BLIS - Battle Line In Stars -

episode.4:BLIS JL - 35 -


 ROUND6、7とHell Fireは二連勝した。
 ROUND8は、ROUND3で敗北を喫した優勝候補のTeam Deadly Shotが相手で、雪辱を晴らさんと昴は意気込んでいたが――
 先制二点を取られて、惨敗した。
 チーム全体の戦績はともかく、昴と敵ACEの戦績差は一目瞭然だった。一対一で負けて、二対二で負けて、三対二有利な人数差でも負けて、集団戦でも一方的にやられた。ボロッボロだ。
 ROUND6、7と連勝を決めて、強くなってきた実感があっただけに、痛恨のダメージだった。
 リーグを通して成長しているのはTeam Deadly Shotも同じで、向こうの方が戦略もグループアップもより洗練されていた。
 まだ届かなかった……
 会場にいる間はどうにか平静を保ったが、チーム全員が打ちのめされていた。
 控室に入ると、アレックスは椅子に座り項垂れた。和也も無言で席につく。連は壁を背に立ち、難しい顔をしていて、ゲームの敗因を考えている風だった。
 昴は、個室に入るなり涙が込み上げた。負けた――悔しくて、悔しくて、悔しくて。言葉にならない。

「……ッ」

 歯を食いしばったが、堪えきれない嗚咽が喉から漏れた。
 鳴き声につられたように、全員がはっとした顔で昴を見た。全員の視線を受け止めて、もう、申し訳なくて、昴は頭を下げた。

「ごめんッ、俺のせいだ」

 全員が、弾かれたように昴の回りに集まってきた。連は昴の頭を抱き寄せた。

「違う。チーム戦に負けたのは、全員の問題だ」

「う……ッ……ぅ~っ」

 いくら詫びても足りない。Hell Fireはもっとずっと強いチームなのに、ACEが、昴が足を引っ張っている。
 悔しくて悔しくて、腹の底が煮えたぎっているようだ。チームに申し訳なくて、顔を上げることができない。

「泣かないでよ……昴が自分のせいだっていうなら、僕だってサポートなのに守りきれなくて、ごめん」

 いつになく沈んだ声でルカがいった。

「……俺、最悪だ……あんな戦績、ACE失格だよ……くっそぉ~……ッ」

「昴……」

 伸びてきた手に、かわるがわる頭を撫でられた。皆が見ているのに、連は昴のこめかみに唇を押し当てた。
 一人だけ泣いていることが恥ずかしくなり、昴は連の胸を押した。連は心配そうに手を伸ばしてくるが、昴は首を振った。乱暴に眼を擦っていると、背中から抱きしめられた。

「ッ!? ……アレックス?」

「まだ負けたわけじゃないよ」

 アレックスは後ろから昴を抱きよせて、自分の胸に押し当てた。

「向こうのACEの力量は素晴らしかった。きっちり対策立てていこう」

 無言で頷くと、ぱたぱたと涙が零れた。鼻をすすっていると、ルカはティッシュを差し出してくれた。

「……ありがとう。鼻セレブ」

 高級ティッシュだ。

「僕、アレルギー酷くて粘膜弱いんだ。安いティッシュだと鼻血が出るんだよね」

「そうなんだ……ふッ」

 天使でも鼻血を出すことがあるらしい。多少愉快な気持ちが込み上げて、ようやく顔を上げることができた。全員がほっとしたような顔で昴を見ていた。

「……俺も感染したのかな?」

「?」

 不思議そうに首を傾ける昴を見て、アレックスは苦笑いを浮かべた。

「そんな顔してると、変な気を起こしそうになる」

「?」

 惚けたように首を倒す昴を見て、アレックスは素早く頭のてっぺんにキスを落とした。

「――ッ!?」

「I like you」

 朱くなる昴を見下ろして、フッと笑った。男だと知っていても、胸が高鳴るほど綺麗な微笑だ。

「昴って、反応がいちいちキュートだよね」

「ッ!?」

 昴が息を呑むと、アレックスはからかうように顔を覗き込んだ。

「――おい」

 連が低い声で牽制するのと同時に、昴は慌てて飛びのいた。アレックスはお道化どけるように肩をすくめている。

「俺もルカのことをいえないな。連に怒られないようにしないと」

「ちょっと。僕を引き合いに出さないでよ」

 ルカが不満そうにいった。

「……何いってるんだよ」

 昴も苦笑いを浮かべたが、アレックスは複雑そうな顔で首を傾けた。

「うーん? そうだよね……悪い。ちょっと、散歩してくるかな?」

 綺麗な髪を無造作に描き上げながら、アレックスは首を傾げた。そんな仕草もサマになっているが、本人は戸惑っているようだ。
 アレックスが部屋から出ていくと、呆けていた昴は、隣に立つ連の不機嫌に気がついた。
 連は剣呑な眼差しで廊下を睨んでいたが、昴に視線を戻すと、軽く腕を引っ張った。

「帰ろう」

「うん……」

 急かされるようにして外へ出た。並んで歩いていても、会話がない。ぴりぴりしていて声をかけ辛い。凹んでいるところに、連の不機嫌にあてられて、昴は虚脱感に襲われた。
 眼が赤くなっていることをごまかすように、手でこすっていると、その手を掴まれた。

「余計に赤くなる」

 思わず顔を上げる昴を、連は強い視線で射抜いた。

「こすると余計に悪化するよ。帰ったら冷やしてあげる」

「……」

 返事をできずにいると、連は訝しげに連の顔を覗きこんだ。

「……昴?」

 歩みを止めた昴を、怪訝そうな顔で連は振り向いた。

「どうした?」

 連は、俯いている昴の傍へ寄って、顔を覗き込もうとした。

「昴?」

「……怒ってんの?」

「なんで? 怒ってないよ」

「不機嫌じゃん」

「……」

「俺、寄り道していっていい?」

「どこへ?」

「ちょっと……」

「だから、どこ?」

「ネカフェ」

「今から?」

「……機嫌の悪いお前と、同じ家にいたくない」

 ぼそぼそと告げると、連は絶句した。

「ちょっと冷静になりたいし、ネカフェいってくる」

 背を向けようとすると、腕を掴まれた。

「待って。当たって悪かった」

 沈んだ気持ちのまま、昴は唇を開いた。

「……あのさ、試合に負けた直後で、俺がメンバーとイチャついてるように見えたの?」

 昴が睨むようにしていうと、連も瞳に怒りを灯した。

「……見えたよ。べたべた触るアレックスにも腹立つけど、簡単に触らせてんなよ、って昴にも腹が立ったよ。目の前でそんな真似をされて、俺がキレないと思う?」

 連は正直だ。昴は小さく溜息をついた。

「そういうの、今はちょっとキツい。やっぱ、今日はお互い頭冷やそ。明日、ゲーミングハウスで会おうぜ」

 今度こそ踵を返そうとしたが、背中から抱きしめられた。いつ人が通るかも判らぬ往来で、昴は焦ったように連の腕を叩いた。

「離せって」

「嫌だ」

「嫌って、おい」

「いくなよ」

「もう判ったから、離せ!」

 ぱっと掴まれていた腕が離れた。ふて腐れることもできず、昴は大人しく連の隣に並んだ。

「外でベタベタするな」

 ほっとしたような端正な顔を仰いで、昴は恨みがましくいった。

「気をつける」

「……ん。俺もごめん」

 八つ当たりはお互いさまだ。その後も、家に着くまで会話はなかったが、息苦しさはマシになった。




episode.4:BLIS JL - 35 -


prev index next