COCA・GANG・STAR

2章:ビバイル - 9 -


 イベント明けの、翌月曜日。
 強くなってきた日射しに眼を細め、優輝は屋上で弁当を広げていた。両隣には、遊貴となぜか黒田恭平までいる。
 初めての組み合わせだ。意外な顔ぶれに、屋上へくる途中、幾つもの好奇の視線に晒された。

「すごい組み合わせだよね……」

 何気ない口調で優輝が呟くと、二人は不服げな顔をした。

「俺は優輝ちゃんと二人でいたい。黒田、邪魔だから消えて」

「ふざけんな。話があるっていってんだよ。聞こうとしない、てめェが悪い」

 低めた声におののく優輝を見て、遊貴はぎゅっと肩を抱きしめた。

「脅かさないでくれる? 昼休みなんだから、後にしてっていったんだよ」

 ギリギリ、仲良しの仕草で通じるかどうか……別の意味でハラハラする優輝であったが、黒田はスキンシップの多い遊貴の態度を指摘はしなかった。
 それよりも、しっしっ、と手で追い払う遊貴を見て、こめかみに青筋を浮かべている。

「ああああのさ」

 緊迫感に耐え切れず、優輝が上擦った声を上げると、二人は険を解いて優輝を見た。

「あの、とりあえず、飯にしよ?」

 意外にも、黒田は大人しく頷くと、カツサンドの封を開けた。遊貴も仕方なさそうに、ホットドックを食べ始める。

「木下、いつ拝島を封鎖する?」

「あのさぁ、話す場所を考えてくれない?」

 平和は一秒と続かない。不愉快そうに遊貴が睨むと、黒田は質問の矛先を変えた。

「ユッキーは、どこまで知ってるんだ?」

「えっ?」

 唐突に話をふられて、優希は大袈裟なほど肩が撥ねた。意外にも、黒田は優輝をユッキーと呼ぶ。

「優輝ちゃんに、余計なことをいわないでくれる?」

「まずいのかよ? やたら一緒にいるから、木下の色なのかと思ってたぜ」

 爆弾発言に、優輝は口の中の米粒を吹き出しかけた。

「……違ったのか。なんも知らねェんだな」

 何気ない一言だが、その言葉は優輝の胸に突き刺さった。指摘の通り、二人が何を話そうとしているのか、優輝にはまるで判らないのだ。
 沈んだ優輝に気付いて、遊貴は顔を覗き込んだ。

「優輝ちゃん? 黒田のいうことは、気にしなくていいからね」

「いや、別に……」

 やりとりをどう思ったのか、黒田は愉快そうに吹き出した。

「なんて顔してんだよ。柄じゃねーだろ」

「煩いな。殺すよ?」

 遊貴にしては、乱暴な口調だ。低めた声には、紛れもない苛立ちが滲んでいる。
 優輝がおろおろと二人の顔を交互に見ると、二人は肩をすくめて睨み合いの火花を消した。

 放課後。
 黒田の話が気になっていた優輝は、旧校舎へ向かう黒田を見るなり、背中を追い駆けた。

「黒田先輩!」

「ユッキー? 何してるんだ?」

 振り向いた黒田は、堂々と煙草を咥えていた。

「委員会の帰りです。今ちょっといいですか?」

「悪ィ、今は……」

「少しでいいんですッ!」

 拝み手で優輝が縋ると、黒田は仕方なさそうに紫煙を吐きだした。

「なんだ?」

「あの……ビバイルのこと、教えてください」

「アイツから、聞いているんじゃないのか?」

「遊貴は、俺に話そうとしないから。昼休み、屋上で何をいおうとしたんですか?」

「あぁ……非合法の工場団地の話だよ。木下のところとは地権で揉めててな。アイツが話してないなら、俺が話すことでもないだろ」

「じゃあ、ビバイルは?」

「なんで、そんなことを訊くんだ?」

 訝しげに見つめられて、優輝は緊張気味に姿勢を正した。

「ただの好奇心じゃありません。友達も、遊貴も関わってるから、俺にはすごく大事なことなんです。教えてください」

「だから、アイツに訊けよ」

「でも……」

 悔しげに優輝が沈黙すると、黒田は小さく嘆息した。

「ビバイルの親は、名の知れた広域指定暴力団だ。連中は、自分達で製造したメタンフェタミンを、パーティーでハイになりたい学生達に、ビバイルを使ってばら撒いてるんだよ」

