COCA・GANG・STAR

1章:優輝と遊貴 - 7 -


 二十二時過ぎ。間もなく閉店時間を迎える珈琲喫茶。
 急用の入った楠に代わり、優希は珍しく遅番のシフトで働いていた。
 店終いの準備を始めていると、その日に限って柄の悪い連中がやってきた。機嫌の悪そうな強面で、カウンターに立つ優輝を見るなり、視線を尖らせる。

「お前が木下遊貴?」

 通算、何度目の質問だろう? デジャブと呼ぶには馴染み過ぎて、優輝はうんざりした。

「違います」

「あ? 名前は?」

「木下優輝ですけど、有名な方とは別人で――」

「面貸せよ」

 説明を終えないうちに、襟首を掴まれた。これは、有無をいわさず連行されるパターンだ。

「マスター!」

 助けを求めると、厨房の奥からすぐに伯父の三枝が飛んできた。

「優輝君?」

 “ユキ”と聞いて不良達の眼が据わり、優輝は青褪めた。完全に誤解されている。

「やっぱり、木下遊貴じゃねぇか」

「読みは同じでも、漢字は別で――」

「うるせぇ」

「ちょっと、君達! 乱暴はやめてくれ」

 三枝が凄むと、不良達は不満そうな顔をしたものの、優希から手を離した。

「後でな」

 後頭部を叩かれて、優輝はよろめいた。三枝はむっと彼等を睨んだが、不良達は謝りもせず、ふてぶてしい態度で店から出ていった。

「優輝君、大丈夫?」

「すみません、騒がしくて」

「平気だよ。お客さんはもういないし。それより、何もされなかった?」

「はい。マスターのおかげです」

 心配そうにしている三枝を見上げて、優輝は安心させるようにほほえんだ。
 思えば、遊貴と出会ってから、不良に絡まれることが増えた。平和な中学時代からは想像もつかないが、何事も免疫がつくものである。

「優希君」

 仕事を終えて帰ろうとすると、三枝に呼び止められた。四角い紙を手渡され、中を見るなり優輝は顔を綻ばせた。

「ありがとうございますっ!!」

 生まれて初めての、給与明細だ。
 神様を仰ぐように、眼を輝かせる優輝を見て、三枝は面映ゆそうにほほえんだ。

「お疲れ様。よく頑張ってくれたね。今日に懲りず、これからも頑張ってくれると嬉しいな」

「はい!!」

 優希は満面の笑みで頷いた。
 初給料の喜びで、不良に絡まれた気鬱はどこかへ消し飛んだ。もともと楽観的な性格をしているので、不安や悩みは持続しない性質たちなのだ。
 帰りにコンビニへ寄って、三万円を引き出してから家路についた。明日の昼食は、少しだけ贅沢しても良いかもしれない。
 鼻歌でも零れそうな気分だったが――
 店に押しかけてきた顔ぶれが暗がりから現れ、優希はたちまち顔を強張らせた。唖然とする優輝の腕を掴み、不良達は強引に裏道に引きずり込もうとする。

「離せ!」

「うるせぇ。人の女に手ぇ出しやがって」

「誤解だ! 俺じゃないッ!」

 遠慮のない、鋭い蹴りが飛んできた。防御する余裕もなく、優輝はしたたかに壁に身体を打ちつけた。

「……弱すぎじゃね?」

 くずおれる優輝を見て、不良達は顔を見合わせている。

「やっぱ、冴えない方の木下優輝なんじゃねぇの?」

「どうだろ。本物が、こんな簡単にやられるわけねぇか?」

 優輝は涙目になりながら、彼等を見上げた。

「だから、人違いだって、いってるのに……ッ」

「ホントかよ?」

「さぁー」

 非情な彼等は、どうでも良さそうに首を振った。蹲る優輝を、容赦なく蹴り上げる。強烈な衝撃に、脳髄が揺さぶられた。

「人違いなら、無駄足もいいとこだぜ。ふざけやがって」

 暴力は止まらなかった。
 常識が通用しない。身を丸めて防御していたが、ようやく解放された時、優輝はボロボロになっていた。顔は無傷だが、服の内側は酷い痣になっているだろう。

「げほっ」

 不良の一人が、苦悶する優希の髪を掴みあげ、携帯のカメラを向けた。
 パシャッと機械音が鳴る。
 写真を撮られた――
 ショックのあまり呆然自失していると、不良達は転がっている優輝の鞄を漁り始めた。

「やめろ!」

 身動きの取れない身体で喚くと、不良共は現金の入った財布を引っ張り出した。

「お、万札じゃん」

「おいっ!? 人の金だぞ!」

 不良達はにやにやと、嫌な笑みを浮かべている。

「勉強料だよ。ビバイルを怒らせると、どうなるか判ったろ?」

「返せよッ」

「ここだけの話にしようぜ。誰かに話したら、写真をネットに晒すからな。判るだろ?」

 ふざけるな――瞳に怒りを灯して、優輝は睨みつけた。不良達は鼻を鳴らすと、背を向けて、やる気のない足取りで角を曲がっていく。追い駆けようとしたら、身体中に激痛が走り、蹲る羽目になった。

(初めてもらった、お給料なのに!)

 不良達は、優輝を殴って恐喝したことなんて、歯牙にもかけていないのだろう。あの足取りを見れば判る。

「ちきしょうッ」

 怒りで眼が眩みそうだ。許せない。笑いながら人を殴って、金を取っていきやがった。




1章:優輝と遊貴 - 7 -


prev index next