アッサラーム夜想曲

1:あなたは私の運命 - 5 -


 目を開けた時、一瞬、どこにいるのか判らなかった。
 周囲を見渡すうちに、一連の摩訶不思議を思い出したが、ここがどこなのかは判らない。
 振り返ると、ジュリアスは光希を包みこんだまま、瞳を閉じて眠っていた。そのすぐ後ろに、荷を解いた黒い一角獣がうずくまっている。

(夢じゃないのか……)

 黎明れいめいの空を仰げば、美しい青い星が空に浮かんでいる。
 空は刻一刻と明るくなり、地平線に鉛丹えんたん色の朝陽が顔を見せた。たなびく雲は、朝の光線を浴びて黄金色に縁取られる。
 星と太陽の輝きが同時に空を照らす神秘のなか、ようやく周囲の景観に気がついた。
 ここは小さなオアシスのようだ。
 泉を囲むように緑が茂っており、オアシスの向こうには雄大な砂漠が広がっている――
 ここは地球でも月でもない。そもそも光希の知っている太陽系かも怪しい。
 空には半分欠けた大きな地球が浮かんで見えるが、酸素も重力も水もあって、極端に寒すぎず暑すぎない。そして人間が住んでいる……
 これほど地球によく似た環境を持つ惑星が、果たして太陽系にあっただろうか?>
 ここは光希の常識では測れない、全く未知の世界なのかもしれない。

「****、ヒヤマ、コーキ」

 宝石のような青い瞳と視線がぶつかり、思わず鼓動が跳ねた。昨日から何度も思っているけれど、ジュリアスはちょっと心臓に悪いくらい、綺麗だ。

「おはよう、ジュリ。一晩中ごめん、無理な体勢で辛かったでしょ」

 見惚れたことを誤魔化すように笑いかけると、ジュリアスは優しくほほえんだ。光希に厚布をかけて立ち上がると、椰子やしの幹にかけてある服を身に着け、大振りのサーベルを慣れた仕草で腰にいた。
 帯剣したジュリアスは、貴公子のように凛々しい。恰好から見て、彼は軍人なのかもしれない。
 動きにも、無駄が一切ない。
 馬に餌と水をやり、水筒に泉の水を注ぐ。解いた荷物から鉄串を取り出し、干し肉や穀類を刺すと、ぱらぱらと香りの良い香草をひと振り。見ているだけで涎が出そうだ。火で炙ると香しい匂いが辺りに漂い、本当に涎が出てきた。

「腹減った……昨日の昼から食べてないんだ。俺にも分けてくれる?」

 ひもじい思いでうかがうと、ジュリアスは笑って頷いた。火が通っているか確かめ、どうぞ、と光希に串を手渡してくれる。

「うめぇ――っ!!」

 あまりの衝撃に、光希は絶叫した。串に具材を刺して、簡単な味つけで焼いただけなのに、信じられないほど美味しい。
 夢中で串に噛りついていると、温かいスープまで出してくれた。細かく刻んだ野菜がたくさん入っている。涙が出るほど美味しい。
 もし――
 逆の立場だとしたら。光希の目の前で誰かが溺れていて、仮に自分が水泳選手だったとしても、迷わずに飛びこんで助けることができただろうか?
 でも、ジュリアスは身体を張って二度も助けてくれた。
 帰る場所もあるだろうに、光希を抱えたまま火の番をしてくれた。疲れているはずなのに、こうして朝食の面倒まで見てくれて、鉄串を自分よりも先に光希に渡してくれた。
 なんてすごい人なのだろう。強くて、恰好良くて、頼りになって……しかも、とても優しい。

「ジュリ、迷惑ばかりかけてごめん。ご飯すごく美味しいよ、本当にありがとう」

「****、ヒヤマ、コーキ、********」

 不意に明るい気持ちがこみあげ、光希は素直に笑った。

「ずっとフルネームで呼ぶよね。光希だけでいいよ。光希、光希」

「コーキ?」

「そうだよ、光希って呼んで。ジュリって幾つなの? 同い年くらいに見えるけど。俺は十七歳だよ」

「********」

「ジュリも学校に通ってるの? テライケメンだし、モテるだろ?」

「********」

「いんだよ、謙遜しなくて……ジュリならドヤ顔したって許されるよ」

「****、****……」

 会話が成立していたかどうかは謎だが、食事している間、心地いい時間が流れた。
 食べ終えると光希は両手を合わせて、ごちそうさま、と告げた。普段はしないのだが、言葉の通じない彼に、感謝の気持ちを少しでも伝えたかった。
 食べ盛りの光希は、まだカツ丼が軽く入りそうなくらいには腹が減っていたが、我がままはいえない。きっと彼の分の食事を分けてくれたのだと思うから。
 それに、ジュリアスだって食べ盛りだ。一八十センチ以上ありそうだし、光希よりも食べ足りないと思っているはず。
 それより、この後ジュリアスはどうするのだろう……
 手際良く火を消して荷支度するジュリアスの様子を、光希は不安そうに見つめた。

「コーキ、********」

 呼ばれて傍へ寄ると、ジュリアスは裸に厚布をかけただけの光希を、馬上に押し上げようとした。慌ててその手から逃げる。

「コーキ、***」

「ジュリ、俺、ここにいたい」

 この泉を離れたら、元の世界に二度と帰れない予感がする。
 置いていかれるのは不安だが、ここを離れてジュリアスについていくのも不安だ。戻ってこられる保障がないのなら、留まった方が無難な気がする。
 幸い、ここには水と木陰がある。一角獣も普通に泉の水を飲んでいたし、飲める水なのだろう。




1:あなたは私の運命 - 5 -


prev index next