BLIS - Battle Line In Stars -

episode.2:TRYOUT - 18 -


 口を両手で封じたくらいでは、ルカは止まらなかった。昴の瞳を見つめたまま、唇に押し当てた昴の手をぺろりと舐めた。

「ちょっ!?」

 慌てて剥した手を、きつく掴まれた。

「昴……」

 強い視線に射抜かれて、動けなくなる。指先を甘噛みされて、背筋に慄えが走った。

「――やめろよッ」

 肩を押しのけようとして腕を突き出すと、ルカはその腕を掴み、逆にソファーに縫い留めた。意外に強い力で、昴は半ば本気で抗ったが、上手い具合に押さえつけられてしまう。綺麗な顔を寄せられて、気が動転した。

「待てッ!?」

 必死に顔を背けると、耳殻に吐息が触れた。

「ひぃ」

 縮こまる昴に覆いかぶさり、耳の輪郭に唇で触れる。やんわりと食まれて、背筋にぞくりと慄えが走った。

「おぃッ、よせって、ルカ!」

「……」

 睨んでもルカは返事をしない。宝石のような翠瞳すいとうの奥底に、熱が灯っている。

「んッ……ひぁ……」

 耳の穴に舌を挿し入れられ、視界が潤みかけた。怖い。ルカは、何を考えているのだろう?

「あぁ、泣かないで……」

「うぅ……」

 涙の滲んだ眼淵まぶちを舌で舐められた。ルカの顔を見ていられない。顔を俯けると、おとがいを指にすくわれた。
 繊細に整った顔立ちをしているのに、瞳には猛々しい光が灯っていて、自分が猛禽に狙われた獲物のように錯覚してしまう。

「は、離せよ」

「僕が恐い?」

「よせって」

「慄えながら、いわれてもね」

 頬を手の甲でなぞられて、ひぃ、と昴は情けない声を上げた。

「連の気が知れないと思ってたけど……」

「な、なんだよ?」

「うん。少し判ったよ。昴って、いじめたくなる」

 蠱惑的に笑みかけれ、昴はカッとなった。

「お前は最悪だよ! もう離せッ」

「どうしようかな?」

「離せよ! 迷うなって、おい……どけって、ルカ……?」

 端正な顔が降りてきて、押しのけようとしたら、ぎりっと痛いほどの力で戒められた。
 顔をしかめる昴を見ても、ルカは表情を変えない。顔を傾けて、ゆっくり迫ってくる。

「ルカ、やめて」

「やだ」

「んッ」

 唇を吸われた。顔を振って逃げても、唇はどこまでも追い駆けてくる。

「んぅ」

 もう冗談では済まされない。唇はぴたりと重なり、味わうように上唇を吸われた。
 心臓が煩いほど音を立てている。ちゅ、と音を立てて唇が離れると、昴は濡れた唇を戦慄わななかせた。

「な、なんで? こんな、こと……」

 訥々とつとつと喋る昴を、綺麗な翠瞳が見下ろしている。天使のように綺麗なルカが、恐ろしい悪魔に見えた。
 シャツの中に手が潜りこんだ瞬間、昴は渾身の力でルカを突き飛ばすと、逃げるように部屋を飛び出した。

「――おっと」

 階段を降りようとしたら、ちょうど登ってきたアレックスと衝突しかけた。後ろから扉が開く音が聞こえて、昴は肩を震わせた。

「ふぅん?」

 アレックスは眼を合せようとしない昴の顔を見て、何があったのか察したようだ。ニヤニヤとした笑みを、追い駆けてきたルカに向けた。

「おいルカ、連に怒られるぞ」

 からかうようにアレックスがいうと、ルカは眼をすがめた。

「煩いな。アレックスにいわれたくないよ」

「酷いなァ、俺は何もしてないよ? 連に散々釘を刺されたからね。まさか、ルカに先を越されるとは思わなかったな」

 俯いたまま、昴は眼を瞠った。何やら不穏な空気を感じる。黙って二人の横をすり抜けようとしたら、アレックスに首筋を撫でられた。

「ッ!?」

 首を押えて長身を仰ぐと、海のような碧眼が細められた。

「そんな顔をしていると、食べられちゃうよ?」

 魔性の瞳だ。ぶわっと全身の肌が総毛立ち、昴は音速で視線を逸らした。あと一秒でも見つめていたら、魂を抜かれてしまう。

「お先に失礼しますッ!」

 背を向けて、一目散に階段を降りた。背中に、アレックスとルカの笑い声が聞こえたが、構っていられない。

「――昴?」

 プレイルームの扉を開けようとして、ぎくりとした。振り返ると、バスルームから連が現れた。

「話は終わった?」

「うん」

 連の顔を見れなかった。
 そそくさとゲーミングハウスの外に出ると、夜風に吹かれて、ようやく顔を上げることができた。

「どうかした?」

「……ううん」

 不思議そうにしている連を見て、正体不明の息苦しさに襲われた。
 あれは完全にルカの仕業だが、キスしてしまったことに変わりはない。そんなつもりは微塵もないのに、なんだか連を裏切ったような気がしてしまう……
 それにしても、スキンシップだからといって、キスする必要があっただろうか? 悪ふざけにもほどがある。

「帰ろう」

 消化不良な気持ちを残したまま、昴は連の手を引いた。連は、小さく眼を見張ると、嬉しそうにほほえんだ。




episode.2:TRYOUT - 18 -


prev index next