アッサラーム夜想曲

3:アッサラームの獅子 - 9 -


 光希がクロガネ隊加工班専任、非戦闘隊員、伍長勤務上等兵に就任してから早七日。
 午前七時。晴天。
 アッサラーム・ヘキサ・シャイターン軍本部基地。

「それじゃ……」

 馬車の中。緊張気味に光希は呟くと、ジュリアスの襟を掴んで引き寄せた。陶器のような滑らかな頬に、そっと触れるだけのキスをする。

「じゃっ! 行ってらっしゃい、行ってきます」

 身体を離すと、慌ただしく挨拶を告げて扉を開いた。早くしないと、捕まってしまう……そう思って飛び出そうとしたのに、腹に腕を回され、中へ引きずり戻された。

「ジュリ」

 首を捻って睨むと、ジュリアスは飛びきり甘い顔で微笑んだ。

「はい、行ってきます。光希も気をつけて」

 やり直し、と言うように額、両頬、唇の順番で優しいキスを落とされる。
 ジュリアスと一緒に出勤するようになってから、いつもこうだ。出掛ける時は、相手の無事を祈って四点を結ぶ聖なる口づけを……と言う彼の信奉を否定はしないが、人前や外では勘弁して欲しい。
 ならば馬車内で光希から口づけて欲しい……そう乞われて渋々受け入れている。
 しかし、光希の慌ただしいキスが物足りないジュリアスは、結局自分でやり直しをしている。
 なら、毎回ジュリアスからすれば良いじゃないか……と光希が言えば、私の無事は祈って下さらないの? とジュリアスが拗ねる。
 そんなわけで、馬車の中で光希からのキスは習慣化した。今更だが、新婚らしいことをしていると思う。

「それじゃ、本当に行ってきます」

 今度はジュリアスも止めなかった。
 タラップを降りて軍部へ向かう光希とジュリアスを、ルスタムはにこやかに見送ってくれる。彼はいつも車庫入れをしてから、光希の後を追ってクロガネ隊の工房を訪れる。
 一方、ローゼンアージュは無言で二人の後ろをついてくる。
 ジュリアスとは階段下で別れた。彼は五階の大会議室で朝一の軍議に列席、光希はいつも通り一階の工房に引きこもる予定だ。

「アージュ、お昼どうする?」

「殿下とご一緒しても?」

「もちろん。ユニヴァースはどうするかな?」

「さぁ……」

 人形めいた少年はどうでも良さそうに応えた。かれこれ二月余り傍にいるが、武装親衛隊の二人は仲が良いのか悪いのか、いまいちよく判らない。
 工房に入ると、先日、光希の専属指導隊員に任命された、アルシャッド・ムーランがいた。

「あれ、お早うございます。アルシャッド先輩」

「お早うございます。殿下、アージュ」

 アルシャッドは丸眼鏡の底から、穏やかな笑みで応えた。猫っ毛の灰銀髪で、前髪は長い。ぼんやりとした印象を受けるが、よく見れば端正な顔立ちをしている。
 背丈も体躯も申し分ないし、髪型を整えて眼鏡を外せば、ずっと華やいだ印象になるだろう。
 それにしても……いつも以上に、髪も服もくたびれて見える。

「アルシャッド先輩、疲れていませんか? ちゃんと休みました?」

「いやぁ……」

 温厚な青年は、誤魔化すように頭を掻いた。
 先日、飛竜隊から大量受注が入ったので、寝る暇もないのだろう。光希も手伝えればいいのだが、まだ実戦に関わる仕事は任せてもらえない。
 アルシャッドは何でもこなす天才肌で、特に装剣金工、刀身彫刻においては達人の域だ。精緻なを下描きもせずにたがねを打つ。
 以前、目の前で実演してもらったのだが、神業すぎて少しも参考にならなかった。見た瞬間に、彼の域に達するのは不可能だと絶望したくらいだ。
 言動はのんびりしているが、仕事は恐ろしく早い。納期を絶対に落とさない。仕事がどんなに立て込んでも、何だかんだで終わらせてしまう性質たちだ。
 こんなに仕事のできる人に、自分の専属指導隊員を務めてもらい、嬉しい反面、罪悪感もある。
 ちなみにユニヴァースもはがねくろがね細工は彼から教わったらしい。
 師事するコツを尋ねると、遠慮せず逐一聞くべし、と意外とまともな助言をくれた。

「アルシャッド先輩、掃除なら、僕が代わります。今のうちに仮眠を取ってください」

 掃除は全隊員による公平な当番制で、今週の当番はアルシャッドだ。

「んー……では、少しだけ横にならせてもらいますね。人がきたら適当に起きますから」

 アルシャッドはそう言うと、ふらつきながら内部屋の仮眠室へ消えた。
 彼もまた、光希をあまり殿下扱いしない奇特な人柄で、知り合って七日も経てば、光希へのかしこまった遠慮は消えた。嬉しい限りである。
 ローゼンアージュと二人、作業台の上に椅子を乗せて床を履き、水拭きしていると、光希の次に出勤の早い少年兵が入ってきた。

「お早うございます、殿下」

「お早うございます、ケイト」

 女の子みたいな名前だが、男である。そもそも工房には男しかいない。
 外見は天使のような容貌を持つ、ローゼンアージュに少し似ている。少し癖のある灰銀髪で、襟足を短めに整えている。
 年はローゼンアージュと同じ十五歳で、背丈も大体同じ。光希が少し見上げるくらいの位置に頭がある。
 瞳はかなり珍しい色合いで、外側は茶色の縁なのに、中はオーロラのように、青や紫、銀色の光彩がきらきらと絶えず変わる。
 大人しい性格で、およそ戦闘には不向きに見える。最初は光希を前にすると、直立不動の姿勢でしゃちほこばっていたが、最近ようやく慣れてくれたらしい。

「あの、アルシャッド先輩は?」

「徹夜明けみたいで、今仮眠室」

「あ……そうですか。あの、俺も掃除手伝います」

 控え目に申し出る少年を見て、光希は破顔した。

 +

 午前九時。朝時課の鐘が鳴る。
 この時間になると、朝の哨戒しょうかい任務等を終えたクロガネ隊員は続々と工房に戻ってくる。
 全員集合して点呼を取り、朝礼を始める。全員で仕事の進捗と、今日一日の作業を確認するのだ。
 光希はまだ朝礼で発言することはできない。進捗管理はアルシャッドが行い、彼が光希の分もまとめて報告していた。

「先ず殿下の進捗は、名札につける金古美、銀古美の装飾制作五件ずつ、四日見込み。他、練習を兼ねて、鉄の刀身彫刻を武装親衛隊のユニヴァース・サリヴァン・エルムから受注しました。こちらはじっくり、から考えてもらおうと思います。
 私の方は、昨日から飛竜隊第一の受注に着工しています。急ぎ且つ量があるので、他の受注を人に振っているところで……」

 アルシャッドの報告を聞いていると、いつも申し訳ない気持ちになる。
 彼の仕事は明らかに溢れているのに、実作業を手伝えないことが歯痒い。しかも光希に教える為に、彼の貴重な時間を奪っている。
 心の内では、光希を邪魔に感じているのではないか……そう考えて、勝手に落ち込んでしまう。
 実際、邪魔ばかりしている。苛立ちを顔に出さない人だから、余計にあれこれ想像して不安になる……
 いや、考えても仕方あるまい。
 光希が今すべきは、卑屈にならず、素直に真面目に、できることを精一杯やることだ。




3:アッサラームの獅子 - 9 -


prev index next