メル・アン・エディール - 無限海の海賊 -

11章:メル・サタナ - 2 -


 引きずられるようにして、船長室キャプテンズデッキへ連れていかれた。

「ティカ、俺に言うことがあるんじゃない?」

 冷たい口調で詰問されて、ティカは俯いたまま沈黙で応えた。頭上にため息が落ちる。

「……カリンとロゲートの様子がおかしいって報告を聞いたよ」

 身体を強張らせるティカの肩を、ヴィヴィアンは両手で掴んだ。

「どういうこと?」

 せっかく解決する方法を見つけたというのに。見下ろす剣呑な眼差しに怯えつつ、ティカは悔しさを噛みしめた。

「黙ってたら、判らないよ」

「ぁ……」

 口を開こうにも、言葉にならない。

「どこを見てるの?」

 弱り切った顔で、ティカは視線を揺らした。恐くてたまらないが、どうにかヴィヴィアンの顔を仰ぐ。
 苛立たしげに見下ろしていたヴィヴィアンは、ふと何かに気付いたように、眼を瞠った。

「……この跡はどうしたの?」

「え?」

「首のところ」

 襟から覗く鎖骨のあたりを、ヴィヴィアンは指で撫でた。
 ごく微かな痛みを感じて、ティカは昨晩、ロゲートにきつく襟を掴まれた時のことを思い出した。
 顔を強張らせるティカの一部始終を、ヴィヴィアンは目敏く見下ろしていた。

「誰?」

「え?」

「誰にやられた?」

 俯くティカの顔を覗いて、彼は低い声で問い質す。

「……っ」

「怒らないから、言ってごらん」

 この台詞を口にする時、大抵は既に怒っている。ティカは、首を左右に振って後じさった。
 頭の回転の速さでは、とてもヴィヴィアンに勝てない。口を利けば、全て明らかになってしまう。
 やはり、大急ぎで魔法を解いてこよう。そうすれば、少しはヴィヴィアンの怒りも治まるかもしれない。
 脱兎のごとく、ティカは勢いよく扉に向かって駆け出した。

「――何で逃げるの?」

「あっ」

 腕を取られて、あっけなく捕まった。揚句、今の逃走で彼の纏う空気は増々冷えた。

「ティカ?」

 怖くて眼を合わせられない。
 冗談ではなく、本当に肩が震え出した。あからさまに怯えるティカを見て、ヴィヴィアンは口調を改めた。

「本当にどうしたの? 何があったの?」

 包み込むように抱きしめる。心配と労わりに満ちた抱擁は、ティカの怯えを和らげた。

「ロ、ロゲートに……」

 ぼそぼそと口を開くと、肩を抱く腕に力がこめられた。背中越しに、ヴィヴィアンの緊張が伝わってくる。

「何もされてない! ただ、ちょっと話を……」

「話? 一人で行ったの?」

「ごめんなさい」

「何で?」

「ごめんなさい」

「ごめんなさいじゃ、説明になってないよ」

「ご……えっと……」

 情けなくも、すでに涙目であった。頭上でため息が聞こえる。

「……様子が気になった?」

 無言のままに頷くと、身体の向きを変えられ、頬を両手で包まれた。上向かされて、物言いたげな青い双眸に見下ろされる

「何もされていないだろうね?」

「……魔法を使ったから」

 ついに観念して、ティカは打ち明けた。

「はぁ――……」

「大丈夫、何もされていませんっ! それに僕、判ったんです! 魔法を解く呪文があるんですっ!」

 勢いよく喚くと、ヴィヴィアンは訝しげに眉をひそめた。

「どういうこと?」

「メル・サタナ!」

「……メル・サタナ?」

「アイ。相手の名前の後に、メル・サタナを唱えれば、すぐに消えるはず」

「なるほど……“解放する”ね」

 ドキドキしながら見上げていると、ヴィヴィアンは思案げに顎に手をやり、納得したように頷いた。

「ふぅん……試してみるか」

 瞳に理知の光を点して呟く。怒りよりも、好奇心が勝ったらしい。彼がこういう性格で助かったと思いながら、ティカは密かに胸を撫で下ろした。




11章:メル・サタナ - 2 -


prev index next