COCA・GANG・STAR

1章:優輝と遊貴 - 6 -


 GW明けの五月。
 遊貴と出会い、一ヵ月が経った。初日の騒動が嘘のように、平穏な日々を送っている。
 クラス仲も良く、遊貴ともよく喋る方だ。同じクラスなので、顔を合わせる機会が多いのも理由の一つだが、何より名前の読みが同じという偶然が、二人の距離を縮めた。
 クラスで優輝はユッキーという仇名が定着し、遊貴は木下君、或いは遊貴君と呼ばれるようになった。
 優輝の名前を見て、ゆうき、と勘違いする生徒は少なくなく、その度に優輝は訂正している。

「よく間違えられるよね」

 何度目かのやりとりの後、様子を見ていたらしい遊貴に声をかけられた。彼の名前も漢字だけ見ると、“ゆうき”か“ゆき”か、判断に迷うところだ。
 よく似た名前の偶然。二人だけの共感を得られることに、優輝は少しだけ優越感を抱いていた。
 最近知ったのだが、遊貴は連絡先を優輝にしか教えていないらしい。声をかけられる頻度も、クラスでは優輝が一番だ。
 もしかしたら、学校で彼と一番仲が良いのは、自分かもしれない。密かに自負する優輝だが、

「どうして、ビバイルを狩っているの?」

 その質問に、遊貴はほほえむばかりで応えてくれなかった。鬱陶しく思われるのも嫌で、優輝もしつこくは訊いていない。
 遊貴には、噂以上の秘密があるような気がする。
 社交的だし、クラスに馴染んではいるが、遊貴の存在は異質だ。彼の持つ独特の空気は、他の生徒とは全然違う。

 “ビバイルの幹部を再起不能にした”
 “視聴覚室に連れ込んでは、女の子を食ってる”

 遊貴の黒い噂は枚挙にいとまがないが、彼が魅力的な男であることに変わりはない。
 類稀たぐいまれな容姿と血統。華やかで社交的な性格。神秘的で、魔性めいた紫の瞳に、誰もが虜になった。
 男も女も、彼の傍に近付きたくて、秋波を送っている。
 特に女子は、遊貴の危うい魅力に夢中だ。校内に留まらず、校外にまでファンがいるらしい。
 教室に遊貴がいると、時々収拾がつかないほど騒然となるが、居心地の良いクラスであることに変わりはない。
 平穏な学校生活に、優輝は概ね満足していた。
 目下の目標は、八年使っているPCの新調である。資金調達の為に、珈琲喫茶でアルバイトも始めた。
 マスターこと、三枝高志は寡黙だが気のいい人で、優輝の伯父でもある。優輝が日本に残ることができたのも、この親切な伯父が、渋る両親を宥めてくれたおかげだ。
 初めてのアルバイトは、刺激的だった。
 お店の雰囲気もとても良い。ジャズの流れる落ち着いた空間で、訪れる客も洗練された大人が多い。
 一つ年上の同僚は、悪名高い三商の生徒で、派手な外見をしているが、気さくで楽しい人だ。
 彼の名前は、楠杏里くすのきあんり
 癖のない髪を、赤……というより、ワインカラーに染めている。いつもお洒落な格好をしていて、見た目も性格も、なんとなく猫っぽい。
 彼は、優輝の名前を聞くと、非常に驚いた顔をした。

