アッサラーム夜想曲

4:天球儀の指輪 - 2 -


 昼下がり。
 時間ならまだたくさんある。何をしよう、どこへいこう? 光希はうきうきしながら、反対側の椅子をジュリアスに勧めた。
 嬉しそうにしている光希を見て、ジュリアスは笑いをこぼしながら席についた。
 二人が着席すると、銀盆を手にしたナフィーサがやってきて、冷たい果実水を給仕し始めた。

「へへー」

 光希が満面の笑みを向けると、ジュリアスも片頬杖をつきながらほほえんだ。ドキッとするほど綺麗な笑顔だ。
 このありあまる喜びを、今こそエネルギーに変換できないものか……神秘を引き出すべくカップの上に手を当てて“浮かびあがれー”と、性懲りもなく光希は念じた。

「どうしたの?」

「ぐぬぬ……僕の中の、眠れる力を引き出す特訓。宙に浮かしたいの。ジュリみたいには、いかないのかなぁ……コツってある?」

「コツですか……そうですね、無心になることでしょうか」

 無心ね……と、光希は真剣な眼差しでカップを睨んだ。すると、祈りが通じたように、カップはふわりと宙に浮いた。

「ふぁあっ!?」

「ふっ」

 光希は目を剥いて奇声を上げたが、笑いを含んだ吐息を聞いて顔を上げた。ジュリアスは明後日の方向を見つめて、優雅にカップに口をつけている。

「ジュリ……」

 恨みがましい声で呼ぶと、ジュリアスは人の悪い笑声をこぼした。

「うまくいった?」

「もぉーっ! ぬか喜びしたでしょぉーっ!」

「あははっ!」

 ティーテーブルを叩いて悔しがる光希を見て、珍しくジュリアスは声を上げて笑った。からかわれたことも忘れて、光希も一緒になって笑う。
 これはこれで面白い遊びができるかもしれない、そう思い、光希はいそいそと立ち上がった。

「ねー、ジュリ、僕が手を突き出して“サンダーストーム!”って叫んだら、ばりばりーっていつものアレを出してよ」

「……“サンダーストーム”? いつものアレ?」

「青い雷炎を出せるでしょう?」

「あぁ……」

 ジュリアスは要領を得たように、判りました、と頷いた。

「はい、いっくよー! “サンダーストーム”!」

 照れを捨てて、光希は全力で叫んだ。真上に右掌を突き出すと、ジュリアスは絶妙なタイミングで、青い雷炎を迸らせた。天に向かって青い火柱が勢いよく立ち昇る。

「おぉーっ! 今、息ぴったりだったよね!?」

 その場でぴょんぴょん飛び跳ねる光希を見て、ジュリアスは笑った。

「アレ、アレやってみよう! 僕がこうして、後ろに体重を倒すから……転ばないように、空中で支えて! 判る? 判るっ!?」

 マトリックスの名シーンを真似て、光希は限界までイナバウアーのポーズをとった。
 それを見て、ジュリアスは慌てたように駆け寄ろうとしたが、転ばないように支えて! と光希が叫ぶと、仕事を理解したように眼に見えない力で光希の身体を宙で支えた。

「フゥーッ! タァーッ!」

 奇声を発しながらアクロバットなポーズを次々に決めていると、ナフィーサと眼が合った。

「お楽しそうですね、殿下」

 穏やかに笑みかけるナフィーサを見て、光希は撃沈した。十一歳の子供より子供だった……
 芝部に突っ伏していると、ジュリアスは心配そうに傍へ寄ってきた。

「光希?」

 光希は顔をジュリアスの方に倒して、寝そべったまま仰ぎ見た。

「まだまだ時間あるよね。何しようか」

 ジュリアスは光希の隣に腰を下ろすと、手を伸ばして、風にそよぐ黒髪を撫でた。

「光希は? どこかいきたい所はある?」

 どこだろう……大地に身を投げたまま、光希は考えた。




4:天球儀の指輪 - 2 -


prev index next