COCA・GANG・STAR

1章:優輝と遊貴 - 5 -


「優輝ちゃん、大丈夫?」

 ちゃんづけされたことに少々驚いたが、優輝はすぐに頷いた。

「あの、ありがとう! 助かった」

「いえいえ。こっちこそ悪かったね。俺のせいで、とばっちりだったろ」

「や、その……知り合い?」

「さぁ? 見たことないな。向こうも、俺の顔は知らなかったみたいだね」

「確かに……なんで絡まれたんだろう」

 いくら柄の悪い連中とはいえ、異様に殺気立っていた。躊躇いもなく刃物を向けたくらいだ。
 思い出したら怖くなり、優輝は両腕を交差させて震えを抑えこんだ。

「俺はビバイルを狩っているから、名前だけは有名なんだ。最近は、向こうもかなり警戒しているよ」

 そういえば、今朝、小宮がそんなことを話していた。

「あの噂、本当だったの!?」

 眼を丸くする優輝を見て、遊貴は万人を魅了するであろう笑みを浮かべた。

「本当だよ。俺はビバイルを壊滅させる為に、地球の裏側から、はるばる日本までやってきたんだ」

「へ?」

 顔中に疑問符を浮かべる優輝を見て、遊貴は小さく笑った。

「すごい偶然だね。一緒に桜を眺めた相手と、同い年で、同じクラスで、名前までそっくりだなんて。階段で一服してたら、真下で絡まれているし……もう、どこで出会っても驚かないよ」

 彼は、さらりと喫煙を仄めかした。まぁ、細かいことは置いておいて……優輝も今朝からの偶然に思いを馳せた。

「本当だね。俺はとんでもない有名人と、同じ名前なのか……」

 呟きには、多少の戸惑いが滲んだ。すると、遊貴は気遣うような微苦笑を浮かべた。

「困ったことがあれば、力になるよ」

「喧嘩、強いんだね。喧嘩っていうかなんか、格闘を見ているみたいだったよ。凄かった」

 探るように仰ぐ優輝を見下ろして、遊貴は意味深な笑みを浮かべた。

「慣れているからね」

「ふぅん……? なぁ、ビバイルに三島っている?」

「三島?」

「さっきの奴等、恨んでるみたいだったけど」

「あぁ……そういえば、そんな奴を狩ったな。ちゃんと手加減したし、生きているよ」

 生きていなかったら大変だろう。押し黙る優輝に気付かず、遊貴は機嫌良さそうに携帯を取り出した。

「ね、アドレスを教えて」

「え?」

「今度、遊ぼうよ」

 携帯を操作する遊貴につられて、優輝もポケットから携帯を取り出した。

「連絡するね」

 連絡先を交換すると、遊貴は嬉しそうにほほえんだ。
 誰もが知っている有名人が、優輝に対して好意的な笑みを向けてくれる。端末に登録された遊貴の名前を見て、優輝も思わず笑顔になった。

 その日の夜。
 点けっぱなしのテレビからは、今日も麻薬のニュースが悪し様に流れている。中毒者ジャンキーや不良達がそこかしかで問題を起こして、ネタをせっせと提供しているせいだ。
 ニュースキャスターの淡々とした声をBGMに、優輝はスカイプで友哉と雑談していた。

『心配だよ。やっぱり、今からでもアメリカにおいでよ』

「いや、そうもいかねぇよ……」

 もう何度か繰り返しているやりとりだ。
 今日の出来事を洗いざらい喋ってしまったことを、優輝は後悔していた。アメリカにいってからというもの、友哉は心配性になったように思う。

『そいつ、普通じゃないよ。もう一時間漁ってるのに、有益な情報が全然見つからないなんて』

 ディスプレイの向こうで、友哉は悔しげに唸った。

「金持ちみたいだし、露出に気を使ってるんじゃないの?」

『情報規制されているとしか思えない……くっそー』

「落ち着けよ」

『いや、意図的に伏せてるんだと思う。相当頭のいい奴だと思うよ。裏でどんな悪いことしているやら……近付かない方がいいって!』

「友哉、咳が出るから――」

 気管支の弱い友哉は、過度な運動はもちろん、少しの興奮で喉を傷めることがある。

『俺より、自分の心配をしなよ!』

「カツアゲは未遂だったし、心配すんなって……なぁ、母さんにはいわないで。心配するだろうから」

 友哉は歯痒げな表情で沈黙した。ふて腐れ気味に視線を逸らす友哉を見て、優輝は複雑な気持ちを味わった。
 優輝が日本に残ることに、最後まで反対していたのは友哉だ。
 今まで、なんでも相談してきた相手だが、これからは控えた方がいいのかもしれない。
 心配してくれる気持ちは嬉しいが、その度に“アメリカへこい”といわれるのも嫌だった。




1章:優輝と遊貴 - 5 -


prev index next