アッサラーム夜想曲

3:アッサラームの獅子 - 35 -


 何をそんなに驚いているのだろう……?
 少し不安になり、周囲の兵士に眼を合わせると、すごい勢いで視線を逸らされた。
 なぜ?  軽くショックを受けていると、駆け寄ってきたローゼンアージュは素早く自分の上着を脱ぎ、光希の肩にかけた。

「こちらへっ!!」

「濡れちゃうよ!?」

 ぐいぐいと腕を引っ張られ、引きずられるように噴水から抜け出した。

「駄目なの? でも皆、水浴びしてたから……」

「……濡れて、肌が透けています」

 いつもは冷静な少年が、目元をほんのり赤く染めて、明後日の方向を見ながら小声でいった。

「いいでしょ? 別に……」

「え、ですが、殿下は花嫁ロザインですし」

「そうだけど、男だし。別に照れなくても……」

 ローゼンアージュはそう思えないらしく、困ったように顔を伏せた。こんなに動揺している姿は初めて見るかもしれない。物珍しく見つめていると、

「でも……何だか、見てはいけないものを見ているようで……きっとシャイターンもお怒りになると思います」

 そう小声で続けた。
 どういう意味だろう……見たくないということ? それとも、ジュリアスが怒るということは、慎みや貞操の問題だろうか。

「でも、汗掻いたし水浴びしたい。固いことをいわないでよ。今更じゃない? 地面にも寝そべったし、もう十分、醜態をさらしてるんだしさ」

「では、シャイターンの個室をお借りしますか? 専用の浴室がありますよ」

「そんな暇はないでしょ。いいよもう、昼食にしよう」

 これだけ陽が照っていれば、じきに乾くだろう。濡れた上着を木の枝に引っかけると、渋々自分の上着を羽織り、食堂へ向かった。
 さんざん動いた後なのに、不思議と食欲はあまりない。大して食べられず、死んだ魚のような眼差しで鍛錬場に向かう光希を、ローゼンアージュは気遣わしげに見つめた。

「ご無理をされなくても……」

「いや、頑張る……ジュリと約束したんだ。一日耐えられたら、ユニヴァースの面会を検討してくれるって。少しずつでも鍛えていきたいし」

 会話の最中、ローゼンアージュはあらぬ方向をめ付けると、袖に仕込んだダガーを目にも留まらぬ速さでなげうった。梢を掠めて木の葉が舞い散る。

「何してるのっ!?」

「いえ、ちょっと…………害虫が」

「害虫!?」

「ええ、ちょっと。しぶとくて」

 忌々しげに舌打ちする。
 物騒な子だ。ここから仕留める必要のある害虫とは、一体……怖くて訊けない。
 幸い、ダガーの飛んでいった方向に人影は見えない。光希は胸を撫で下ろしながら、危ないでしょう? と、至極まっとうな注意をした。

 +

 訓練後半、ダガーを用いた戦闘訓練を教わった。
 アージュは光希にも判り易く、刃の躱し方、逃げ方を教えてくれた。先日のサンマール広場で起きた襲撃を彷彿させる実戦的な内容で、光希は疲れた身体に鞭打って必死に学んだ。
 限界を越えて挑んでしまい、立ち止まった瞬間に何度か眩暈を覚えた。
 光希に限らず、ちらほら隅でうずくまる姿を見かける。訓練に不慣れな新兵だ。中には成人したばかりの、十三歳の子供もいる。
 しばらく休んだ後、鍛錬場の外周をゆっくり走ることにした。
 体重程もある装甲を背負っての持久走は、とてもできそうにない。のろのろ走るだけで精一杯だ。
 夜休の鐘が、天上の響きのように聞こえた。
 汗だくだ。じっとしているだけで、全身から汗が噴き出す。今すぐプールに飛び込みたい。
 ふらふらと噴水に近付く光希を見て、ローゼンアージュは慌てた。

「お待ち下さい、殿下。すぐにシャイターンの浴室を準備いたしますから」

 光希は返事をする気になれなかった。
 今この瞬間、恥も外聞もどうでも良かった。服を脱いで涼みたい――単純な欲求に、爪先から頭のてっぺんまで支配されている。
 無言にこめられた光希の本気を見てとり、ローゼンアージュは顔色を変えた。

「このまま、歩いて個室までいらしてください。すぐに使用許可をいただいてきますから」

 いうが早いか、疾風のように駆けていく。
 光希は仕方なく佐官達の軍舎に向かおうとしたが、訓練を終えた兵士達の、水場にいこう、という声を聞いて、反射的に進路を変えた。
 ジュリアスの個室よりも、共用の大浴場の方が近いし広い。一秒でも待たされたくなかった。
 しかし――
 大浴場に入り、景気よく服を脱いだところで少々後悔した。
 光希に気付いた兵士達は慌てふためいて、道を空けたり、前屈みになって急所を隠したり……乙女のようにもじもじしている。
 体格のいい褐色肌の男達に混じると、筋肉のない白い身体は浮いて見えた。十三の子供にすら、体格で負けている気がする。
 まぁ、今更だ。もう全裸になってしまった。えいやぁ、で浴場に入り、頭から水を被った。共用の大浴場では水しか出ないが、訓練を終えた熱い身体にはちょうどいい。
 一息つくと、周囲のざわめきが耳に届いた。
 殿下、白い、姫……といった単語が断片的に聞こえてくる。目が合うと慌てて視線を逸らされるが、俯いた途端に突き刺さるような視線を感じる。
 居心地が悪い。さっさと上がってしまおうか?
 迷っていると、ス……と冷気が浴室を満たした。汗の滲む肌に震えが走り、違う意味で汗が噴き出た。

「全員、眼を閉じて後ろを向け!」

 凍てつくような、ジュリアスの怒声が浴室に響いた。
 全員、しゃんと背筋を伸ばして背中を向ける。光希も反射的に眼を瞑った。空気は張り詰め、戦場のような緊張感が満ちる。
 静まり返った浴室に、駆け寄る軍靴ぐんかの音が響く。次いで乱暴に硬い布で身体を覆われた。

「――っ!?」

 驚いて眼を開けると、ジュリアスの上着を乱暴に被せられ、痛いくらいの力で抱き寄せられた。
 言葉をかける間もなく、その場から連れ出された。




3:アッサラームの獅子 - 35 -


prev index next