アッサラーム夜想曲

1:あなたは私の運命 - 31 -


 翌朝、光希はジュリアスの隣で目を醒ました。
 慣れない行為で負った筋肉痛と発熱の為、寝台から起き上がれなかった。
 一方ジュリアスは、いつもより艶々とした輝くような美貌で、光希を心配しながらも軍服をまとって天幕を出ていった。
 微熱と全身筋肉痛で身体の負担は酷かったが、身体を重ねたことで、心の均衡は安定を取り戻していた。好きだといってくれたジュリアスの気持ちも、信じてみようと今は前向きに思える。
 抱き心地が良いわけでもない男の光希を、一途に全身で愛してくれたのだから……伊達や酔狂ではなかったはずだ。
 その日の夜――
 天幕にジュリアスが戻ってくる頃には、光希も大分調子を取り戻していた。
 湯浴みしたいと伝えると、ジュリアスは嬉々として湯を運び、力の入らない光希を支えて湯に入れてくれた。
 そのあとも傍を離れようとせず、あれこれと世話を焼いた。一段と視線や仕草が甘くなったと感じるのは、決して光希の気のせいではないだろう。

「僕は大丈夫……」

 今も、ジュリアスは絨緞の上で光希を抱っこして、スープを手ずから飲ませようとしている。
 子供じゃないんだから、と光希は戸惑いつつ、ジュリアスの嬉しそうな顔を見ると何もいえなくなる。

「コーキ、私の****……****」

 やがて、綺麗に整えられた寝台に二人で入ると、ジュリアスが覆いかぶさってきた。

 ぎょっとした。流石に昨日の今日で身体を動かすのは辛い。

『今日は無理だよ……体調が悪いんだ』

 怯えながら見上げていると、ジュリアスは慈愛に満ちた笑みを浮かべて頷いた。

 判ってくれたのかと思ったが、伸ばされた手に容赦なく上下の寝間着を脱がされた。

「ジュリッ!」

「コーキ*****。大丈夫です」

『はぁっ!?』

 確かに、挿入はされなかった。
 けれど、全身を手と唇で愛撫されて、赤く腫れた孔を舌で何度も穿うがたれた。
 最後は興奮して勃ち上がった互いのものを、抱き合うようにして扱き合い射精。挿れなかっただけで、もう殆どセックスと同じ行為だ。
 一回で止めてくれたとはいえ、結局、光希は疲れ切って眠りに落ちた。
 その翌朝。
 気持ち悪い自分の喘ぎ声で目が醒めた。
 違和感を感じて股間を見下ろすと、艶やかな金髪が視界に映った。朝勃ちしている光希のものを、形の良い唇に咥えられていた。
 強制的に射精させられ、更に背後から挑んでこようとする。半泣きで許しを請うと、ジュリアスは美しい笑みを浮かべて、光希を四つん這いにさせた。
 挿入こそされなかったが、閉じた太ももの合間を熱い屹立が何度も擦り上げて、光希の下半身はあられもない有様であった。
 朝から三回も射精させられて、起きた傍から寝込む羽目になった。
 淫蕩な日々――
 二人きりの天幕で、朝も夜も関係なく身体を求められる。
 光希の体力を見ながら、最後までする日もあれば、慰め合って終わる日もある。抱かれた翌日は、念入りに舌で孔をねぶられた。
 初めて身体を重ねたあの夜から、ジュリアスは少しも変わらず情熱的に光希を求める。
 貪るように抱かれて、倒れるように眠り、起きて……繰り返し。
 天幕に軟禁される生活は相変わらずだが、朝と夜に体力を激しく消耗するので、日中は横になって休むことが増えた。
 光希は次第に、身体を重ねることを、負担に思うようになってしまった。
 ここでの生活で、光希にできることは一つしかない。
 天幕で大人しくジュリアスの帰りを待ち、性欲処理をするように身体を重ねるだけ……
 自由はないけれど、安全な衣食住の見返りに、身体を差し出しているようで辛い。
 もちろん、ジュリアスのことは好きだ。好きだからできる行為だと判ってはいるけれど、身体を重ねる度に、心に重石が増えていくようだ。
 辛いと感じるのは、この関係が決して公平ではないからだろう。
 寝台を整えて、身体を綺麗にした後、光希はサーベルを枕元に置くジュリアスを、決意の眼差しで見つめた。

「ねぇ、ジュリ」

「ん?」

「僕、外にいきます」

 ジュリアスは光希を振り返ると、思慮深い眼差しで見つめた。光希も変わらぬ意志をこめて見返す。

「はい、****。もう少しだけ待って。ごめんね、***連れていくから」

「明日? 明後日?」

「コーキ……」

 ジュリアスの表情が翳った。そういう顔をされると、いつもの光希なら引き下がるところだが、今回はそうはいかない。




1:あなたは私の運命 - 31 -


prev index next