てないと」

「作戦は歓迎するが、扉を汚すな」

 真鍮の象嵌が施された紫檀したんの書斎机の上に、シルヴィーは何枚かの海底地図を広げてみせた。
 金縁装飾の施された天井に埋め込まれた、り硝子の淡い光が、地図をほんのりと茜色に染める。
 飴色の、優美な曲線の家具に寛いでいた船員達、ユヴェールやアマディウス、サディール達は覗き込むように視線を落とした。

「測量結果が出そろった。潜水地点はここからだ、視界と水温も安定している」

「最高水深六五〇〇メートル対応だけど、目的は水深三〇〇〇~三五〇〇メートルにある。この辺りの地層にエメラルドの鉱石が含まれている可能性が高い」

「一〇〇〇〇メートル深海に潜るわけじゃないんですね」

 ほっとして、ティカは思わず口を挟んだ。

「そこまでの水深に挑むには、莫大な資金、相当な準備と装備を要するよ。潜水技術の発明にあと一〇〇年はかかるかもね」

「一度の潜水は五時間までだよ。往復に二時間かかる、予備に一時間当てて、深海の実質作業は二時間を目安にして」

「判った」

「着用時にもう一度説明するけど、いざとなったら重りを切り捨てれば、倍速で浮上できる。潜水服の中は大気圧と同じに保たれているから、心配いらない」

「了解」

 縷々るると説明していたアマディウスは、全員が頷くのを見て、海泡石かいほうせきのパイプを咥え直した。

朔望潮さくぼうちょうは五日後だ。その日の昼に挑もう」

「朔望潮?」

 聞きなれぬシルヴィーの言葉に、不思議そうにティカは尋ねた。

「潮差の最も大きい大潮おおしおのことだ。月がかげれば、間もなく大潮がやってくる。その日を狙って潜水するんだ」

 いよいよ、潜水するのだ。ティカは眼を輝かせた。その様子を見て、ヴィヴィアンも微笑む。

「この辺りの海域は干潮差一五メートルもあるんだ。朔望潮では面白い現象が見られるよ」

「面白い現象って?」

「つまり、新月によって海水全体がかなりの高さまで押し上げられるのさ。港や岸部の傍にいれば判りやすいんだけどね」

「へぇ……」

 感心するティカの横で、アマディウスは会話に口を挟んだ。

「大陸産のエメラルドなら、無理して採らなくてもいい。狙いはなんといっても、メテオライト級、太古の鉱石だからね」

 説明しながら、上品な青銅製の脚に支えられた金属製の火鉢で、煙草に火をつけている。船上のどこに居ようと、愛煙家たる彼の習癖は変わらない。

「エメラルドが採れたら、売るんですか?」

 尋ねると、全員が頷いた。シルヴィーは補足するように口を開く。

「十月にはアプリティカで大きな競売がある。出品の一つにするつもりだ。他にも卸す目星はあるしな」

「僕も一つコレクションさせてもらうよ」

 愛煙家の快楽に浸りながら、アマディウスは器用に輪の煙を吐き出すと共に、付け加えた。

「ところで、ティカはどうしたの?」

 思い突いたようにヴィヴィアンに問われ、ティカは宝の地図の存在を思い出した。手渡すと、彼は視線を落とすなり微笑んだ。

「ティカが描いたの?」

「違います。海から瓶が流れてきて、中に入っていたんです」

「どこだと思う?」

 気のない顔でヴィヴィアンはシルヴィーに地図を見せた。

「シャノワ灯台って書いてあるじゃないか。西洋の貿易航路にある小島だよ」

 淀みない回答に、ティカは眼を輝かせた。

「知っているんですか?」

「大抵の海図には記されている地名だよ。西洋から、はるばる東の大洋まで流れてきたんだな」

 その言葉は、ティカの心を高揚させた。この地図は、遥かな旅路の果てに、ティカの元へ辿り着いたのだ。
 宝物を手にしたように、顔をほころばせるティカを見て、ヴィヴィアンも微笑ましげにティカの黒髪を撫でた。
 その日――
 私物は無きに等しいティカの衣装箱に、古びた瓶と地図が加わった。いつの日か、地図に記された灯台を訪ねて行けるといい。
 晩餐には、ドゥーガルの仕留めた珍味が振る舞われ、いつになく豪勢な食卓となった。
 料理人達は面白がって、普段はしない気取った真似――釣鐘型のクローシュをかぶせた皿――で振る舞ったのだ。
 全ての料理にはたっぷりのリンが含まれ、見た目にも味覚にも、なるほど海の幸である。
 注目の珍味は、独特の後味があり意見は二つに割れた。“天上の美味”或いは“海上の微味”――同じ響きでも、意味はまるで違う。
 ちなみにティカは純粋に美味を感じた。少々甘味が強いが、すぐに慣れた。元々甘い味が好きなのだ。
 一方で、親友のオリバーは能面のような顔で咀嚼していた。“微味”であったらしい……




12章:ブルーホール - 3 -


prev index next