アッサラーム夜想曲

4:天球儀の指輪 - 8 -


 療養に専念する光希の元に、見舞いの品々が届けられた。
 回復を願う手紙、色とりどりの果物、草花、災厄を祓う様々な水晶クォーツ
 公宮を代表して西妃レイラン東妃ユスランからも届いている。
 つばめの紋章の封蝋ふうろうは、バカルディーノ家のものだ。更に鈴蘭の意匠があれば、送り主はリビライラと判る。
 彼女は毎日のように手紙をくれていた。様々な面を持つ複雑なひとだが、光希の身を案ずる手紙に嘘はない。
 サリヴァンからも温かい手紙をもらった。
 光希からはなかなか触れられずにいた、ユニヴァースの件にも触れて、何も気にする必要はない、いつでも気兼ねなく大神殿にきてほしい、回復を願っている……と流麗な書体でつづられていた。
 ローゼンアージュからも“回復を祈る”というメッセージと共に、謎の液体の詰まった硝子瓶が届けられた。勇気を出して飲もうとしたが、ナフィーサに止められた。気持ちだけありがたくもらっておく。
 クロガネ隊からも、見舞いの手紙や品々が届いた。
 アルシャッドの手紙もある。意外すぎる押し花のされた可憐な一筆箋に、彼らしい崩れた字体で、仕事は滞りなく進めている、何も心配せずに療養に専念して欲しい、クロガネ隊への復帰を待っている……そう綴られていた。
 クロガネ隊が恋しい。早く元気になって、皆と一緒に働きたい。
 軍舎に寝泊まりするジュリアスからも、摘み取ったばかりのように瑞々しい花束が連日届けられた。
 花束と一緒にカードが添えられていて、嬉しくもあり照れ臭くもあり……
 赤、白、黄色、青……日によって様々な薔薇が届けられた。抱えきれなほどの薔薇を持つジュリアスを想像してみると、驚くほど違和感がない。

 ”永遠に貴方に尽くします”

 ”貴方は私の全て。何をしていても可愛らしい人”

 ”貴方は私の希望であり、誇りです”

 顔から火が出そうな台詞ばかりだが、嬉しい。綺麗な字体を指でなぞりながら、にやにやしてしまう。

「殿下、本日も届いておりますよ」

 私室で寛いでいると、ナフィーサが手紙や見舞いの品々を持って現れた。
 持ちきれない分は召使に運ばせている。朱金の織布しょくふに覆われた、大きな荷物が特に眼についた。

「何だろう?」

 一際大きな荷物は光希の目の前に置かれた。はらりと織布が外され、輝きがこぼれる。

「アースレイヤ皇太子から、邪気をはらう見事な黒水晶モリオンの贈りものです。置き場所に希望はございますか?」

「よく判らないけど……すごく高価じゃない? いいのかなぁ……」

「殿下の回復を願う、アースレイヤ皇太子のお気持ちでしょう」

 見舞い品として水晶を送ってくれる人は多いが、これほど大きい水晶は初めてもらった。手紙には“回復を祈る”と一言綴られている。

「いろんな人に心配かけてしまったな……早く復帰したい」

 水晶を見つめながら、しみじみと呟いた。

「合同模擬演習まで、あと二日ですよ。殿下の元気なお姿を見れば、皆も喜ぶでしょう」

 ナフィーサの言葉に、光希は口元を綻ばせた。

「うん……今度、典礼儀式にも参加しようと思うんだ」

 ルスタムの話では、最近、典礼儀式に足を運ぶ隊員が増えているという。光希の回復を祈っているのだろうと。
 光希も彼等の為に祈りたい。神も、思い遣りをみしたもう。
 ナフィーサは嬉しそうに頷いた。元は神殿の上級神官を務めていた少年は、例にもれず信心深い。

 合同模擬演習まであと二日。
 周囲の暖かな想いに癒され、光希は心身ともに元気になりつつある。
 屋敷の工房で鉄にも触り始めた。以前のような閃きはないが、倒れるほど思いつめていた、くろがねへの焦燥は、いつの間にか霧散していた。
 焦っても仕方ない……また一からやり直そう。
 思えば、不安に駆られている時は、自分の心配ばかりしていた気がする。
 周囲の視線や反応を気にして、花嫁ロザインの資質を問われているのだと果てのない被害妄想に囚われていた。
 けれど、連日届けられる手紙や見舞の品々は、光希への思い遣りに溢れたものばかり。
 納期を守れ、力ある鉄を、それでも花嫁なのか……そんなことは誰もいっていない。
 光希が勝手に想像して、恐れ、疑い、傷ついていただけだ。注目を浴びて、期待に応えようと背伸びをして……見栄や虚栄心がなかっただろうか。
 ユニヴァースやジュリアスの刀身を彫った時、そんなやましい気持ちがあっただろうか。
 鉄は心を映す鏡。曇らせていたのは光希自身だ。澄明ちょうめいさを忘れてやしなかったか。

 答えは、もう見えている気がする。




4:天球儀の指輪 - 8 -


prev index next