COCA・GANG・STAR

1章:優輝と遊貴 - 14 -


「ごめん。もう何もしないから、帰らないで」

 腕を振り解こうと暴れたが、耳朶に囁かれ、へなへなと腕から力が抜けた。
 逃げないと判ったのか、遊貴は身体を離すと、優輝の手を引いて歩き出した。

「部屋に案内するよ」

 部屋は見るからに余っていたが、遊貴はわざわざ自分の寝室に案内した。
 無言でベッドに押し込めようとするので、流石に足を踏ん張って抵抗した。

「――おい」

「ん?」

「俺も同じベッドで寝るのかよ」

「駄目?」

 妙にかわいらしい仕草で、遊貴は小首を傾げた。

「駄目だろ」

「いいよね」

「聞けよッ」

「はいはい」

 軽く流されて、強引に引きずり込まれた。二人で横になっても十分な広さはあるのに、ぴたりと背中に寄り添い、抱きすくめられる。

「ちょ、この体勢で寝る気?」

「優輝ちゃん、抱き心地いいね」

「――ッ」

 跳ね起きようとしたら、腰に回された腕に力が込められた。

「ちょっ」

「うん、優輝ちゃん気に入った。いい?」

「何がッ!?」

 頬に吐息が触れたかと思えば、ぱくりと耳朶を食まれた。

「うぁっ」

 耳の穴にまで舌を挿し入れられて、優輝は震えた。狼狽えているうちに、シャツの下に手が潜り込む。

「えッ」

 ひんやりした指先は、つと下腹から胸までの肌を吸いつくようになぞり、胸の先端を柔く押し込んだ。

「ふ……ッ」

 好き勝手に蠢く腕をどうにか押さえつけると、遊貴は忍び笑いを漏らした。

「優輝ちゃん感じやすいし、凄く気持ち良くなれると思うけど……どう?」

「却下!!」

「えぇ? 優輝ちゃんとしたい」

「そんな調子で、お前は何人とヤッてきたんだ?」

「いっておくけど、家に連れてきたのは優輝ちゃんが初めてだよ」

 肩を掴まれて、目線を合わせられた。優輝が息を呑むと、遊貴は笑みを消して真面目な顔をした。

「どうしたら、抱かせてくれる?」

「は?」

「仮に優輝ちゃんが俺を好きになったら、キスしてもセックスしてもノー・プロブレム?」

「プロブレムだらけだろ。落ち着けよ」

 狼狽える優輝の額に、遊貴は触れるだけのキスをした。

「な、何もしないって……!」

「お休みのキスだよ。こんなの手ぇ出したうちに入らない」

 唇を親指でなぞられて、優輝は逃げるように顔を横に倒した。ふと、視界の端に鈍色の光を捉えた。

(拳銃? ……本物?)

 ベッドの棚を凝視していると、遊貴は視線の先を辿って、ああ、と頷いた。気になって腕を伸ばすと、途中で絡めとられた。

「危ないから、触っちゃ駄目」

 視線を剥がせずにいると、遊貴はおもむろに銃を持ち上げてみせた。

「超軽量、サイレンサーモデルにカスタムした、コルト一九一一だよ」

 手を添えてスライドすると、弾が薬室に装填されるリアルな音が鳴った。

「……モデルガンだよな」

「どう思う?」

 曖昧な笑みを浮かべると、遊貴は装填を解除して元の場所に戻した。堂に入った手つきを見て、こくり、と優輝は無意識に喉を鳴らした。

「お、俺、やっぱり帰……」

 いろんな意味で、ここにいては危ない気がする。起き上がろうとすると、肩を押さえつけられた。

「帰ろうとしたら、犯すよ」

 穏やかな口調が、いきなり硬質なものに変化した。耳朶に低く囁かれ、優輝は沈黙せざるをえなかった。
 深く考えてはいけない気がする。
 瞳を閉じると、思考を止めて無心を心掛けた。暖かな腕に包まれるうちに、やがて眠りに落ちていった。




1章:優輝と遊貴 - 14 -


prev index next