アッサラーム夜想曲

2:シャイターンの花嫁 - 30 -


 バルコニーから戻り、アデイルバッハに挨拶を終えると、二人は早々に祝賀会を引き上げることにした。
 会場を出ていく時、大勢に囲まれているアースレイヤと目が合った。上着を燃やされたことを申し訳なく思いながら、顔の前で拝み手をすると、彼は不思議そうな顔をしたあと、何もかも判っているように、気さくに手を挙げて応えてくれた。
 人をからかう悪癖もあるようだが、気持ちのいい青年である。ジュリアスはそうは思わなかったようで、忌々しそうに氷の一瞥を向けていた。
 なにはともあれ、お邸に戻ると、ナフィーサが笑顔で出迎えてくれた。
 化粧を落として風呂に入り、さっぱりした気持ちで私室に戻ると、ジュリアスが窓辺の机上を静かに見下ろしていた。

「ふぅ……すっきりしたー、ジュリ? どうかした?」

 傍に寄って、彼の視線を辿ると、机上にリビライラからもらった招待状と、ブランシェットからもらった押し花の栞が置いてあった。
 そういえば、栞は客間に置き忘れていたのだが、ナフィーサが届けてくれたのだろう。
 気まずい……どう説明しようか迷っていると、ジュリアスは招待状を手に取り、光希を見つめた。

「私から断りの返事をしても?」

「もう、ナフィーサが返事をしてしまったかも……」

「今から断れば同じことですよ」

「その……これが最後だから、いってもいい? もう公宮にはいかないって、自分の口でいいたい」

 手にした栞に目を注ぎながらいうと、不服そうな顔で、ジュリアスはそれを上から取り上げた。

「これは、ブランシェット姫にもらったの?」

「うん……」

「彼女には、もう会わないといったでしょう?」

「……」

「コーキ?」

「……はい、いいました。ごめんなさい、もう会いません。いけないって急いで手紙を出します」

「ナフィーサに頼めばいいですよ。断りの返事なら尚更、代筆させるのが礼儀です」

「そうなんだ。判った、そうする」

 まだ不満そうにしている顔を仰いでほほえむと、青い瞳に探るように見下ろされた。

「確かに、ブランシェット姫はかわいいと思うけど……僕の好きな人は、ジュリだから」

 はっきりと告げると、青い双眸は戸惑ったように揺れた。招待状と栞を返されたので、引出にしまいながら、光希は笑顔で振り向いた。

「明日は、図書室で過ごします。サリヴァンに会ったら、またきてくださいって伝えて」

「ええ、必ず……」

 ようやく、ジュリアスも笑顔になる。光希の手を引いて、窓辺の絨緞に並んで腰を下ろした。
 蜜蝋を灯して、夜の憩い、穏やかな団欒を愉しむ。
 すれ違う日々が続いていたので、ジュリアスの傍で、これほど心が凪いでいるのは久しぶりだ。そう感じているのは、彼も同じようで、他愛もない雑談はしばし続いた。
 夜も更けて、寝室に入ると、ジュリアスは熱っぽく光希を見下ろした。甘い時間を期待して、光希も見つめ返す。
 しかし、浮ついた気持ちは、夜着に手をかけられたところで萎んだ。

「――ちょっと、待って」

 寝台に押し倒された体勢のまま、光希は横を向いた。身体中の体毛を、すっかり処理されたことを思い出したのだ。

「コーキ?」

「あの、やっぱり……」

 股間まで、毛を刈られたのだ。裸を見られるのは、かなり恥ずかしい。
 しかし、遠回しな拒絶を感じ取り、ジュリアスは不服そうな顔をした。拗ねたように光希をめつける。

「焦らさないでください」

「ひゃぁッ」

 首筋に顔を沈めて、舌で舐め上げられた。久しぶりに触れられたせいか、やけに感じてしまう。

「もう、我慢も限界です」

 きっちり合わせた襟を、素早く乱され、抵抗する間もなく上半身を剥かれた。唇で肌に触れながら、ジュリアスは何度も跡を残すように吸いつく。

「あ、あぁ……ッ」

 肌のあちこちを吸われながら、強く胸を揉みしだかれ、上向いた先端を、指先で弾かれた。
 股間があらぬ反応をし始める。膝をすりあわせる光希に気づいて、ジュリアスは容赦なく、膝を割ってきた。

「待って、待って」

 慌てて止めようとするが、敵わない。薄い下着を両手で隠すが、少々乱暴に手を弾かれ、あっけなく最後の砦を奪われた。

「……ッ!」

 むき出しの下肢に、視線が落ちる。その様子を直視できず、光希は顔を倒した。

「見ないでッ」

 身体を捻ろうとしたが、強靭な肉体で下肢を押さえつけられた。

「……とても、刺激的な姿ですね」

「あっ!?」

 急に膝裏を持ち上げられて、子供がひっくり返ったような恰好をさせられた。
 緩やかに反応している性器に、息をふきかけられる。情けない声が喉から零れた。甘い刺激に、腰が撥ねてしまう。

