メル・アン・エディール - 無限海の海賊 -

航海記録

※日付順

『期号ダナ・ロカ1502年8月2日』
1章:出会いと出航 3話

呆気にとられた。海賊かもしれないとは思ったけれど、まさかこんなに若くて綺麗な男が、キャプテンとは!

『期号ダナ・ロカ1502年8月3日』
1章:出会いと出航 14話

ティカは目を剥いて、あらためてロザリオを観察した。
彼が、噂に名高いあの“剣銃士ロザリオ”、向かう所敵なしと言わせしめる、エステリ・ヴァラモン海賊団の総隊長。彼が本気になれば、兵力千の武装船も一人で沈められると言う……

『期号ダナ・ロカ1502年8月3日』
2章:エステリ・ヴァラモン海賊団 4話

オリバーは顔には出さなかったが、嬉しそうにしっぽを揺らした。

『期号ダナ・ロカ1502年9月5日』
2章:エステリ・ヴァラモン海賊団 10話

『期号ダナ・ロカ1502年9月5日』
3章:古代神器の魔法 9話

「もしもだよ。バビロンの扉を本当に開けるなら、無限海中の人間があの子を欲しがるよ」

『期号ダナ・ロカ1502年10月10日』

※小ネタ

『期号ダナ・ロカ1503年01月06日』

ヘルジャッジ号に変わり者は大勢乗っているが、彼も相当変わっている。
船に乗っているのに、工房から全く出てこない引きこもりで、肌は病的に青白い。

『期号ダナ・ロカ1503年01月07日』

この男の容姿や立居振舞には、相変わらず品格の高さと優雅さを感じる。
それでいて、対峙する者を戦慄させるのだ。

『期号ダナ・ロカ1503年09月25日』





航海記録


index 本編