アッサラーム夜想曲

3:アッサラームの獅子 - 14 -


 早朝。アッサラーム・ヘキサ・シャイターン軍本部基地。
 久しぶりにクロガネ隊に顔を出すと、今週の掃除当番、同僚のケイトは笑顔で出迎えてくれた。人形めいたローゼンアージュを恐れて、普段はあまり傍に寄ってこないのに、今日は駆けてきてくれる。

「殿下! 体調はもうよろしいのですか?」

「うん、ありがとう。もうすっかり大丈夫だよ。僕も掃除手伝うよ」

「いえ、そんな! お気になさらず」

 いいから、いいからと腕まくりをすると、それまでじっとしていたローゼンアージュは光希の前に立った。

「僕がやりますから、殿下は座っていてください」

 でも……と言いかけると、澄んだ瞳にじっと見つめられる。無言の圧を感じて、光希は口を閉ざした。
 朝の準備をしていると、工房に人が集まり始めた。彼等は光希に気付くと、おっ、という顔で傍へやってくる。

「お元気になられて良かった。殿下がいないもんだから、どいつもこいつもしけた面して、鬱陶しいのなんの。アルシャッドなんてジメジメし過ぎて、カビが生えそうな勢いでしたよ」

 そういってサイードが哄笑こうしょうすると、釣られたように周囲も笑った。しかし、アルシャッドだけは肩を落として頭を下げた。

「殿下の専属指導隊員にありながら、御身に無理をさせてしまい、申し訳ありませんでした」

「違います! 僕が未熟だからいけないんです。アルシャッド先輩のおかげで、いい仕事が出来ました。今日からまたよろしくお願いします」

 焦った光希が勢いよく頭を下げると、アルシャッドもほっとしたような顔で微笑んだ。

「主従愛ですなぁ」

 傍で見ていたサイードに笑われて、二人して照れくさい思いをした。
 久しぶりの工房は気が引き締まる。昼休の鐘が鳴り、肩を解していると、弾丸のようにユニヴァースが駆けこんできた。

「殿下! 生きてます?」

「煩い」

 ニベもなく言い放ったのは、ローゼンアージュだ。

「こんにちは、ユニヴァース。生きてるよ」

 光希は破顔した。良かった、彼も元気そうだ。

「良かったぁー……すみません、俺が無理な注文をしてしまったから」

「平気だよ。今回の仕事で少し自信がついたよ。アルシャッド先輩がいつも話している、心を打ち、映す装剣金工が何か、判った気がするんだ」

「でも俺、倒れるなんて思わなくて……」

「平気だって。僕が未熟だからいけないんだ。この世界の宗教や神事も、もっと真剣に学んでおけば良かったって後悔した。この世界では本当にくろがねに神力が宿るから……だから皆、一振りの剣に心を込めるんだね」

「俺……大切に使います」

 ユニヴァースは腰にいたサーベルを撫でると、真剣な眼差しを光希に向けた。

「うん、ありがとう。きっとユニヴァースを助けてくれるよ。今度製鉄班も見せてもらいたいな。刀身を生み出す鍛冶師、研師、白銀師がいるんだよね」

「そうですね。勉強になると思いますよ」

 隣で作業をしていたアルシャッドは、手を休めず口を挟む。光希は一つ頷き、今度見せてもらおうと心に決めた。
 午後になると、歩兵隊第一に所属しているローゼンアージュは合同演習の為に鍛錬場に向かった。ルスタムも神殿に用事があるからと工房を離れると、光希の護衛は武装親衛隊のユニヴァース一人になる。

「殿下、大仕事お疲れ様でした! こっそり抜け出して、サンマール広場に遊びにいきませんか? お礼に何でも好きなものを驕りますよ」

 ユニヴァースは悪戯っぽく眼を輝かせると、悪魔の誘惑を囁いた。なんて魅力的なお誘いなのだろう。

「……でも、叱られない?」

「俺、便利な裏口知ってるんです。合同演習を見にいくって伝えて、演習が終わるまでに戻れば平気ですよ」

「そうかな……」

 確かに息抜きしたい。すごくしたい……すぐに戻れば平気だろうか?
 葛藤は短かった。
 誘惑に負けた光希は、アルシャッドに合同演習にいく旨を伝えると、ユニヴァースと二人で、密かにアルサーガ宮殿を抜け出した。

 この時下した決断を、後々まで悔やむことになるとは知らずに――




3:アッサラームの獅子 - 14 -


prev index next