アッサラーム夜想曲

3:アッサラームの獅子 - 12 -


 先日のチャームは思いのほか好評で、他の兵士達からも注文が殺到した。
 嬉しい限りである。
 望んでくれる全員に渡したいところだが、かなりの数があるので、アルシャッドと相談して、依頼してくれた順に一先ず百まで受注することに決めた。
 依頼をこなす合間に、お世話になっている人達――工房の隊員や、屋敷の人間、ジュリアス、ローゼンアージュ、ユニヴァースの分を作る。
 ユニヴァースに依頼されている、サーベルの刀身に入れるもようやく方針を決めた。
 アッサラーム・ヘキサ・シャイターン軍の紋章は、双龍と剣だ。
 ならば、げんを担いで昇り龍を入れる。願いを地上から天上へと運び、叶えてくれる聖なる守護龍。
 初めての刀身彫刻に不安は募る。精緻な柄になるだろうと覚悟していた通り、下描きから難航した。
 独特の黒艶を放つ刀身に、下描きを当てては首を捻る……何故だろう、しっくりこない。
 悩んでも答えを得られず、行き詰る度に、気分転換とばかりにチャーム制作に逃げた。
 +

 夜のとばりに覆われた公宮。
 テラスで寛いでいる時を見計らって、光希は完成したチャームをジュリアスに手渡した。彼は小さく眼を瞠ると、たちまち表情を綻ばせた。

「ありがとうございます。ネームプレートと一緒につけますね」

 破顔すると、襟を寛げて首から鎖を引っ張り出した。着用が義務付られているくろがねのネームプレートには、軍の紋章、所属名、名前が記されてる。
 鎖に金古美のイニシャルチャームを通すと、ジュリアスは指で摘み、恭しく唇を押し当てた。

「光希が傍にいてくれるみたい」

 健気な姿を見て、光希は思わず身を乗り出した。チャームの裏側に、そっとキスをする。

「傍に居るよ」

 囁くと、ジュリは嬉しそうに微笑んだ。眩しい笑顔を見て、もっと早く作ってあげれば良かったと後悔した。
 チャーム制作が捗る一方で、刀身彫刻は遅々として進まず。
 龍の意匠に決めたのに、なぜこうも下描きが上手くいかないのだろう? もう、アルシャッドに泣きついてしまいたい。

「……まぁ、そんなわけで、悩んでるんだ」

 工房にユニヴァースが遊びにきた時、光希はつい弱音を吐いた。

「あれ“ノボリリュウ”に決めたって、いっていませんでした?」

「そうなんだけど、守護龍の下描きがどうしてか上手くいかなくて」

「しっくりこないんですね? 俺、守られるって柄じゃないし、守護龍でなくとも、ありがたい御加護なら何であれ嬉しいですよ。シャイターンも闘神ですし」

 ユニヴァースの何気ない言葉を聞いて、光希は目を見開いた。
 閃いた。
 龍は龍でも、願いを聞き届ける守護龍ではなく、悪鬼滅する猛る龍。懐かしい世界の武神――不動明王の変化した姿、倶利迦羅龍くりからりゅう
 火炎に包まれた竜が、岩の上に突き立つ宝剣に巻きついている形像は、日本でもよく知られている。
 龍は飛竜に、岩に立つ宝剣は、軍の紋章にあるサーベルに。そして火炎を青い炎に置き換えれば、シャイターンを象徴する力ある柄になる。きっと良いものが出来る!
 それから――
 徹夜も辞さない勢いで、七日かけて一気呵成いっきかせいに仕上げた。
 黒艶のある鉄に、どこか荒削りだが、人眼を引く力強い竜が入った。
 サーベルを渡すと、ユニヴァースはしみじみと刀身に魅入った。

「俺には判ります。この柄にはシャイターンの神力が宿っている。こんな凄い御加護をもらえるなんて、思ってもみませんでした」

 賞賛の眼差しを向けられて、光希は面映ゆげに頭を掻いた。

「うん、お見事! よくこの短期間で仕上げましたね」

 師匠であるアルシャッドにも褒められ、光希は安堵のあまり、その場にくずおれそうになった。よろよろと作業台の椅子に腰かけると、ローゼンアージュが心配そうに近づいてきた。

「殿下?」

「あ、大丈夫……」

 作業の間は無心でいられたが、安心した途端に圧し掛かるような疲労に襲われた。ずっと座って作業していたから腰が重い。槌とたがねを持っていた手は痺れ、潰れたマメがじくじくと痛みを訴えている。

「あぁ……終わったぁ」

 やり遂げた。アッサラームの加護を鉄に宿せた。
 この世界にきて、初めて自分に出来ることを見つけた気がする。
 身体は重たいけれど、達成感と、充足感、突き抜けるような解放感で心は羽のように軽かった。

3:アッサラームの獅子 - 12 -


prev index next