アッサラーム夜想曲

3:アッサラームの獅子 - 13 -


 力を出し切ったせいか、高熱が続き寝込む羽目になった。
 渾身の刀身彫刻をユニヴァースは褒めてくれたが、ジュリアスは面白くなさそうであった。

「もう、こんなに疲れ切ってしまって……どうしてユニヴァースの為に……」

 光希の額に浮かぶ汗を甲斐甲斐しく拭き取りながら、ジュリアスはぶつぶつと文句をいっている。
 違う、自分の為にやったことだ。やっと、ジュリの力になれる――そういいたくとも、口を開く気力が無い。

「自慢されましたよ。全く、彼には宝の持ち腐れです。私なら百の力を引き出せるものを……でも、そのせいで貴方が倒れてしまうなら、どんな力もいりません。無理はしないでください」

 彼は今、どんな顔をしているのだろう。顔を見たい……それなのに、どうしても眼を開けられない。

「光希がそこまで心を砕くとは思いませんでした。武装親衛隊に任命したのは私ですが、こんなことなら任命しなければ良かった……」

 そんなことをいわないで欲しい。すぐに治すから――いいたいのに、意識は曖昧模糊あいまいもこに霞んでいく。

「……き、光希? お早うございます。もう出掛けますが、ナフィーサとルスタムがついていますからね」

 ぼんやりした意識の向こうで、ジュリアスが心配そうに見下ろしている。
 時間の感覚がない。いつの間にか、夜が明けたようだ……
 起き上がれずにいると、宥めるように肩を押された。寝ていていいよ、と優しい声がいう。汗で張りついた前髪を撫でられ、額に唇が落ちる。意識は再び沈んでいった。

「殿下はまだ……」

 時々、ナフィーサの声も聞こえた。

「光希、もう二日も水しか口にしていない。少しは食べないと……」

 気がつくと外は暗く、隣にジュリアスがいた。
 疲れているだろうに、甲斐甲斐しく世話を焼いてくれる。軟体生物のように力の入らない光希の身体を、自分の胸にもたれかけさせ、スープを口元へと運ぶ。
 きちんと呑み込んだつもりが、嚥下出来ずに唇から零れていった。ジュリアスは何もいわず、口元を拭う。
 申し訳ない……
 親鳥が雛鳥にそうするように、口移しでスープは与えられた。それでも半分は唇から流れてしまい、ジュリアスの手や光希の寝間着を汚した。一人で食事も出来ない我が身が情けなくて、視界が潤む。

「可哀相に……」

 零れる涙を、ジュリアスは唇で優しくぬぐった。

「今日、ユニヴァースから面会の申し入れがありました。断りましたよ。もう除名してやりたい……早く元気になってくださいね」

 五日寝込んだ果てに、光希は復調した。
 テラスで食事する光希を見て、ジュリアスやナフィーサ、屋敷の召使達はほっとした顔をしている。
 とにかく腹が空いていた。
 久々の食事にも関わらず、旺盛な食欲に溢れている。だから痩せないのだろうか? あれだけ寝込んだのに、少しも痩せていないとは……頑固な脂肪が憎々しい。

「ねぇ、ユニヴァースは元気にしてる?」

 ジュリアスは不満そうに柳眉をひそめた。

「元気ですよ。貴方を心配していました」

「そっか……」

「人の心配より、自分の心配をしてください」

「うん、心配掛けてごめん。本当に大丈夫だから、ジュリもう行っていいよ?」

「追い払おうとしないでください。もう少しだけ、元気な光希の姿を見ていたいんです」

「追い払おうなんて……もぐもぐ……」

 食事の手を休めない光希を見て、ジュリアスは嬉しそうに眼を細めた。皿を傍へ寄せたり、光希の頬についたパン屑を取ったり、何かと構ってくる。

「良かった、元気になって」

「ありがとう。もしジュリが病気になったら、僕が看護してあげるからね」

 そういうと、ジュリアスは嬉しそうに微笑んだ。

「楽しみにしています。では、そろそろいきますね。光希は病み上がりなのですから、無理しないように」

「はーい。いってらっしゃい」

 座ったまま見送った。
 一人になると、言われた通り屋敷の中で、というよりも寝台の上で過ごした。暇潰しに遊戯室でボードゲームでもしようと思ったら、ナフィーサに連れ戻されたのだ。

「殿下、もう! 今日くらいは大人しくしていてくださいっ」

 どういうことだ……自分よりずっと幼いナフィーサに、子供を躾けるように叱られてしまった。
 寝込んでいる間に、確実に年上の威厳は劣化したようだ。




3:アッサラームの獅子 - 13 -


prev index next