BLIS - Battle Line In Stars -

episode.4:BLIS JL - 32 -


 十四時四十五分。
 第一部を終えて、間もなく第二部が始まろうとしている。
 ステージに上がり、スタンバイを始めた昴は蒼白な顔でいた。よりによって、昴のPCでBLISクライアントの不具合が起きたのだ。
 十五時。
 運営スタッフが懸命に復旧作業をしているが、復帰の目途は立っていない。試合開始時間はどんどん押していく。
 原因は昴の所為ではないのだが、嫌な焦燥感に襲われてしまう。チームメイトと対戦相手、そして会場にきている全ての観客を待たせているのだ。

「しょうがないよ。こういうこともある」

 隣に座っているルカが、慰めるようにいった。

「……うん」

「声が昏いよ~、昴」

 アレックスにからかうようにいわれて、昴はかろうじて笑みらしきものを浮かべた。
 ふと、ディスプレイ越しに対戦相手のACEと眼が合った。
 相手はリーグのベテランで、状況判断にも優れた選手だ。視線を逸らせない。静かな眼差しに闘志を感じて、思わず生唾を呑み込んだ。
 まだ何も始まっていないのに、昴は試合開始前から大きな差をつけられた気がした。

「昴」

 連の声に、昴は弾かれたように振り向いた。

「ヘッドセットをつけて」

「おう……」

 いわれた通りにヘッドセットを装着すると、ホワイトノイズ音が会場の雑音を溶かした。チームメンバーの声だけが聞こえてくる。

「周囲は気にしないでいいからね」

 和也の声に、昴はディスプレイを見つめたまま頷いた。
 時間は無為に過ぎていく――十五時三十五分。
 予定より三十五分遅れて、ゲームはスタートした。
 ヘッドセットで雑音は消えるが、顔を上げれば対戦相手が視界に映る。視線を逸らしても、おびただしい観衆の視線が突き刺さる。
 アマチュア大会の試合経験はあるが、公式リーグはまるで違う。

「ほら、落ち着いて。そんなんじゃ、試合開始十分で負けるよ」

 ルカの呆れた口調に、昴はほっと肩から力を抜いた。昔は彼の不機嫌にいちいち怯えていたが、今では心が安らぐのだから不思議なものだ。
 ディオスの選択――BAN&PICKが始まった。
 BANは、相手チームと交互に選択し、全部で三ディオスをBANすることができる。
 勝負はここから始まっている。
 敵の得意とするディオスをBANするのか、現パッチで強力なバフのついているディオスをBANするのか、それとも、自分達が不得手とするディオスをBANするのか。
 BANを選択し終えたら、それぞれ自分の使うディオスを選択していく。百以上もあるディオスの中から、相手の構成、BANを見ながら、最適な構成をつくらねばならない。
 重要な心理戦であり、大抵のプロチームは、BAN&PCIK専門のアナリストを抱えている。
 緊張のさなか、ルカがおふざけで適当なディオスをPICKすると、ワッと会場が湧いた。
 いわゆる見せPICKだ。俺はコレを使うんだぜ! とアピールして、相手チームを翻弄するのだ。そして観客を喜ばせる。(最終的にはメタなディオスをPICKする)
 尚、この過程は全て、会場の巨大ディスプレイに映し出され、リアルテイムでネットに配信されている。ルカのお茶目さに、皆盛り上がっていることだろう。

「ふふっ」

 ルカは楽しそうに笑った。
 氷のような暴言で相手の心を折ることもあるが、春の日溜まりのような笑顔で心を明るくもしてくれる。ルカは愛すべきお天気屋だ。
 五分が経過し、互いのディオスが決定した。
 結果として、BAN&PICKは想像通りだった。
 こちらも敵の得意ディオスはBANしているし、向こうも連とルカの得意ディオスをBANしてきた。
 最も情報の少ない昴に対しては、BANの脅威は特になかった。