「メタンフェタミン?」

「かつてのヘロインの代わりで、覚醒剤シャブの主成分だよ。専門知識がなくても、然るべき科学物質と、市販の工具、あとは秘密基地があれば、誰でも作れる安価な麻薬だ」

「黒田組の縄張りで密売をしたから、黒田組は怒っているんですか?」

「それだけじゃねェんだけどよ……俺がムカついてるのは、もっと別のことだ」

「別のこと?」

「拝島工場団地は昔の九龍クーロン城みたいに、裏金の流れるスラム街でよ。住んでるのは、不法滞在者ばっかりだけど、ダチが住んでるんだよ……昔は、もうちょいマシだったんだ。あいつらが、麻薬製造基地に変えちまった。もう、解体されるのも時間の問題だ」

 ようやく、昼休みに黒田がいいかけた話が、朧ながら見えてきた。

「遊貴が、拝島工場団地を解体しようとしているんですか?」

「……キャリアが浅いし、信用はいまいちだ。あの工場に、終わりは見えてた。けどよ、働いている奴等に行き場なんてねぇのに」

 黒田は咥えていたアメリカン・スピリッツを地面に叩きつけると、足で踏み潰した。

「その工場が解体されたら、たぶん、関係者も捕まりますよね?」

「だろうな」

「俺の友達、ビバイルの売人なんです。大丈夫かな……」

 視線を落とす優輝を、黒田はちらりと見た。

「パクられても、すぐ釈放されんだろ。まっとうな職に就く気があるなら、とっとと手を切れっていってやれ」

「はい……」

「なぁ、結局のところ、木下とはどういう関係なんだ?」

 狼狽える優輝を見下ろして、黒田はすぐに言葉を継いだ。

「別に隠すこたねーよ。付き合ってるのか?」

「……俺にも、よく判りません」

「判んねーのかよ? 木下はなんていってるんだ?」

「遊貴は秘密が多過ぎるから。肝心なことは、何も教えてくれないんです」

「……アイツなりに、お前のことを考えてるんじゃねぇの」

「どうしてですか?」

「木下は、お前が考えているよりも危険な男だよ。俺と同じように、極道の掟を守って生きている。そこんところを判ってないなら、傍にいない方が身の為だと思うぜ」

「どういう――」

 問いかけた言葉は、中途半端に途切れた。
 工事中の旧校舎から、柄の悪い連中が集団で現れたのだ。それぞれ、手に物騒な獲物を持っている。

「よぉ、黒田。お礼参りにきてやったぜ! この間は、派手にやってくれたじゃねェか!」

 先頭の男が吠えた。凄まじい声量に、空気がビリビリと震動する。優輝はびびりまくったが、黒田は少しも動じなかった。

「だ、誰ですか?」

「ビバイルの幹部で、工藤って奴だよ。この間、あいつらと抗争になって停学処分を食らったんだ。俺の客だ。お前はもういけ」

 震える優輝の肩を、黒田は軽く突き放した。その様子を見て、工藤は眼を細めた。

「おいおい。この人数を、一人で相手する気かよ?」

「十分だろ?」

「かっこつけてんじゃねェよ。閃光の総代が生贄を買って出てもよ、お前を片付けたら、他の奴等も潰しにいくぜ?」

「あっそ。じゃぁ、俺とタイマン張ってくんねェ?」

 黒田が泰然といい放つと、工藤は鼻で嗤った。

「馬鹿じゃねェの。喧嘩じゃなくて、報復にきたんだよ」

 空気は極限まで張り詰めた。優輝が腕を伸ばした時には、黒田は弾丸のように駆け出していた。
 熱狂する軍勢は、一方的なリンチを期待して黒田に襲いかかる。数の暴力だ。中には角材やバッドを持った奴もいる。

「先輩ッ」

 優輝は叫んだ。どんな修羅と化すのかと怯えたが、信じられないことに、黒田は最初の衝突で倒れなかった。
 加速した飛び蹴りから、流れるような回し蹴りが決まり、嘘みたいに四人の身体が宙に浮いた。眼を奪われるような、洗練された身のこなしだ。
 武器を持った相手にも怯まず、懐に飛び込んで、突きだした腕を逆に掴んで捻る。苦痛の声を上げるのは、相手の方だった。

「すごい、黒田先輩」

 勝ち目のない戦いと思ったが、もしかすると、もしかするのかもしれない。
 LINEで遊貴に助けを求めた時、黒田の死角から、襲いかかる影が見えた。
 黒田が危ない――それしか考えられなかった。
 気付けば、優輝は駆け出していた。




2章:ビバイル - 9 -


prev index next