アッサラーム夜想曲

3:アッサラームの獅子 - 3 -


「それでは、試しに指輪を作ってみましょう」

 そう言うと、サイードは様々な材料の入った箱を作業台の上に置いて、よく見える位置に光希を座らせた。

「材料の粘土は、くろがねを溶いて暗所で七日保存したものです。作業中の乾燥防止に使う造形用油。油を塗る筆。粘土を均等にならす棍棒。鏨(たがね)……は危ないので、型板で装飾を入れましょう。押し当てるだけでがつきます。造形芯材、これに粘土を巻いて指輪の型を作ります。即効性の乾燥粉は、粘土にまぶして固めます。それから、研磨剤に研磨台、真鍮ブラシ……」

 作業台の上に並べられていく材料を、光希はしげしげと眺めた。磨くと黒くなるという湿った粘土は、今は殆ど白色をしている。初めて見る材料や道具だが、使い方は何となく想像がついた。
 興味津々で眺めている光希の後ろで、ルスタムもまた危険がないかどうか確認している。やがて納得したように頷くと、部屋の隅に戻り待機の姿勢を取った。
 少年兵の一人、ローゼンアージュは先程から光希に背中を向けて、壁一面の武器保管棚を熱心に眺めている。後で光希も拝見させて欲しい。
 もう一人の少年兵、ユニヴァースは光希の隣に座ると、腰のベルトから刃渡り十センチ程の小さなダガーを外して机の上に載せた。

つかに蔦模様を入れてるんですよ」

 視線を注ぐ光希に気付いて、ユニヴァースは蔦模様の入った柄を見せた。精緻な模様が側面半分くらいに描かれている。

「えっ、これ自分で入れたの?」

「はい、時間を見つけて少しずつ……」

 店売りと見紛う出来栄えだ。尊敬の眼差しで光希が仰ぐと、ユニヴァースは照れたように視線を逸らした。

「おい、ユニヴァース。お前、堂々と座るんじゃない。殿下の護衛中だろうが」

 窘める声を聞いて、ユニヴァースよりも早く、光希は口を開いた。

「僕は平気です。ユニヴァースと一緒に作業したいです。いいでしょうか?」

「わー殿下、ありがとうございます!」

「お前が言うな」

 隻眼を細めてサイードは呆れたが、ユニヴァースが道具に手を伸ばしても止めなかった。光希の前で、これだけ奔放に振る舞える者も珍しい。
 我関せず武器を眺めているローゼンアージュといい、同年代の気安さを感じて光希は嬉しかった。

「粘土は触るうちに固くなっていきます。肌を痛めますので、保湿油を指先によく馴染ませてから始めましょう。では先ず……」

 説明を受けながら手を動かし始めると、光希はすぐに没頭し、あっという間に三刻が経過した。
 昼時課の鐘が鳴る頃には、サイードの丁寧な説明のおかげで、指輪は大分仕上がった。網型を使って簡単な模様を入れただけだが、一通りの作業を体験できた。後は研磨して見栄えを整えるだけだ。

「殿下は筋が良い。道具の扱いにも慣れていますな。もしやお心得が?」

「似たような作業の経験があるんです」

 褒められて、光希は頭を掻きながら応えた。すると、手元を覗きこんだユニヴァースは、感心したように口を開いた。

「本当だ。殿下のように高貴な方でも、粘土に触れることなんてあるんですか?」

「うん。よく触っていたよ」

 日本では、と心の中で付け加える光希を見て、ユニヴァースはしきりに感心している。

「お前な。殿下に馴れ馴れしいぞ」

 すっかり打ち解けた態度のユニヴァースを見て、サイードは呆れたように言った。

「俺もできましたぁ」

 見かけによらず剛胆な少年は、強面のサイードの小言を軽く聞き流して、装飾の成果を光希に見せびらかした。

「わー、ユニヴァース、仕事早いね!」

 さっきまで柄の半分にしか入っていなかった蔦模様が、残り半分にも同じように精緻な装飾が施されていた。ちらと見た限りでは、鏨二種しか使っていないのに、よくここまで仕上げたものだ。
 見せてもらったダガーを返すと、ユニヴァースは、アージュ、と後ろ姿の少年に声をかけるや、いきなり彼の後頭部目掛けてそれをなげうった。

「ッ!?」

 ダガーは寸分違わず、真っ直ぐにローゼンアージュの頭に――
 刺さると思いきや、瞬閃、まるで背中に目がついているかのように、ローゼンアージュは振り向き、指で挟んで受け留めた。

「えぇ――っ!」

 立ち上り、驚愕の声を上げたのは光希一人だ。
 班長は、工房で投げるな、と至極最もな注意をしたかと思えば、外でやれ、と耳を疑う台詞を口にした。

「綺麗だろ?」

「……刃が細い。こんなんじゃ殺せない」

「判れよ。お洒落だよ」

 無邪気な顔でとんでもないことを口にする少年兵二人には、怖くて突っ込めない。

「殿下の御前で、物騒な真似はお止め下さい。無礼な振る舞いは私が許しませんよ」

 唖然とする光希を気遣い、まともな発言をしたのはルスタム只一人であった。




3:アッサラームの獅子 - 3 -


prev index next