COCA・GANG・STAR

4章:恋 - 4 -


 週末の土曜日。
 優輝は雑誌を手土産に、遊貴と共に某病院を訪ねた。

「げ、木下もきたのかよ」

 頭に包帯を巻いた楠は、遊貴を見るなり嫌そうな顔をした。

「久しぶり、杏里。意識が戻って良かった」

「ユッキーは平気?」

「俺は平気。俺も杏里も、遊貴が助けてくれたんだよ。杏里は、本当に危ない状態だったんだ。マジで助かって良かった……」

 気遣かわれた楠は、罰の悪い表情を浮かべた。

「木下がユッキーを助ける為に動いたのは、誤算だった。俺はてっきり……あの日、連れ出したりして悪かったな」

「全くだな。優輝ちゃんに何かあったら、お前も殺していたよ」

 冷たい口調で、遊貴は吐き捨てた。殺気のこもった紫の瞳で、病床の楠を射殺さんばかりに睨みつける。

(ひぇ~……見舞いにきたってのに)

 洒落にならない脅し文句に、優輝は青褪め、楠は腹立たしそうに眉をひそめた。

「糞ムカつく野郎だな……眞鍋はどうなった?」

「死んだ。拝島工場もGGGも閉鎖されたよ。麻薬が大量に押収されて、北城組の幹部が一斉検挙された。ビバイルも事実上の壊滅だ」

 淡々と遊貴が応えると、気が抜けたように楠は天井を仰いだ。

「……そっか。アイツ、死んだのか」

「優輝ちゃんに感謝するんだね。俺は、お前が野たれ死んでも、一向に構わなかったんだ。お前のせいで、優輝ちゃんは怖い思いをしたわけだし」

 勁烈けいれつな眼差しで遊貴がめつけると、楠も瞳に強い光りを浮かべた。

「ふざけんなよ。自分のことは棚上げかよ? 元凶はお前だろうが。ユッキーにちょっかいかけて、眞鍋に眼ェつけられたんだろ」

「おい、ここは病院なんだぞ? 遊貴も見舞いにきてるんだからさ」

 二人の間に険悪な空気が流れ出し、優輝は慌てて二人の間に入った。

「オーライ。平和的にいこう。お前が病院のベッドに呑気に寝転がっていられるのは、一つ、優輝ちゃんの優しさ。二つ、俺の機転。三つ、俺の権力と人脈のおかげだ。大きな貸しだよね?」

「……何がいいたいんだよ」

 昂然こうぜんと胸をそらす遊貴を見て、心底嫌そうに楠は呻いた。

「お前を助けたのは、ボランティアじゃない。度胸もあるし、人から情報を訊き出すのは巧みだ。能力を買ってやろう」

「は?」

「俺が日本にいる間、役立ってもらう。お前への貸しは、そうだな……学生だし、三割引でいい。ざっと見積もって五〇〇〇万円かな」

「はぁッ!?」

「全額返済するまで、組織に尽くしな」

 高飛車に命じると、遊貴は花が綻ぶように笑った。

「ふざけんな! 誰がてめーのいうことなんか聞くかよ!」

 上着に手を入れたと思ったら、遊貴はトカレフを抜いた。度肝を抜かれたのは、楠だけではない。

「遊貴ッ!?」

「死にたくなければ、協力しな。断るなら、C9Hを敵に回す覚悟を決めろ。その場合、今日が命日になるけど……どうする?」

「てめ、怪我人を脅すのかよッ」

「この病院も、C9Hの支配下に置かれているよ。この意味、判るよね?」

「勘弁しろよ……」

 楠は力なく項垂れた。天を向いて眼を瞑っている。空いた口から、何かが放出しそうだ。

「馬鹿、ここをどこだと思ってんだ。杏里は重体なんだぞ、物騒な真似はやめろよ」

「ユッキー、マジ天使……」

 砂漠でオアシスに手を伸ばす旅人のように、杏里は優輝に手を伸ばした。非情にも遊貴は優輝を抱きしめて、楠から引きはがす。

「用はそれだけだから。じゃあね」

 遊貴は優輝の肩に腕を回すと、病室の外へ出ようとした。優輝が振り返ろうとすると、肩を抱く腕に力を込める。

「お、おい、遊貴! 悪い、杏里。また連絡する!」

「お大事にー」

 焦る優輝を強引に病室から連れ出しながら、至極どうでも良さそうに遊貴はいった。

「――糞ったれッ」

 扉が閉じる瞬間、楠が盛大に吠えた。




4章:恋 - 4 -


prev index next