アッサラーム夜想曲

3:アッサラームの獅子 - 1 -


 期号アム・ダムール四五〇年。六月五日。

 公宮。蒼天を映して煌めくアール河のほとり
 青紫のクロッカスに囲まれた花嫁ロザインの屋敷――クロッカス邸。
 上品な深緑色を基調とする紳士の装いで、光希は晴れやかな表情を浮かべていた。
 これから、アッサラーム・ヘキサ・シャイターン軍本部基地を見学しに行くのだ。婚姻から半年、日々の説得が実を結び、ようやく軍部を訪れることを許された。
 この半年――
 現公宮の頂点に君臨する光希だが、華やかで昏く深い女の世界には馴染めず、人の集まる公宮施設には殆ど足を運ばなかった。
 ジュリアスの公宮は既に解散されているが、三千人を超えるアースレイヤ皇太子の公宮は今なお健在である。
 彼の四貴妃の一人、西妃レイラン――リビライラからは招待状を度々もらったが、ジュリアスと共に一度顔を出しただけである。
 彼女は、一見しておよそ権謀術数とは縁遠い佳人に見えるが、半年前に公宮を騒がせた、宮女失踪の首謀者である。棘も毒もある女性なのだ。
 表向きは優しいひとだが、事情を知っているだけに、女神の如し微笑を空恐ろしく感じることがある。
 公宮から足は遠のき、屋敷に引きこもる間、持てる殆どの時間を教養に費やした。
 大陸に広く普及する公用語、地理や歴史、武器、陣営、軍舎、軍規……多種多様に学んだ。
 師事するサリヴァン神官は、ジュリアス以外では唯一の“宝石持ち”で、大変な高位神官でもある。多忙の身にありながら、神は勤勉な者をよみしたもうと、光希の為に快く時間を割いてくれた。
 今年五十七歳になる彼は、未だ花嫁を得ていない。
 “宝石持ち”の義務として複数妻帯しており、腹違いの子供が十人いるらしい。
 軍部に行くにあたり、ジュリアスが選抜した光希の武装親衛隊候補の一人、ユニヴァース・サリヴァン・エルムという少年兵はサリヴァンの息子の一人だという。先日十八になった光希と同い年とも聞いており、会えることを楽しみにしていた。
 なにせ、気安い同年代の友人はおろか、知人すら皆無に等しいのだ。
 最高の贅沢を享受しているが、不満がないかと言えば、そうでもない。
 退屈で死にそうになる日もあれば、時にはジュリアスと意見が衝突し、窮屈な思いをすることもある。
 それでもアール川の畔にある屋敷は快適で、ジュリアスと共に過ごせる満ち足りた日々を、概ね幸せだと感じていた。
 今は衣食住を恋人に頼りっきりだが、軍の内勤が叶えば、いずれ給金を得て、ジュリアスの為に何かしてあげたい。
 凱旋を終えたら、穏やかに過ごしたい……なんて零していたジュリアスは、瞬く間に忙しくなってしまった。
 彼は、朝課の鐘が鳴り終える頃に帰宅し、朝早く出掛けていくのだ。
 疲れているだろうに、愚痴の一つも零さない。
 今の光希では、彼の相談に乗れないことが口惜しい。軍関係者になれば、苦労も多少は分かち合えるようになるのではないかと、密かに期待していた。

 +

 玄関ホールでしばらく待っていると、ジュリアスは二人の少年を連れて戻ってきた。

「光希、お待たせしました」

 凛々しい軍服姿で、ジュリアスは滑らかな発音で光希を呼んだ。
 半年の間に、どこか異国の発音だった“コーキ”という呼び方は、とても日本的な光希という呼び方へと変わった。
 丁寧な口調は相変わらずだが、年相応の言動を見せることもある。喜ばしい変化だ。

「お帰りなさい!」

 満面の笑みで迎えると、ジュリアスも眼を和ませた。

「同行させる武装親衛隊候補を紹介します。彼はユニヴァース・サリヴァン・エルム。光希と同じ十八歳で、サリヴァンの八番目の息子です」

 言われてみると確かに、目元はサリヴァンに似ているかもしれない……
 しかし、落ち着いた雰囲気のサリヴァンと違い、彼の雰囲気は飛びぬけて明るい。
 整えられた灰銀の短髪は、左右に青い筋が入っており、形の良い耳朶に銀細工が幾つも垂れている。軍人にしては珍しい洒落た格好だ。
 蒼氷色そうひいろの瞳を輝かせて、光希を遠慮なく見つめている。不躾に感じないのは、人懐っこい雰囲気のせいだろうか?

「彼は、ローゼンアージュ。私の小間使いで、年は十五。剣技の腕前は、私が保障します。今後は、ルスタムと共に光希の護衛を任せます」

 天使めいた容貌の少年は、澄んだ海水青色の瞳を和らげて微笑した。
 自分がなぜ照れているのかも判らないままに、光希は会釈した。背は光希より少し高いくらいで、アッサラームの人間にしては小柄に見える。

「お世話になります。どうぞ宜しくお願いいたします」

 笑顔で一礼すると、二人は姿勢を正した。同年代と思うと、不思議な気安さを覚える。打ち解けていきたいものだ。

「「本日は花嫁の護衛にご指名いただき、大変光栄に存じます。精一杯務めさせていただきます」」

 紹介された二人は、異口同音に唱和すると、礼節に則った最敬礼で応えた。




3:アッサラームの獅子 - 1 -


prev index next