「木下遊貴!?」

「違います。別人です」

 名乗った後に誤解を解くところまで、もはやテンプレになりつつある。

「ユッキーに手ぇ出したら、木下優輝がキレたって、本当?」

「えっ?」

「ビバイルの人間が、木下遊貴に焼き入れられたって、三商でも噂になってるよ」

 面白がるように眼を輝かせる楠を見て、優輝は眉を下げた。

「その件に関しては、遊貴は何も悪くないよ。俺が絡まれているところに偶然居合わせて、助けてくれたんだ」

「ふぅん。よほど腕に自信があるんだろうな。最近じゃ、ビバイルに歯向かう奴なんて、滅多にいないんだぜ」

 楠は、渋谷界隈の情報通で、特に不良グループの勢力図には異様に詳しかった。広汎こうはんな知識は、三商でも重宝されているらしい。
 渋谷は戦争中だ。
 最大派閥――構成人数三〇〇〇人を抱えるビバイルを筆頭に、不良同士の抗争が激化している。
 第二勢力は、アオコーの三年生、黒田恭平の率いる“閃光”だ。構成人数は五〇余りと小規模だが、結束力が強く、個人の戦闘力の高さでも知られている。
 総代である黒田恭平は、二ヵ月前にビバイルとの抗争で傷害事件を起こしており、現在は長期停学処分に服している。
 他には、レギオンという不良グループが有名で、その下にも第四、第五と、犯罪予備軍が続いていく。
 眠らない街。繁華街の無法地帯――群雄割拠の渋谷に、彗星のように現れたのが木下遊貴だった。
 他のグループのように、組織を持たずに一人で行動しているが、背後には巨大資本企業、C9Hの存在がある。彼を本気で怒らせれば、五体満足は元より、社会的に抹殺されかねない。
 遊貴は、数ヶ月前からビバイルの主要幹部を単独で潰している。中には、再起不能になった者もいるらしい。動機が不明な上、確実に仕留めるので、ビバイルは怒り心頭で厳戒態勢だ。
 当然、遊貴もビバイルに狙われている。
 仲間と群れない遊貴だが、防衛面は鉄壁らしい。聞いた話では、黒塗りの車に送迎されたり、傭兵にしか見えない黒服の護衛を従えていたりするらしい。

「……なぁ、木下遊貴ってどんな奴?」

 頬杖をつきながら、楠は眼を輝かせて尋ねた。

「んー、毎日ちゃんと学校きてるし、普通に笑うし、いい奴だよ」

「へぇ! いい奴ってのは、初めて聞いたな」

 感心する楠に、優輝は相槌を打った。
 遊貴にまつわる黒い噂は山とあるが、本人を見ている限り、そう凶悪な男には見えないのだ。

「大のメディア嫌いで、写真は拒否るって聞いたけど」

「それは、そうかも……」

 社交的な遊貴だが、写真に写ることを極端に嫌う。カメラを向けようものなら、今すぐ消して? と穏やかだが威圧的に命令するのだ。
 実際、クラスの女子がいわれている光景を、目の当たりにしたことがある。こっそり撮った生徒が、後から黒服に襲われたという噂もあった。

「話はよく聞くけど、ちゃんと顔を見たことないんだよな」

「すごいイケメンだよ」

「らしいねー。俺、木下遊貴はビバイルの売人プッシャーだと思ってた。幹部連中と会ってるみたいだし。でも、派手に狩ってるし、違ったんだな」

「プッシャーって?」

「麻薬の売人のこと。ビバイルはエス、メス、スピードにエクスタシー、クリスタル、なんでも売ってるぜ。GGGって知ってる?」

「ううん」

「道玄坂の方にあるハコだよ。ビバイル主催で、会員制のでかいイベントもやってる。そういう時は、売人もやってくるんだ。木下遊貴は常連らしいぜ。といっても、あそこで会ったことねーけど」

「ふぅん……」

「木下遊貴って、ビバイル相手に喧嘩仕掛ける割に、組織を作るでもないし、一匹狼だし。何が狙いなんだろうな?」

「さぁ……」

 それは、優輝も知りたい。遊貴に関する最大の謎だ。
 首を傾げる優輝を見て、楠は真面目な顔をした。のほほんとした優輝を、案じるように見つめている。

「毎日登校してるってのは意外だけど、いい奴っていう認識はどうかと思うぜ。あんまり、油断しない方がいいんじゃねーの?」

 彼なりに心配しているらしい。肯定も否定もできず、優輝は曖昧な笑みで応えた。




1章:優輝と遊貴 - 6 -


prev index next