BLIS - Battle Line In Stars -

episode.4:BLIS JL - 38 -


 八月十四日。目黒に新設されたイベント会場。
 ざわめく会場には、ピリピリと肌を刺すような空気が漂っていた。
 今日ここで日本の頂点が決まるのだ。
 闘うのはリーグ無敗のTeam Deadly Shotと、Hell Fire。
 満席の会場を肌で感じて、昴はぞくっと背筋を震わせた。
 開幕戦でも思ったことだが、数万人が見ているステージに立つというのは、凄まじいものがある。
 いつもとは机や椅子の高さも違うし、画面越ではなく、観客の歓声はダイレクトに聞こえてくる。

「昴」

 圧倒されていると、連に名前を呼ばれた。隣を見ると、チームメンバー全員が昴を見ていた。

「表情が硬いよ」

 無表情な連にいわれて、昴は思わず吹き出した。

「連にいわれたくないよ」

 笑いまじりの軽口に、他のチームメンバーも笑った。笑った拍子に余計な力が身体から抜けた。

「大丈夫。オフラインも二回目だ。開幕戦のようにはならないよ」

 全員の眼を見返して、昴は力強く答えてみせた。
 世界大会進出を懸けて、BO5(三点先制)の試合が始まった。

 Game 1

 ルカと和也が前にいて、隙間を狙うように、敵のアサシンがプレッシャーをかけてくる。アレックスのディオス性能は、敵アサシンと一対一で負ける。前に出られない。一歩踏み込むタイミングは敵アサシン次第だ。

(くるのか? くるのか? くるのか!?)

 昴の緊張はどんどん増した。
 視界が取れず、オブジェクトを狙いにいけない。我慢の時間帯だ。
 道を切り開く為、ルカが危険を冒して灯光器を設置しにいく。リスクは高いがサポートの役目だ。

「寄ってる!」

 死角――ブラックホールに潜んでいた敵は、ルカを人数差で搦め捕った。勢いを落とさず、グループアップしてHell Fireの自陣に乗り込んでくる。昴はまだ、コアアイテムが一つも完成していない!

「ッ」

 ヒュッ、と昴は息を呑んだ。
 ダメージが通らない。装備差が開き過ぎた。この後は、一方的な殺戮が待っている。自陣ギリギリに下がりながら攻撃を当てるが、敵のタンクは、俺強ぇだろ? といわんばかりに突っ込んでくる。

「チッ」

 ゲートが破壊される瞬間、ルカが舌打ちをした。

『さぁ、ゲーム1を制したのは王者Team Deadly Shotとなりました。一糸乱れぬ扉へのアプローチは、まさしく鍛え抜かれた軍隊そのもの。Hell Fireはどう喰らいついていくのか? 十五分の休憩を挟んで、ゲーム2を開始します』

 実況者のアナウンスが流れると、会場はざわめき始めた。昴達も席を立って控室に戻ると、すぐにBAN&PICKの相談を始めた。

 Game 2

 敵はBANの三枠全てを昴へのターゲットBANに集中させた。
 使えるディオスの少ない昴は、これをやられると弱ってしまう。敵は昴を警戒しているわけでなく、得意ディオスを取り上げて、チームの弱体化を狙っているのだ。
 隣でルカが舌打ちしている。否応なしに昴のPICKに合わせたディオス構成をするしかないからだ。
 痛感する――ディオス・リストの少なさは、多様なリーグを勝ち抜く為に致命的過ぎる。今後の大きな課題になるだろう。
 気持ちを切り替えてゲームに臨んだが、序盤から苦しめられた。
 やはり使い慣れていないディオスだと、動きが悪い。
 試合展開は常にTeam Deadly Shotがリードし、G差は一万近く離されて、SoloQueueならとっくに降参サレンダーする状況に追い込まれた。
 プロの試合では、どんなに負けていてもサレンダーは許されない。苛ついたチームがたまにするが、視聴者と運営の両方から非難される。昴はいいところが一つもないまま、試合に負けた。

 Game 3

 ゲート防衛の佳境で、敵は五人全員で攻めてきた。Hell Fireはタンクの数を残して全滅だ。ベース復帰まであと二十秒。最後の砦、扉にダメージが蓄積していく。
 もってせいぜいあと十秒。仲間の復帰はあと二十秒。時は無情に進んでいく。
 残り九秒、八秒、七秒、六秒……もう間に合わない。誰もがそう思った。

『敵のゲートが割れた――ッ!?』

 敵ディオスの猛攻を防いでいる間に、自軍のスターソルジャーが相手のゲートを叩き割ったのだ。
 罵声と咆哮。
 まさかの大逆転に会場が震えた。解説実況の二人も、机を叩いて大爆笑している!
 まさかスター・ソルジャーがゲートを壊すなんて、誰も想像すらしていなかった。カメラマンも観客も、闘っている本人達ですら、誰一人気付いていなかったのだ。

「こんなことってあるんだ!?」

 昴は信じられない思いで、ディスプレイに出現した「勝利」の2文字を凝視した。

「助かったな」

 この展開に、さすがの連も息をついた。和也が連の頭をくしゃっと撫でている。

「うぉ」

 首に衝撃を感じて、昴はよろめいた。ルカが抱き着いてきたのだ。

「Amazing!」

「yup」

 ルカとアレックスがそれぞれいう。
 この奇跡のような一勝で、Hell Fireは風前の灯のような細い命を、どうにか繋ぎとめた。




episode.4:BLIS JL - 38 -


prev index next