「わ、わ、だめッ」

 あろうことか、端正な顔を、股間に埋めようとしている!
 阻止しようと手を伸ばしたが、巧みに躱して、ジュリアスは強く光希を吸い上げた。

「あぁッ!!」

 熱い口内で扱かれて、中心が、むくむくと勃ち上がっていく。強烈な快感に、抵抗する力は抜け落ちた。

「んぅ、やだ、強い……」

 淫靡な水音を立てながら、いつもより激しく吸引される。喉奥まで咥えられて、気を抜けば放出してしまいそうだ。
 口淫を続けながら、感触を楽しむように、無毛の陰嚢をやわやわと揉みしだかれる。長い指は、尻の隘路をなぞり、ひくつく後孔を押しこんだ。

「んッ、待って、離して」

 熱い口腔で亀頭の形が変わるほど、舌でねぶられる。何も考えられないほど、気持ちいい……ッ!
 爆発する寸前を心得たように、ジュリアスは絶妙なタイミングで口を離すと、今度は、陰嚢をしゃぶり立てた。
 信じられないほど淫靡な水音に、鼓膜を犯される。
 腹を打つほど反り返った中心を、つと指でなぞりながら、彼は後孔に舌を潜らせた。

「も、やめ……ッ」

 下半身が、ぐずぐずに溶けていく……
 抉るように舌を挿し入れられ、身体の内側を舐められる。舌で前後に揺すられる度に、性器が撥ねて、透明な飛沫を散らした。

「だめぇ……ッ」

 腰を引かせようと暴れても、即時に身体を寝台の中心に戻されてしまう。
 舌で犯され、放出の限界を迎えた時、光希は全身に力を入れてどうにか堪えた。

「気持ち良かった? コーキは、かわいいな……」

 陶然とした声に、うっすら瞳を開けると、ジュリアスに見下ろされていた。いっぱいいっぱいの光希を眺めて、満足そうにほほえんでいる。
 青い瞳に、蕩けきった光希の顔が映っている。視界を手で塞ごうとしたら、あっけなく寝台に縫い留められた。

「あ、あんッ」

 空いた胸に、端正な顔を沈めると、ぷっくりとした乳首を、思いきり吸われた。

「掌に、吸いつくみたい……ふわふわしていて、貴方の身体はどこもかしこも甘い」

 胸に舌を這わせながら、陶然とジュリアスが呟く。
 羞恥から逃げるように、自由になった手で頭を抱え込むと、形の良い唇に乳首を挟まれた。

「んぁッ」

 彼の邪魔をしようとしても、あっけなく躱されてしまう。あらゆるところに、口づけが落とされる。
 欲に濡れた顔を直視できず、視線を逸らすと、太腿の内側を吸われて、思いきり身体が撥ねた。
 天鵞絨びろうどのような唇で、光希の身体中に触れていく。足の指先にまで舌をはわされ、情けない悲鳴を上げた。

「そんなとこ、舐めないで……」

 青く燃える瞳と視線が絡み、光希は肩をすくめた。熱に浮かされたような執着がふと怖くなり、腰を引き気味にすると、勃ち上がった性器を鷲掴まれた。

「――ッ!?」

 絶句する光希の身体を一瞬で組み敷き、ジュリアスは唇を奪った。強く舌を吸いあげ、唇を揉みしだくように食む。

「んぅむ、ん、ん……ッ!」

 淫らなキスは永く続き、理性は急速に溶けていった。
 高められた身体が疼いて、放熱の欲求を強く訴えてくる。無意識に腰を揺らすと、ジュリアスは蠱惑的な笑みを浮かべた。

「挿れるよ」

 目を見つめたまま囁くと、屹立を宛がい、一気に貫いた。

「あ――ッ」

 身体がおかしいくらいに撥ねて、反り返った性器が、ばちん、と腹を打った。

「気持ちいい?」

「あ、う」

 唇を戦慄わななかせる光希を見下ろして、ジュリアスは甘くほほえんだ。鼻の頭を、ちょんと指で突く。
 勃ち上がった自分のものに手を伸ばそうとすると、咎めるように、寝台に押さえつけられた。

「や……」

「中だけで、良くなれるでしょう?」

 腰を甘く揺すられて、身体中が痺れた。頭の中が真っ白になり、今度こそ放出の限界だと思った。
 口内に挿し入れられた親指に、無意識で舌を絡ませる光希を、ジュリアスは食い入るように見つめている……

「――ッ」

 揺さぶられるうちに、いつの間にか、腹の間が濡れていた。最奥も、熱い飛沫で濡らされている。
 放熱に達しても、ジュリアスは律動をやめなかった。
 激しい抽挿の合間に、ぐちゅんと泡立つ淫靡な音が、寝室に満ちる。
 もだえる光希を組み敷いたまま、肌のあちこちに吸いつき、舐めて、貪るように抱き続けた。




2:シャイターンの花嫁 - 30 -


prev index next