BLIS - Battle Line In Stars -

episode.3:TEAM - 23 -


 e-Sports GGGで吉田に会った翌日。
 昴は、ゲーミングハウスで前半の練習を終えた後、休憩の合間にルカの部屋で雑談をしていた。

「そうそう、昨日Leeさんに会ったよ。一緒にRanked DuoQueueしてさ、俺はサポートで、LeeさんはACEだったんだ。流石にうまかったよ」

 昴の言葉に、ルカは嫌そうな顔をした。

「いつの間に仲良くなったの? 懐柔されないでよね」

「されてないよ。昨日初めて会ったんだし……てか、よく懐柔なんて言葉を知っているね。マジで日本語に堪能だなぁ」

「昴よりはね」

「ははは、ムカつく。ルカはLeeさんの配信観たことある?」

「あるよ」

 とルカがいい、互いに最近見た動画で印象に残っているシーンに話題が及んだ。
 不思議なもので、なんだかんだ文句をいい合いながらも会話が成立している。
 ようやく、ルカの対応が判ってきた。毒舌に怯んではいけないのだ。悪意はないので、コツさえ掴めば、裏表のないルカは昴にとって話しやすいタイプだ。

「LeeさんはACEとして、ルカはどう思う?」

 昴の質問に、ルカは肩をすくめてみせた。

「SoloQueは上手だけど、リーグじゃもう通用しないんじゃない? 彼のプレイ態度はいい加減だったし」

「そうなの?」

「そうだよ。オフラインの試合に備えて、体力作りしようって皆がいっても、Leeは絶対に嫌がるし」

「マジか」

「うん。体力作りは面倒くさいんだって。でも、強いチームはどこもプレイヤーのボディ・トレーニングを徹底しているよ」

「確かに、リーグ決勝戦はBO5だもんな。長時間拘束されることだってあるし、最後は気力と体力勝負になるのか」

「そうだよ。なのにLeeは、シェアに移っておきながら、練習もしないし」

「なんで?」

「なんでだと思う? BLISよりDIABLO(世界的に有名なMORPG)に夢中だからだよ」

「へぇ? ……まぁ、気晴らしに他のゲームをやったっていいんじゃない?」

 ルカは鼻白んだ。

「練習をさぼって?」

「それはちょっと……え、ゲーミングハウスで練習しないで、DIABLOしてたの?」

「そうだよ。何それ、って思うでしょ?」

 昴は呆気にとられた。ルカの顔を見る限り、冗談ではなさそうだ。

「うーん……BLISの配信マメにしているし……そんな印象はなかったんだけどなぁ……」

「Leeは競技シーン向いてないよ。永久に、趣味でBLISしていればいいと思う」

「容赦ないな」

「フンッ。あいつ、練習サボる癖に、僕の顔を見ると手揉みしてご機嫌をとってくるんだもの」

「そっかぁ」

「ベタベタ触ってくるし、本当に最悪だった」

 そういえば、初めて会った時、Leeに襲われかけたと話していたことを思い出した。

「ま、昴なら別にいいけど?」

「へ?」

 するりと首に腕が回されて、昴は眼を瞠った。後じさるが、すぐに壁に背が当たる。ルカは昴の顔を挟むように手をついて、翠瞳すいとうを細めた。

「昴から触らないなら、僕から触ってもいい?」

「待て! どうしてそうなった!?」

 支離滅裂な混乱の極地から叫ぶと、ガンッ、と壁を蹴る音が響いた。顔を傾けると、恐い顔をしている連と眼が合った。

「……何してるの?」

「話していただけだよ?」

 凍てつくような視線にたじろぐことなく、ルカはほほえんだ。

「迫ってるようにしか見えないんですけど」

 ルカは身体を離すと、両手を頭の後ろで組み合わせた。連は少し乱暴に昴の腕をつかむと、自分の傍へ引き寄せた。

「ただのスキンシップだよ。いちいち怒らないでくれない?」

 瞬時に空気が冷えた。うなじの毛が逆立つのを感じて、昴は咄嗟に連の腕を掴んだ。

「連、本当だよ。雑談してただけだから。昨日、Leeさんに会ったから、その話をしてたんだ」

「へぇ?」

 冷たい流し眼を向けられて、昴は大人しく口を噤んだ。

「練習しよ。声かけにきたんでしょ?」

 空気を変えるようにルカがいうと、連は仕方なさそうに視線を逸らした。何もいわずに、昴の肩を抱いて歩き始める。彼が人前でこうした仕草をするのは珍しいことだ。

「はいはい、僕が悪かったよ。あてつけないでくれないかなぁ?」

 拗ねたようにルカがいう。昴が振り向こうとすると、強く肩を引き寄せられた。三人でプレイルームに入ると、アレックスは暇潰しの相手を見つけたように、青い瞳をキラッと光らせた。

「楽しそうだね。俺も混ぜて?」

 意味が判らず、キョトンとしている昴に、アレックスは正面から抱き着いた。

「えっ?」

 連はべりっとアレックスをひっぺはがした。

「ルカ、アレックス。いい加減にしろ! 昴にちょっかい出すな。そんなに飢えてるなら、お互いに手を出したらどうなんだ?」

 冷ややかに連が告げると、ルカとアレックスは互いの顔を見て、嫌そうな顔をした。

「「やだよ、こんな奴」」

 完全に同調シンクロした。
 小さく吹き出したのは、傍観に徹している和也だ。昴が助けを求めて見つめると、

「漫才もいいけど、そろそろ練習を再開しようか」

 笑いつつ、中断してくれた。鶴の一声に、それぞれ席につき、昴もほっとしながら席についた。




episode.3:TEAM - 23 -


prev index next