 試合が始まった。

 ゲーム開始時刻は三十五分も押したが、チームメンバーも、敵チームも集中力は完璧だった。
 昴だけが、相当ぎこちなかった。
 互いに一ゲームずつ取り、勝敗を決する三ゲーム目で、昴の集中力は完全にきれていた。
 そして、負けた。
 チームの控室に戻ると、昴はすぐにリプレイを回した。後頭部をルカに叩かれて、あたっ、と声を上げる。

「昴ッ! もっと体力つけてよ、ヘバるのが早すぎる!」

「うぅッ、すいません……」

 e-Sportsは一見激しい運動と無縁に見えるが、オフラインでBO3(先制二点制)ともなれば、想像を絶する気力と体力勝負になる。実際に経験してみて、これは想像以上にキツイと身を以て知った。
 決勝戦ともなればBO5(先制三点制)、それこそ五時間以上会場に拘束されることになる。
 メンタル、気力、体力を消耗する、頭脳スポーツだ。
 序盤は戦局有利に運んでいても、集中力が切れて失速することはままる。今日の昴はその典型だった。

「序盤! CC(足止め)かかってる敵に、スキルショット連続で外すってどういうこと。Gは倍近く差が出るし」

 課題は明らかだ。肩を縮める昴の背中から、アレックスがのしかかってきた。

「まぁまぁ。初戦にしてはよく頑張ったよ」

「甘いよ」

 ルカは容赦しない。

「うわ。めっちゃ、叩かれてるんだけど……」

 昴は、恐る恐るSNSを開くと、プレイに対する批評を見て青褪めた。死にそうな顔をしている昴を見て、ルカは鼻で笑った。

「気にするだけ損だよ。どんな試合でも、叩く奴は叩いてくるから」

「うぅ……覚悟はしていたけど、メンタルが逝く」

「なら、見なければいいのに」

「運営もチームも悪くないのに……俺のせいで、Hell Fireが煽られているのが辛い……」

「いいたい奴には、いわせておけばいいよ」

 ルカは飄々としているが、昴は重たく沈黙した。
 チラッと眼に入ったコメントの中には、G-menは空気、という書き込みもあった。
 グサッと心に刺さる。
 だが、その通りだ。昴は二ゲーム共、得意ディオスを使うことを許された。ありがたいが、いいかえれば、敵にとって昴は脅威でなかったということだ。
 実際、試合に殆ど絡めなかった。ACEなのに火力を出し切れていない……これでは空気と評されても仕方がない。
 酷いザマだ。
 机に突っ伏す昴の頭を、ルカとアレックスは代わる代わる撫でると、頭のてっぺんにキスを落とした。
 突っ伏したまま適当に手で振り払うと、もう一度頭を撫でられた。

「しょうがない、初戦は誰でも緊張するよ。中盤はなかなか良かったんじゃない。シーソーゲームできたね」

 和也がいうと、そうだね、とアレックスも相槌を打った。

「オフラインの試合は回数をこなすしかない。後手に回った点は反省箇所だけど、最後の集団戦は最後まで生き残って、ちゃんと火力を出せていたと思うよ」

 和也の前向きなコメントに、ルカは肩をすくめてみせた。

「僕だって、最初から完璧なプレイを求めているわけじゃないよ。でも、今日の反省は絶対に次に活かすよ」

 ルカにしては、優しいコメントだ。

「ルカも怒ってないってよ。元気出しな」

 そういって、アレックスは昴の髪をぐしゃぐしゃとかき乱した。されるがままの昴を見て、ルカも昴の頭に再び手を伸ばしてくる。
 バタンッと扉が閉まる音で顔を上げると、冷ややかな眼差しの連と眼が合った。

「……」

 無言の圧に昴がたじろぐと、和也がとりなすように席を立ち、ルカとアレックスを昴から引き離した。

「ほらほら、二人とも離れて。連、ルカもアレックスも昴君を励ましてただけだからね」

 和也のフォローに、連は不服そうにしながらも、判っている、と頷いた。

「初戦お疲れさま」

 肩を叩かれて、昴はほっと肩から力を抜いた。

「……うん。次は勝つよ」

 正直、昴の力量差で試合を落としたようなものだが、チームは誰も責めなかった。その優しさが嬉しくもあり、胃を重たくもした。




episode.4:BLIS JL - 32 -


prev index next